2016年 6月 の投稿一覧

どこに住みたい?どこで死にたい?

こんにちは、Manachanです。4泊5日ハワイ出張から無事帰国しました。

 

ハワイ訪問は、約15年ぶり。滞在中ずっと良い天気に恵まれました。素晴らしく快適で、本当にいいところですね。ハワイに毎年必ず行く人、ハワイに移住する人、たくさんいますが、確かに納得できますね。

 

ハワイは天国の気候。常夏で陽射しは強いですが、東の海から吹いてくる貿易風がひんやり涼しくて、東南アジアや東京の夏みたいにベトベト汗ばむような蒸し暑さにならない。それでいて風が適度な湿度を含んでいて身体にやさしい。ハワイの、あの「天国の風」に吹かれているだけで、ほんわか幸せな気分に包まれます。

 

ハワイは、海あり山あり、森あり滝あり、島あり、バラエティ豊かな大自然に抱かれているのはもちろん、ワイキキやアラモアナでは洗練された都会と消費文化が味わえる。食べ物も日本食を含めいろいろあって困らない。都会と自然のバランスがとても良いと思うし、同じアジア人が多く住む土地で日本語も適度に通じる、なおかつ英語圏だし、日本からの距離感も適度、地震や津波、台風ともほぼ無縁、米ドル圏なので投資もしやすい…多少物価が高いのが難点ですが、ここまでの好条件が揃った場所、他にないですよね。

 

言い換えれば、日本人にとって、海外旅行、ロングステイ、留学、移住、投資、ビジネス…選ばれる条件を全て兼ね備えた、オールマイティな土地がハワイだと思います。

 
「Manachanは、ハワイに移住したいですか?」

「日本脱出とか、考えないんですか。」

 

そんなことを、友人からよく聞かれます。
私は、それに対する明確な回答を持っておりません。

 
「ハワイはいいところだけど、移住とかは、特に考えてないなあ。それ以前に、私は常に全世界を動き回ってる人なので、どこかの土地へ定住するという発想自体がないんです。」

 

LCCとジャパンレールパスで日本中、世界中飛び回る、渡り鳥みたいなものですね。

 

image

 

定住しない人だから、自分の居場所は、どこでも良いです。適応力や語学習得力に自信あるし、不衛生な環境でも気にならないし、何食べてもお腹こわさないし、治安の悪さにもかなり免疫があるので、世界中どこだって住めます。今月行ったハワイや台湾で楽しめるのはもちろん、先月行ったバングラデシュ、4月に行った北京やベトナム、マレーシア…どの土地でも十分楽しめます。

 

image

 

 

世界中いろんな土地に行って住んでみると、いま住んでる日本は相当イケてる国だと思うので、日本脱出は今のところ考えてません。世界中回るのに日本パスポート便利だしね。

 
「好みとかはないの?」

 
どうなんでしょう?強いていえば、便利な都会が好きで、田舎は余り好きじゃない。メシのうまい土地が好きで、物価が安い方がいい…それ位かなあ。

 
私は基本、どこに居ても満足ですから、逆に私の居場所を、皆さんに決めてもらっても良いかもしれません。たとえば、

 
「これから、インドネシアの不動産マーケットが盛り上がりそうだから、Manachanに行って、現地調査してもらいたい」というのが読者の皆さんの総意ならば、私は喜んでインドネシア行って、インドネシア語を覚えて、いろんな街や島をめぐり歩いて不動産調査で良い仕事しますよ。

 

「これから、アフリカのセネガルが発展しそうで面白そうだから、Manachanに潜入レポートしてもらいたい」と皆さんが言うなら、私はセネガルに渡航して、フランス語覚えて、不動産物件の一つや二つ買って大家さんやってみて、Facebookやブログ、YouTube で現地からアフリカ大家レポートしますよ。日本に帰国したら「セネガル、ブルキナファソ、コートジボワール3カ国不動産徹底比較セミナー」やっても面白いかも。

 

 

シリアやソマリランドに行って欲しいと言われれば、さすがに考えてしまうけど…人々がまともに住めるところなら、まじで、どこでもいいっすよ。世の中、自分の都合や好みで移住先を決める人はたくさんいるけど、「マーケットのニーズで自分の移住先を決めちゃう」人は余りいないと思うから、そういう切り口で皆さんのお役に立つ仕事をして、糊口をしのいでいきたい。

 
あと一つ、考えるべきは、「どこで死ぬか?」ですね。私も人生の折り返し点過ぎましたし、終活、そろそろ真面目に考えなきゃと思いますけど。

 
「日本の地で死にたい」とか、「畳の上で死にたい」とか、私は別に思わないんですよね。

 
死というものは自分でコントロールできないわけで、坂本龍馬だって土佐の国じゃなくて京都の寺田屋で亡くなったわけで…そんな格好いい話じゃないけど、私は旅先、たとえばカンボジアの8ドルくらいの安宿で死んでも良いと思ってます。

 

 

不動産投資家にとって最高の死に方は、たぶん「ガン宣告されて、余命○ヶ月」と告げられることでしょうね。その数ヶ月の間に、保有不動産の処分や、遺産の分配についてじっくり考えて、アクション取れるわけなので…

 

 

その場合、私が死ぬ場所は家族にとって便利なところになるでしょうね。それが日本でなくても、どの国でも良いです。

 

でもまあ、死はまだまだ遠いと思うし、身体も自由に動くので、「いまを楽しく生きる」ことに専念したいと思います。

Share on Facebook

ビットコインをFXに換えた理由

おはようございます。Manachanです。

出張続きの私が、久しぶりに、東京で過ごす土曜日。今日は夏を思わせる陽気で、子供たちも大喜びで外遊び。

 

先日のブログでもお伝えしましたが、私、FX会社の「サンワード貿易」さん主催のセミナーで講演することになりました。不動産オタクとFXの不思議なコラボで、面白いセミナーになると思います。お時間あれば是非来てみてくださいね。

7月6日(水) 14:00~ 東京金融取引所 (千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビル8F)
セミナー説明、申し込みはこちら(画像をクリック)
      ↓

sunword

 

ちょうどタイムリーなことに、私はいま、仮想通貨ビットコインで利益確定して、そのお金をFXに乗り換えるところです。

皆様ご存じのように、私は根っからの不動産オタクでFXもビットコインも初心者。良くも悪くも、FXや仮想通貨トレーダーとは違った視点で物事を見ているはずです。その「不動産投資家の視点からみたFXとビットコイン」というテーマで、ブログ一本書いてみますね。

 

私は今年初めから、ビットコインを、海外送金の代わりに、使っていました。仕事柄、国をまたいだ送金が多いのですが、今のご時世、銀行窓口の送金は、どんどん難しく、煩雑になるばかり。

昨年、東南アジア某国に送金した時は、(私に言わせれば)大した金額でもないのに、銀行の店頭で「この資金は、どうやって準備しましたか?」みたいな、ガキの使いみたいなこと聞いてくるんです。俺が稼いだ金に決まっとるだろうが(怒怒怒)!と怒鳴りたくなる・・

 

そんな煩雑さと、送金手数料を避けるため、今年から、少額なお金のやり取りはビットコインでやるようになりましたPCでネットつないで、ビットコイン買って、相手先のアドレスに送る・・・ボタン一つで操作できるし、銀行店頭みたいなアホな質問も来ないし、精神衛生上もいいですね。

自分がビットコイン使うようになって気づいたこと…これ、貨幣というよりは、思い切り投資・投機の対象でした。折りしも、「東京三菱UFJ銀行が独自の仮想通貨を発行」みたいなニュースが流れ、アジアを中心に多くの人が仮想通貨を使うようになり、ビットコインの価格も、わずか2~3か月で倍近くなっていました。

私がビットコイン買った3月末時点で1BTC(ビットコイン)4万7千円だったのが、今は8万円ですもんね・・・

bitcoinhistory

 

つまり、私が交易所に置いておいたビットコインの価格が、知らぬ間に、2倍近くになってたわけです。ラッキー!

しかし、不動産投資家の感覚からすると、この値動き、かなり気味悪い仮想通貨自体は、それ単体では別に何の価値も生み出さないのに、人々の期待値だけで価格形成されて、瞬く間に2倍3倍、10倍になってしまう・・・

 

国家が発行するリアルな通貨の場合は、これほど極端な値動きは通常しないと思います。その国の経済活動という、リアルなものの裏付けがありますので・・・確かに、リアル通貨もFXで何十倍にレバレッジかけて取引される対象なので荒い値動きはしますが、他の通貨に比べて一気に2倍、3倍も値動きするのは、リーマンショック級が起こるとか、資源国にとって逆オイルショックが起こるとか、財政破綻でデフォルトするとか、そんなケース位でしょうか。

ビットコイン2倍近くになって、私、思いました。「いつまでも、こんなことが続くわけないから、とっとと利益確定しちゃおう」…ビットコイン交易所で現金化して、今それを、FXに移しているところです。

 

FXでは、タイミングをみて、南アフリカランド/円を買おうと思っています。私は南ア渡航経験ありませんが、うちの奥さんがフライトアテンダントの仕事やってた時に、ヨハネスブルク便の乗務が多かった関係で、我が家にはランド札が何枚かあります。

南アフリカランドの今後の見通しについては、このブログ記事が分かりやすく、説得力ありますね。

zar

 

いま、(絶賛値上がり中の)ビットコインをFXにする理由は、ま、好みの問題でしょうか…私は、「投資対象の価値が上がったり下がったりする理屈がロジカルに分かりやすい」ものを好むのです。

国家の発行するリアル通貨なら、値動きの主なファクターが6つか7つ(資源国通貨なら…エネルギー価格、金価格、GDP成長率、政策金利、消費者物価指数、株価、世界経済環境)に特定されますし、円とのペアで買うなら、同じファクターを日本に関してウォッチしておけばいい。

一応、海外数か国に資産を持つ身なので、そういう作業は、昔から日常的にやってきました。私がFXを始めた理由も、「余分な手間をかけずに、お金が増える可能性があるから」ですね。

ただ、FXディールで利ざやを稼ごう、というところまでは考えません。スワップポイントを稼ぎつつ損しない程度の運用はできるようになりたいけど、この道、何年、何十年もやってるプロには到底かなわないと思うし、そのレベルに到達する時間があるなら大好きな不動産に集中したいからです。

 

最後に、FXは「外貨」という、(日本からみて)外国資産を扱う商品でありますが、私がいまやってる「くりっく365」に関していえば、結局日本円でしか引き出せないようなので、私からみれば、「一種の日本円資産」に見えます。不動産に例えると、

トルコリラ/円・・・麻布十番の区分マンション(現況賃貸中)
南アフリカランド/円・・・池袋の区分事務所(現況賃貸中)

みたいなもんかな。

Share on Facebook

台湾の物価と給料の不思議

 

おはようございます、Manachanです。台湾への日帰り講演出張から帰ってきました。

私にとって、とても思い出深い出張になりました。今回、私が演壇に立った場所は、台北の世界貿易センター(世貿)でしたが、この場所は、今から25年前、台湾への語学留学中に、私がアルバイトに通った場所だったのです。当時、玩具の会社を経営する台湾人の友人がここでブースを出してまして、私は会場設営やサンプル補充などのお手伝いしてアルバイト代をもらっていました。

25年前の台北は、今でいう、ベトナムのホーチミン市みたいなもんで、人々の移動手段はバイクと市内バスしかありませんでした。日々、ものすごい数のバイクが街に繰り出し、空気も悪く、私は排ガスにまみれながら278番のバスに乗って世貿のアルバイトに通ったものです。

今の台北は、地下鉄網が四通八達して、「台北101」みたいなランドマークもできて、大きく様変わりしましたね。

 

講演では、大勢の方に来ていただきました。とても楽しかったです。台湾のみなさんありがとう。

IMG_3352IMG_3353

 

ところで、ここ20~25年ほど、台湾に足を運び続けて、思うこと・・

台湾の物価は、不思議だ・・

 

なぜなら、

20年前には考えられなかった高級レストランやバーの類がものすごく増えた一方で、庶民の屋台フードの値段は20年前とほとんど変わらない。

 

いまの台北は、一食何千元もするようなオサレなレストランが星の数ほどあって、高度消費文化が花開いています。

taipeifinddining

 

一方で、下の写真のような、屋台フードも健在で、こういう場所では、一食30元とか50元とかで食べられます。この類のメシの値段は、20年前とほとんど変わりません。

IMG_3318 IMG_3328

 

散髪屋も、100元くらいの安いものが多く、これも、20年前とほぼ変わらない感覚です。

IMG_3324

 

台湾のモノの値段で、20年前と比べて、一番劇的に変わったのは、不動産価格でしょう。留学当時、私が住んでいた台湾師範大学近辺でマンションを買うと㎡あたり9万元と言われてましたが、今では100万元を軽く超えています。20年余りで10倍以上に膨れ上がったのです。

 

逆に、全然上がらないのは、人々の給料。私の留学当時、台湾でサラリーマンやって月給3万元もらえばまあ暮らせると言われていましたが、20年以上経った今でも、3万元以下の月給で働いている人が、たくさんいます。

昨日、台北市内の「カルフール」に食料買い出しに行った時、求人広告が出てましたが、提示されている給料のあまりの安さにびっくりしました。確か、月給2万2000元(71000円)、時給110元(370円)みたいな数字で、「20年前より、逆に下がってるんじゃないの?」と思いました。

で、ウェブサイトを調べたら、台湾カルフールのレジ打ちの給料は、16年前と比べて明らかに下がっているようです。

1999年 25,800元
2015年 21,000元

http://www.cmoney.tw/notes/note-detail.aspx?nid=42309

 

経済統計をみてみましょう。台湾の一人当たりGDPは、ここ20年で2~3倍になっています。私の留学当時は7500USドル位でしたが、今では22000USドルで先進国レベル。

【台湾の一人あたりGDP推移(1987~2016年、USドル換算)】

taiwangdppercapita

 

台湾の消費者物価も、近年は上昇率がマイルドになっていましたが、それでも、ここ20年で1.5倍くらいにはなっています。

【台湾の消費者物価の推移(2011年=100)】

taipeiconsumerprice

 

これらを総合すると、次の仮説が導き出せるかと思います。

・ここ20年間、台湾の給料や物価が、極端に二極化してきている。

・経済成長の恩恵にあずかった人々は必ずいたはず。不動産オーナー、ビジネスオーナー、サラリーマンでも、ITとか外国語などのスキルを必要とする専門職の給料は上がってきたはず。

・一方で、経済成長の恩恵に全くあずかれなかった層も確かに存在する。単純労働者、社会人経験のない若年労働者などの給料は全く上がらず、かえって下がる傾向もみられる。

 

そう考えると、いま台北で「1食何千元もするオサレなレストラン」と「1食30~50元程度の屋台フード」が共存する理由も納得がいきます。

・何千元の食事代を払える層が確かに存在し、おそらく年々拡大している。

・一方で、50元以下の食事しかできない層も存在し、こちらも多分、年々拡大している。

 

私が講演した不動産博覧会に来て、海外に資産を置こうという人たちは間違いなく前者で、台湾や中国大陸の経済成長の波に乗って資産を増やした人たちですよね。一方で、そういう生活とは全く無縁な、安給料と生活苦にあえぐ台湾人もたくさんいる、ということだと思います。

 

最後に、台湾はすでに、日本と同じく「低成長、デフレ」の時代に入っています。20年前の台湾は、今のフィリピンやベトナムよろしく、年6%以上の成長を続けてきましたが、今では1~2%成長がせいぜいで、3%いけばいい方。中国経済減速の影響もありますが、直近の3四半期は「マイナス成長」かつ「消費者物価上昇率もマイナス」という、明らかなデフレ状態。

【台湾の経済成長率推移(1987~2016年)】

taiwanseichouritsu

 

すでに先進国レベルの所得水準に達し、のびしろが少なくなっているのと、日本以上のスピードで少子高齢化が進んでいること、電子部品以外に高収益を叩き出す産業が乏しく、中国大陸メーカー等との価格競争に巻き込まれやすいこと…これらが、台湾経済の重石となっているようです。彼らの悩みの多くは、日本とも共通しています。

台湾は日本と比べて国内市場が小さく、人口2300万人しかいない上に、月収7万円程度の低賃金労働者が相当数いる状況では、国内消費も盛り上がりにくい。今後は中国大陸やASEANとの貿易や投資で成長を追求していくのか?あるいは衰退を受け入れて、「経済成長しなくても人々がそれなりに豊かに暮らせる」社会を目指すのか?…日本と同じチャレンジに直面するのだと思います。

Share on Facebook

トルコリラFX始めました

こんばんは、Manachanです。

 

早速ですが、私、FX会社の「サンワード貿易」さん主催のセミナーで講演することになりました。

 

7月6日(水) 14:00~ 東京金融取引所 (千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビル8F)

セミナー説明、申し込みはこちら(画像をクリック)
      ↓

sunword

 

 

サンワード貿易さんから、「セミナー講師お願いします」という依頼を受けたのは、5月後半のこと。私は、不動産界隈からの講演リクエストは多いですが、FXの会社さんからは初めてだったので、「これは、面白いかもしれない」と思い、すぐ返事しました。

同社のセミナー講師陣をみると、不動産界隈で名の知られた人も何人かいますね。間もなく、私がその末席をけがすことになるわけで…

 

セミナー講師の機会を与えていただいたのをきっかけに、サンワード貿易さんのFXもはじめてみました。私、FXをやるのは初めてで、まだトルコリラ1枚(約37万円相当)買っただけの初心者ですが、

 

・不動産賃貸経営者の視点からみて、トルコリラFXはやる価値あると思います。

 

なぜなら、

 

・トルコリラFXでスワップポイントを稼ぐことは、日本国内で区分マンション買って家賃収入を得るのと、感覚的にそう変わらないから

 

しかも、

 

・区分マンションで家賃収入稼ぐより、トルコリラFXでスワップポイント稼ぐ方が手間も少なそうだし、コストもかからない。

 

但し、

 

・トルコリラが暴落して、ロスカットになったら預け金が溶けてしまうリスクがあるので、そうならないように「最低限のリスク管理」が必要。

・私は、そのリスク管理をやる自信があり、納得づくでトルコリラFXを始めました。

 

やや専門用語が並んで分かりにくかったかもしれないので、不動産投資家向けに説明しますね。

 

FXとは、何でしょう?日本語でいうと「外国為替証拠金取引」というものです。FXを取り扱う会社の口座に「証拠金」というお金を預け、それを「担保」にして、より大きな額の外貨を取引できるのがFXです。

不動産の言葉でいえば、銀行に「自己資金」を預けて、それを「担保」にして、より大きな金額の「物件」を買う…それと同じようなものです。

 

 

私たち不動産投資家は、「自己資金10%で、90%融資引いて都内一棟アパート買ったぜ!」みたいな話を好みますが、これを言い換えると「融資を使って自己資金の10倍の物件を買った」わけです。その「10倍」という比率は「レバレッジ」(Leverage)と呼ばれますが、FXの世界でも「レバレッジ」をかけて取引するのが通常の姿。

現時点では、レバレッジは25倍までかけられます(自己資金比率4%・・ほぼ「フルローン」だよね)。FXトレーダーのなかには、高いレバレッジかけて、外貨の「売り」や「買い」の取引で上手利ざやを抜く方々がいますが、

私はそういうの好みじゃないし、不動産みたいに、「じっくり構えて、ゆっくり着実にお金が溜まっていく」スタイルを好むので、「売り」、「買い」のトレードをやる気は余りありません。

 

じゃ、そんな私が、なぜFXをやるのかというと・・・要は、スワップポイントを稼ぎたいからです。

スワップポイントは、不動産でいう「家賃収入」みたいなもので、FX口座で外貨を買っていれば、一日、一日と、確実に溜まっていきます。

でもって、トルコリラをやる理由は、今のところ、「少ない現金手出しで、効率よくスワップポイントが稼げる」からです。

 

なぜスワップポイントが溜まるのかというと、説明は難しいですが、あえて端折って言うと、「日本円のような低金利通貨で資金調達して、トルコリラのような高金利通貨に変えて運用して、得られた利益(金利差)がスワップポイントになる」と言ったら当たらずとも遠からずでしょうか。

言い換えると、「高金利のトルコで運用した収益を、日本円の金利に変えて受け取れる仕組み」といえるかな(分かりにくかったらごめんなさい)。

 

私は、複数の国で資産づくりをしています。通貨も日本円のほか、米ドル、豪ドル、フィリピンペソ、タイバーツ、英ポンド、人民元…いろいろあります。

ただ、使い勝手や安定性、国際的評価の高さという意味で、「日本円」に勝る通貨は、世界中に余り多くありません。強いていうなら、日本円を積極的に換えて持ちたい通貨は「米ドル」くらいでしょうか。

私は、日本円の良さや威力を知ってるので、せっかくの円を、トルコリラとかフィリピンペソ、タイバーツみたいな、新興国通貨に換える積極的な意味を見出せません(それやるのは、不動産買う時位かな・・・)

トルコリラの公定金利は7.5%だそうですが、円をリラに換えて運用する気は、余りありません。一旦リラにしてしまうと、ユーロや米ドル、円に戻すのもそう簡単ではないからです。

 

その点、FXの良さは、「円をリラに換えることなく、リラの高金利を(スワップポイントというかたちで)享受できる」ことです。サンワード貿易さんのFX口座は、外貨取引をしても最終的には「円」で引き出さなくてはならず、最初の頃はそれを不便だと感じていましたが、よく考えると、「円でしか受け取れないからこその良さがある」のです。

外貨を取り扱う取引ではあっても、結局、円で閉じた世界での話なので、本質的な意味合いは、「円での資産運用」になります。FXでスワップポイントを稼げば、銀行に預けるよりはるかに有利で、下手したら、都内の新築ワンルームを持って賃貸に出すより有利な運用ができるのかもしれません。ざっくり言うと、

 

レバレッジ25倍 → 年利回り(?)約15%

レバレッジ10倍 → 年利回り(?)約6%

レバレッジ5倍 → 年利回り(?)約3%

レバレッジ2.5倍 → 年利回り(?)約1.5%

IMG_3257

 

みたいな数字になります。ただ、レバレッジをかけすぎるとロスカットのリスクも増します。特に昨今は為替が乱高下しやすい環境なので、円・リラの適正な(私がマネージできそうな)レバレッジは、今のところ、3~5倍という気がしています。

まだやり始めたばかりなので様子見モードですが、慣れてきたらレバレッジ5倍で運用し、トレードもするかもしれませんが、スワップポイントだけで年3%の利益がコンスタントに出るようにしてみたいです。

Share on Facebook

山で遭難した話

こんにちは、Manachanです。

北海道の駒ケ岳山中で行方不明になった7歳の男児が、6日ぶりに無事保護されたという、嬉しいニュースがありましたね。

男児失踪のニュースは日本中、そして海外でも大きく取り上げられ、大勢の視聴者が数日にわたりTV画面でハラハラドキドキしましたが、無事生還できて本当に良かった。親の「しつけ」と称する行動や、6日間にわたった捜索活動等に関して、いろんな意見がありますが、私は所詮傍観者なのでノーコメント。この親子が一日も早く静かな日常に戻れるよう、これ以上の報道は慎んで欲しいと願うばかりです。

とはいえ、「遭難」が我が身、あるいは家族の身に起こったなら、当然、傍観者ではいられませんし、一生忘れられない出来事となります。かくいう私も、1997年に山梨県の奥秩父山系で遭難し、一歩間違えたらあわや、というところまで追い込まれた経験があります。

 

忘れもしない、1997年4月下旬、ゴールデンウィーク前半の連休中。私は山歩き仲間と2名で、奥多摩・奥秩父の2泊3日山行に出かけました。登頂対象は雲取山(2017m、東京都最高峰)と、その西方にある飛竜山(2077m)。コースは次の通りでした。

1日目:三峯神社~霧藻が峰~雲取山荘(泊)

2日目:雲取山荘~雲取山~飛竜山~丹波(泊)

3日目:丹波~奥多摩~帰宅

hiryu1

 

天候に恵まれ、1日目の登山は順調でした。2日目の朝も、まず幸先よく雲取山の山頂を踏破し、その足でさらに西方、4時間ほどかかる飛竜山に向けて、稜線を歩きました。

雲取山は首都圏でも人気の山で常に登山者が多いですが、ここから飛竜山に向かう道は人影もまばらで、道中、出会った登山者は10名にも満たない数でした。

4月後半とはいえ、ここは標高2000m近い稜線、日陰には雪が残り、アイゼンつけて慎重に歩き、思ったよりずっと時間がかかりました。飛竜山(2077m)に着いたのは午後1時をゆうに回り、そこで遅い昼食を摂りました。

hiryu2

 

飛竜山からは、目的地・丹波(たば)の集落に向けて、10㎞を超える下山路があります。日没前に到着すべく、先を急ぎました。でも、その時に生じた「心の焦り」が、いま考えれば間違いのもとでした

 

hiryu3

 

長い下山路、まず最初のピーク前飛竜(1954m)を超え、次の熊倉山(1624m)に向かう途中のどこかで、本来のルートとは違う、獣道に入ってしまったようです。

獣道は、見た目は立派な道で、そこが間違いだとすぐには気が付きませんでした。急斜面をぐんぐん下ると、だんだん道が細く、悪くなる。「おかしいな~道間違えたかな?」と思ったところで、時間はもう午後4時を回っています。もし本来の下山路でないとすれば、日没前に丹波の集落に着くのは不可能です。

周囲は、見渡す限り山、山、山…この世には山しかないのかと思う位。遠く下方に沢音が聞こえますが、そこに至る道はなく、急斜面すぎて下りる術はなさそう・・・そもそも平らな場所がなく、樹林も水場もない禿山の斜面。しかも間もなく日が暮れる。今日中に何もできないと思った我々2人は、寝袋に入って斜面に身を横たえました。

幸い、水と食料は数日分ありました。おそらく標高1500m前後の高地ですが幸いその日は暖かく、生命の危険は感じませんでした。でも、「俺たち、遭難しちゃったんだなあ・・・」、「ちょっとまずいかも・・・」という事実を、徐々に実感してきました。夜も更け、気温がプラス1桁台のなか、寝袋のなかで泥のように眠りました。

 

この夜、冷たい雨が降っていたらさすがにつらかったと思いますが、幸い、天気は晴れのままで、次の朝を迎えました。天は、我々2人に生還のチャンスを与えたのです。

日が開けると、昨日下りた急斜面を、必死に、よじ登りました。とにかく、稜線に出れば何とかなるの一念で、石や草につかまりながら登る。2時間ほど奮闘したでしょうか、ついに、熊倉山近くの稜線に到着!助かった!

その日は、結構な数の登山者、下山者がいました。人と会えたことが、とにかく嬉しくて、誰彼かまわず、息せき切ったように話しかけました。

稜線を下って、サオラ峠(1420m)の道標をみると、「無事、生きて、還ってきたんだ!」という実感がわいてきました。昼前には丹波の集落に到着。川魚バーベキューをして生還を祝いました。

hiryu4

sounan2

 

最後に・・・自らが山で遭難した心細さを知っているからこそ、今回の男児保護のニュースは、本当に心から嬉しい。「無事、還れてよかったね」…それ以外の感慨はありません。

私自身、あのアクシデントで、もしかしたら生還できなかったかもしれないと思う時・・・いま生きている有難さを噛み締めます。そして一日、一日を悔いなく生きていきたいと思うのです。

Share on Facebook

お金大好き、お金儲け嫌い

こんにちは、Manachanです。

私は長年にわたり、不動産投資という、「お金」にかかわる活動をしてきました。ですので当然、「お金の話」は大好き。

 

「お金ほしいですか?」という質問に、Noと答える人は世の中ほとんどいないと思います。でも、「毎日、四六時中、お金の話をしたいですか?」と聞かれて、Yesと答える人はあまりいないでしょう。

私の場合は、「不動産とお金」の話なら、三度の飯より好き。それこそ、寝食忘れて取り組む人間なので、その点は世間一般からみれば変わっているのかもしれません。

 

ところで、人々の関心毎「お金」。それを稼ぐ方法は、いろいろあります。雇われて給料をもらう、事業で売上をたてる、不動産で家賃収入を得る、金融商品や事業投資で配当や利息を得る…等々。

そして、得られたお金の使い道もいろいろあります。好きなモノを買う、銀行に預金する、親や子供に仕送りする、海外旅行する、留学や研修などスキルアップに使う、事業を始めたり、不動産を買う元手にする等々…

 

私自身、どちらかといえば、「お金を稼ぐ・殖やす」方が、「お金を使う」より楽しいと感じる人間です。

もちろん、お金使うのも好きですけど、私ひとりの消費生活なら、そんなに多額は要りません。大阪から東京まで1800円の激安夜行バスに乗ったり、カンボジア出張で1泊8ドルの安宿に泊まったり、タイ出張でチュラ大の20バーツの学食たべて満足する人間です。舛添さんみたいな趣味はないので、つつましい消費で十分。

一方で、「お金の稼ぎ方」には、こだわります。私が楽しい、もしくは正しいと思う稼ぎ方しか、興味ありませんし、それ以外はやりません。

 

私が楽しいと思う稼ぎ方

・大好きな「不動産投資」に関わる仕事で稼ぐ。

・私の得意分野(不動産知識、多言語能力、調査分析能力など)を駆使する仕事で稼ぐ。

・好きな人、気が合う人とパートナーシップを組んで稼ぐ。

・海外不動産をキーワードとするコミュニティと共に仕事する。

・誰も取り組んだことのない、ニッチでパイオニアな分野で稼ぐ。

 

私が正しいと思う稼ぎ方

・私の仕事を通じて、お客様がお金を殖やしてハッピーになる。

・私の仕事が、不動産、資産運用にかかわる業界を、より賢くスマートにすることにつながる。

 

私はすでに人生折り返し点を過ぎ、残り時間が潤沢にあるわけではないので、お金のために、嫌なことを我慢することは、一切しません。また、嫌な奴、気が合わない奴と一緒に仕事することもありません。仕事や相棒を選ぶ自由くらいは、すでに手に入れておりますので…

負債な人間関係を切る (2016/5/26)

 

最後に、「お金」は好きでも、「金儲け」という言葉は好きではありません。

「不動産」と「儲かる」が相性悪い理由(2015/5/1)

 

私が地味なカルチャーの不動産投資家であることも影響しているのでしょうが、短期的な視点で「儲ける」という考えがそもそも嫌い。たとえ大して儲からなくても、不動産や資産形成に関わる仕事を長く続ける方が大事だと考えています。

私が2000名を超える投資家会員が参加するコミュニティの代表であることから、「お金のにおい」を敏感に感じるのでしょうか。日々、いろんな方から「一緒にビジネスやろうぜ」と誘われています。

ただ、そういうお誘いのなかで、「一緒に儲けましょうよ」という言葉を聞いた途端、私はひいてしまいます。一気に、やる気が失せてしまいます。

 

「儲かる」、「儲ける」という言葉を盛んに発していた人のビジネスほど、概して短命に終わっている。

逆に、欲をかかない人の方が、結果的に長続きしている。

…そんなケースを、もう嫌というほど、見聞してきましたのでねえ。

 

今この瞬間にも、私はいろんな業界・業種の方からアプローチを受け、面談アポも多数入ってます。話を聞くのはやぶさかではないですが、私の前で話す時、「儲かる」という言葉は禁句ですよ~。それより、「面白い仕事」、「世の中のためになる仕事」、「時代を前に進める仕事」みたいな話にした方がずっと効果的ですよ。

Share on Facebook