旅日記

Share on Facebook

マドリード少女窃盗団

おはようございまず。Manachanです。

不動産ブログランキング、12位にダウン。トップ10の壁は厚いのお・・・
頑張ってますので、今日も愛のクリックを。
        ↓

不動産投資 ブログランキングへ

前回は、2020年オリンピック東京招致の話題になりましたので、

今回はライバル都市・マドリードの話題でいきますね。

マドリードは、言わずと知れた、スペインの首都。

妻と、この地を旅したのが、2002年のこと。当時は、オーストラリア(シドニー)に住んでいたので、ヨーロッパまでの移動距離が、半端なかった。

シドニーから成田まで、9時間半。そこで乗り換えて、ヨーロッパの玄関口ウィーンまで12時間・・・地球を半周して、ようやくたどり着ける世界。

ヨーロッパでは、ウィーン、プラハ(チェコ)、ローマ&ナポリ(イタリア)と回り、そこから飛行機で、一気にマドリード郊外のバラハス国際空港まで飛んできました。

空港から、マドリード市街地までは、バスで移動して、そこで投宿。今と違って、地下鉄はまだありませんでした。

あの「事件」は、ホテルにチェックインして、荷物置いて、さあ街に繰り出してメシ食うべ・・・と思って出かけた矢先に起こりました。

場所は、アトーチャ駅の近く。マドリード最大の鉄道駅で、スペイン南部(セビリア、グラナダ等)への高速鉄道も、ここから発着しています。

ですが、ヨーロッパの大きな鉄道駅っていうのは、ほぼ例外なく、治安に問題あり。

薄暗いし、雰囲気怪しいし、ジャンキーみたいなヘンな奴らがウロウロしてるし、ドロボウもウジャウジャいる。

ドイツ・フランクフルト中央駅では怖い思いをしたし、ローマのテルミニ駅では8歳くらいの男の子による窃盗未遂事件・・・ロクな目に遭ったことがない。

なぜ、日本の駅みたいに、きれいに明るく、安全に、できないのだろう?・・・「日本の当たり前」は、海外では全く、当たり前ではありません。

あと、ヨーロッパで、我々アジア人種は、どうしても目立ってしまう。旅行者然としていたら、泥棒の標的になりやすいというのも、あるのでしょう。

ヨーロッパやインドから、タイのバンコクとかに帰ってくると、ホッとしますもんね。現地の人々に紛れて、ルックス上、目立たないというのが、どれだけ気楽か・・・。

ま、こんな感じで、ロクな思いをしたことない、ヨーロッパの鉄道駅ですが、

マドリードの少女窃盗団

ほど、インパクトの強い経験は、他にありません。

見た目、15~18歳ほどの、少女4人が、待ち伏せしていたのは、アトーチャ駅近くの路地でした。

手口は、こんな感じ・・・まず、歩いてくる我々に、少女の一人が、「ドイツ語の新聞あります、読みませんか?」と言いつつ、新聞紙を押しつけて、視界を塞ぐ。

「俺は、どう見てもアジア人だろう?ドイツ語の新聞なんか読むかよっ?」と思う間もなく、新聞少女の裏、そして右後方と左後方から、3人の少女が、忍者のようにしゃしゃり出てきて、ポケットの財布を盗む・・・という、なかなかワイルドな手口。

私は幸い、財布をチェーンでズボンと結んでいたし、

少女たちの手が、私のズボンのポケットをまさぐる(やらしい表現だな・・・)0.3秒ほど前に、前方に1~2歩、移動して、事なきを得ました。

前方移動した時、私は無意識のうちに、財布を握りしめていました。ローマで、フランクフルトで、これまで散々、窃盗未遂事件に遭ってきた、防衛本能が活きてましたね。

4人の少女は、諦めて、次の標的を探しに行きました。また、通行人にドイツ語の新聞押しつけるんだろうかねえ。

ま、こんな感じで、マドリード、なかなかワイルドな面はありますが、メシのレベルは高い!特に、「ハモン」(生ハム)の旨さは、唸ってしまうほど・・・

東南アジアの一部地域でもそうですが、スペインでも1日5食は、食うのが当たり前らしく、小腹が空いたら近くの「バル」で、手軽に「タパス」(おつまみ)を注文。

ガーリックのきいたタコとかエビとか、本当に旨いんです!あの豊かな食文化が何ともいえず、いいですね。

マドリードは、オリンピック、3回連続の立候補。2012年はロンドンに、2016年はリオデジャネイロに持っていかれ、2回連続で苦杯をなめています。

バルセロナではオリンピックやったのに、首都マドリードではまだ開催経験がなく、プライドからいっても、ここで是非とも、開催を勝ち取りたいところでしょう。

「お前ら、経済社会的に、今オリンピックやってる場合じゃないだろっ?」というのが、世界の大方の意見かと思いますが、

ま、オリンピックは別として、スペイン、メシがとても旨いので、また行きたいです。

今回の日記、面白かったら、是非、応援のクリックを。
        ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

マドリード少女窃盗団

おはようございまず。Manachanです。

不動産ブログランキング、12位にダウン。トップ10の壁は厚いのお・・・
頑張ってますので、今日も愛のクリックを。
        ↓

不動産投資 ブログランキングへ

前回は、2020年オリンピック東京招致の話題になりましたので、

今回はライバル都市・マドリードの話題でいきますね。

マドリードは、言わずと知れた、スペインの首都。

妻と、この地を旅したのが、2002年のこと。当時は、オーストラリア(シドニー)に住んでいたので、ヨーロッパまでの移動距離が、半端なかった。

シドニーから成田まで、9時間半。そこで乗り換えて、ヨーロッパの玄関口ウィーンまで12時間・・・地球を半周して、ようやくたどり着ける世界。

ヨーロッパでは、ウィーン、プラハ(チェコ)、ローマ&ナポリ(イタリア)と回り、そこから飛行機で、一気にマドリード郊外のバラハス国際空港まで飛んできました。

空港から、マドリード市街地までは、バスで移動して、そこで投宿。今と違って、地下鉄はまだありませんでした。

あの「事件」は、ホテルにチェックインして、荷物置いて、さあ街に繰り出してメシ食うべ・・・と思って出かけた矢先に起こりました。

場所は、アトーチャ駅の近く。マドリード最大の鉄道駅で、スペイン南部(セビリア、グラナダ等)への高速鉄道も、ここから発着しています。

ですが、ヨーロッパの大きな鉄道駅っていうのは、ほぼ例外なく、治安に問題あり。

薄暗いし、雰囲気怪しいし、ジャンキーみたいなヘンな奴らがウロウロしてるし、ドロボウもウジャウジャいる。

ドイツ・フランクフルト中央駅では怖い思いをしたし、ローマのテルミニ駅では8歳くらいの男の子による窃盗未遂事件・・・ロクな目に遭ったことがない。

なぜ、日本の駅みたいに、きれいに明るく、安全に、できないのだろう?・・・「日本の当たり前」は、海外では全く、当たり前ではありません。

あと、ヨーロッパで、我々アジア人種は、どうしても目立ってしまう。旅行者然としていたら、泥棒の標的になりやすいというのも、あるのでしょう。

ヨーロッパやインドから、タイのバンコクとかに帰ってくると、ホッとしますもんね。現地の人々に紛れて、ルックス上、目立たないというのが、どれだけ気楽か・・・。

ま、こんな感じで、ロクな思いをしたことない、ヨーロッパの鉄道駅ですが、

マドリードの少女窃盗団

ほど、インパクトの強い経験は、他にありません。

見た目、15~18歳ほどの、少女4人が、待ち伏せしていたのは、アトーチャ駅近くの路地でした。

手口は、こんな感じ・・・まず、歩いてくる我々に、少女の一人が、「ドイツ語の新聞あります、読みませんか?」と言いつつ、新聞紙を押しつけて、視界を塞ぐ。

「俺は、どう見てもアジア人だろう?ドイツ語の新聞なんか読むかよっ?」と思う間もなく、新聞少女の裏、そして右後方と左後方から、3人の少女が、忍者のようにしゃしゃり出てきて、ポケットの財布を盗む・・・という、なかなかワイルドな手口。

私は幸い、財布をチェーンでズボンと結んでいたし、

少女たちの手が、私のズボンのポケットをまさぐる(やらしい表現だな・・・)0.3秒ほど前に、前方に1~2歩、移動して、事なきを得ました。

前方移動した時、私は無意識のうちに、財布を握りしめていました。ローマで、フランクフルトで、これまで散々、窃盗未遂事件に遭ってきた、防衛本能が活きてましたね。

4人の少女は、諦めて、次の標的を探しに行きました。また、通行人にドイツ語の新聞押しつけるんだろうかねえ。

ま、こんな感じで、マドリード、なかなかワイルドな面はありますが、メシのレベルは高い!特に、「ハモン」(生ハム)の旨さは、唸ってしまうほど・・・

東南アジアの一部地域でもそうですが、スペインでも1日5食は、食うのが当たり前らしく、小腹が空いたら近くの「バル」で、手軽に「タパス」(おつまみ)を注文。

ガーリックのきいたタコとかエビとか、本当に旨いんです!あの豊かな食文化が何ともいえず、いいですね。

マドリードは、オリンピック、3回連続の立候補。2012年はロンドンに、2016年はリオデジャネイロに持っていかれ、2回連続で苦杯をなめています。

バルセロナではオリンピックやったのに、首都マドリードではまだ開催経験がなく、プライドからいっても、ここで是非とも、開催を勝ち取りたいところでしょう。

「お前ら、経済社会的に、今オリンピックやってる場合じゃないだろっ?」というのが、世界の大方の意見かと思いますが、

ま、オリンピックは別として、スペイン、メシがとても旨いので、また行きたいです。

今回の日記、面白かったら、是非、応援のクリックを。
        ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

北陸の第一印象

ゴールデンウィークですねえ♪

いま、家族揃って、石川県の粟津温泉にいます。

「不動産ブログ」といいながら、今日は旅日記ですが、
愛の応援をよろしく!
  ↓


不動産投資 ブログランキングへ

昨晩、小松空港に着いたら、あいにくの雨模様。

とはいえ、ゴールデンウィーク期間中の、北陸地方の天気は、少なくとも、東京よりは良いそうで、期待しています。

私、北陸方面には、ほとんど来たことなくて、これまで、金沢市と、富山市に、ピンポイントで来たことはありますが、北陸での宿泊は、今回が初めて。家族も、もちろん、初の北陸です。

北陸で泊まるなら、やはり温泉は欠かせない♪

私が泊まっているあたりは、湯の国。山中、山代、片山津、粟津・・・温泉地がたいへん豊富。

九谷焼を中心とする、焼き物の里でもあります。

今、温泉宿の和室で、近くの田園地帯から聞こえてくる、ヒキガエルの鳴き声が、どこか懐かしい。

やっぱり、日本っていいなあ~。

以下は、簡単な第一印象から。

【北陸って、関西系?東海系?】

関東人の私にとって、北陸の地を踏んで最初に肌で感じるのは、「微妙なアウェイ感」

まずもって、土地の言葉が、関東とは違いますね。

どちらかといえば、関西系の響きですけど、まるっきり関西弁というわけでもない。

柔らかい感じの言葉で、特に、女の人がしゃべると、可愛い♪

まだ、着いてから食事はしてませんけど、食文化も、生活文化も、「西日本系」だと聞きます。

食べ物が楽しみ~。

ところで、ここ小松市近辺で、目立つのは、

「中日新聞」
「サークルK」(コンビニ)

これだけ見ると、まるで、名古屋みたい!

ただ、普通考えて、小松市と、名古屋の接点って、あんまりないように思うんだけどな・・・(これが富山だったら、JR高山本線つながりで、何となくわかるんだけど)。

【家がでかい!!】

北陸地方の、富山、石川、福井県は、日本の「豊かさランキング」、上位の常連です。

その一つの理由が、「広い家に住んでいる」こと。

確かに、この辺をクルマで走ると、家のサイズが、日本にしては、やたらでかい!

この辺の一戸建ては、首都圏の一戸建て、2軒分ある感じがします。

あんなに大きな家に、夫婦と、こども1~2人で住むのは、もったいない。

三世代とか、同居している家族も多いんだろうな~。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

【ラーメン屋が多い!】

昨晩は、小松空港から、粟津温泉まで、主に国道8号線をドライブしてきたのですが、

土地柄なのか、街道沿いでは、「そば、うどん屋」より、「ラーメン屋」が圧倒的に多かったです。特に、

「8番らーめん」
「来来亭」

は、この地域で大きくチェーン展開しているらしく、信号ごとに、必ずこの手のラーメン屋が現れる、という感じでした。

大都市圏以外で、ここまで「ラーメンだらけ」なのは、珍しいかも。

【やはり、不動産投資家なので・・・】

賃貸住宅市場は、やはり気になります。

ここ小松市で、驚いたのは、

賃貸住宅広告が、電光掲示板で出る!!!!

国道8号沿いで、「小松市○○町、2K、3万8千円」みたいな情報が、電光掲示板で流れるんです。やたら目立つ!

自分の物件を、こんな感じで宣伝してくれたらいいなあ~。でもお金かかるんだろうな。

面白かったら、応援のぽちThanks!
  ↓


不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

鯖江の眼鏡

皆様、ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしょうか?

我が家では、明後日から、北陸地方を3泊4日で、家族旅行する予定です。

北陸地方といっても、立山黒部とか、金沢兼六園とか、加賀屋旅館みたいな、メジャーな観光地でなく、

一番地味なイメージの、福井県に行くんですけどね・・・。

【近くて遠い北陸】

福井県・・・関西に近く、京都や大阪在住なら、行くこともそれなりに、あるんでしょうけど、

東京に住んでいると、まず、家族旅行では行かない場所ですね。

とにかく、アクセスが不便ですからね。新幹線で米原乗り換え、北陸本線で行くか、あるいは飛行機で小松空港に飛んでから福井入りするか・・・いずれにしろ、ダイレクトに行けない。

物理的には遠いけど、直行便のある北海道や沖縄の方が、北陸よりは、ずっと身近に感じますね。

今年後半から、ジェットスター・ジャパンなどLCC(格安航空会社)が参入してきたら、羽田~新千歳、羽田~那覇便は、さらに価格破壊進むでしょうけど、

羽田~小松だと、LCC入らないでしょうから、値段も高いままだろうな。

ガイドブックとして、「るるぶ福井」を買ったんですが、東京の書店には置いてなくて、1月に神戸に行った時、ようやく買えた・・・という経緯がある。

ま、滅多に行かないところだけに、今回は、良い機会かもしれません。

【地~味~系】

出発が近くなってきたので、「るるぶ福井」、会社の行き帰りの電車とかで読んでるんですが、

福井の観光地も、イメージ的に地味ですね。

福井県を代表する、三大観光地・・・東尋坊、永平寺、恐竜博物館。

福井県を代表する、三大グルメ・・・越前カニ、塩そば、ソースかつ丼

ってな感じ。イメージ的な派手さでいうと、

対石川県 : 東尋坊+永平寺+恐竜博物館<金沢の兼六園
対富山県 : 東尋坊+永平寺+恐竜博物館<立山黒部山岳ルート

派手さはないけど、地味にまったりしてきま~す。

【鯖江のメガネ】

今回、福井に行く一番の目的は、子供たちに「恐竜博物館」で、「発掘体験させたい」からなんですが、

ま、大人としての、楽しみも欲しいですね。

私が、ひそかに楽しみにしているのは、

メガネフレームの本場・鯖江市で、メガネを新調すること

Manachan - メルマガポータルサイト

メガネフレームの国内シェア、驚異の96%!

あのペイリンさんも、鯖江でつくったメガネを愛用している程ですから、

「この眼鏡、鯖江でオーダーしたんだぜ!」・・・ネタとしては、国際的にも使えるかも。

でもまあ、国内シェア96%なんですから、鯖江で作っても、東京で作っても、モノとしては同じかも・・・。

ま、気分の問題ですよね。

ペイリンさんついでに・・・福井県には、オバマ(小浜)市もありますから、

偶然とはいえ、米国の政治家と、縁のある土地かもしれませんね。

Share on Facebook