2013年 1月 の投稿一覧

日本永住ラッシュ

Manachanです。こんにちは。

余りの忙しさに、ブログを数日間書けない状態が続くと、ちょっとした浦島太郎気分になりますねえ。

日々、膨大な文章をアップする、不動産ブロガーのコミュニティ。数日間、ご無沙汰にするだけでも、「お久しぶり~」と思ってしまう・・ほんの数日間のことなんですけどね。世の中、慌ただしいものです。

ところで、私の身辺では、日本永住ラッシュが続いています。

妻(オーストラリア籍)の日本永住申請は、去年9月に書類提出してまして、すでに審査の最終段階です。つい昨日も、東京入管局から電話があって、「あと、鈴木さんの納税証明書さえ届けば、審査完了ですよ」と言われたばかり。

妻は日本の暮らしがとても気に入っており、現時点で、オーストラリアに戻って住む気はないとのこと。私自身は、またオーストラリアで暮らすのもいいかな~なんて気持ちを、40%くらいは持ってますけどね。

妻の他には、以前の勤め先であるインドIT企業の同僚が2人、立て続けに、日本永住ビザ申請の件で連絡してきました。いずれもインド人(男性1人、女性1人)です。

その二人のうち、男の方とは、ずっと仲良かったし、住まいも近い(西葛西)だし、家族ぐるみでお付き合いしているのですが、彼はこう言います。


「来日して、もうすぐ10年になる。妻も、子供たちも、もう、日本が母国みたいなもの。」

「インドに戻る気は、当分ないので、エンジニアビザで滞在するのは面倒だ。だから、インドパスポートは残しつつも、家族全員、日本の永住者になる!」

彼の場合は、日本語もできるし、良い給料ももらってるし、礼儀正しいし、周囲の日本人社会にも溶け込んでいるので、私が永住の保証人になっても、全く問題ないと思う。

もう一人の、女の子の方は、私の元部下だった人物。5年ほど前、インド・ハイデラバードで働きながら、日本語を一生懸命学んでいました。念願かなって、日本に来れたみたいですね。良かった。これから、詳しく事情を聞いてきます。

私は彼らの他に、中国人の同僚の日本永住も助けたことがあります。彼は千葉県にマイホーム買ってるし、二人の子供は日本生まれで、幼稚園、小学校とも公立に行ってるし、日本人の暮らしと全く変わりません。

このように、「日本の人口を増やす」ことに、ほんの少しだけ貢献してる私でした。とはいえ、家族あわせても、せいぜい10数人ですけどね。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

2月10日(日)、金沢講演の申込リンクはこちら・・・

日時:平成25年2月10日(日)17時開始 19時終了
場所:シナジースペース 金沢市西泉3丁目10番地 第1西田ビル3階
参加費:2000円(シナジー会員1500円)
    14時から行われる「不動産投資の始め方」にご参加の方はさらに500円引
申込リンクは⇒こちら

2月23日(土)「HOME’S不動産投資フェア」の申込リンクはこちら。

私が出演するのは、17~18時のパネルディスカッションです!

日時:平成25年2月23日(土) 開場 9:30 閉会 18:30(予定)
会場:ベルサール汐留2階
東京都中央区銀座8-21-1住友不動産汐留浜離宮ビル
参加費: 無料
申込リンクは⇒こちら

Share on Facebook

21世紀の二宮尊徳

おはようございます。Manachanです。

前回から続く、「私の夢と野望シリーズ」です。

相変わらず、仕事ができなくて、同僚やお客さんに迷惑かけながら、連日長時間働き慢性寝不足、イケてない日々を送っている私ですが・・・こんな生活がずっと続くわけではないことを、もちろん、知っています。


私は、いかに生きるべきか?

せっかく、この世に生を享けたのだから、一度きりの、自分らしい人生を全うしたい。現代の日本という、大変恵まれた国に生まれた幸運を、思う存分活かしたい。だからこそ、

自分は何をすべきか?世の中に、どう貢献すべきか?人生の残り時間が限られるなかで、何を優先すべきか?いつやるか?・・それを、常に考えています。

私は、日本における、海外不動産投資の先駆者を目指していますが、大金持ちになりたい、という気持ちは、正直、あまりありません。

「資産収入による経済的自由」には魅力を感じつつも(自分は達成できると思ってますが・・・)、「21世紀のロバキヨ」(ロバート・キヨサキ)になりたいわけでもありません。むしろ私は、

21世紀の二宮尊徳になりたい!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

二宮金次郎・・・としても知られる、江戸時代後期の偉人。日本人の誰もが、その名前を知っています。私の住む東陽町を含め、日本全国に、彼の銅像があります。

しかし、彼が人生で、どんな仕事をしたのか?・・・これは、名前ほどには、知られていないと思います。一言でいうと、彼は、

19世紀日本最強の、地域経営コンサルタント

当時の日本では、「農政家」と呼ばれますが・・・神奈川県小田原の、一介の農民から身を起こした彼は、その一生で、東日本の貧困農村を600箇所以上も再生し、小田原藩の経済窮状を救い、同時に多くの旗本の財政再建も手がけています。

「上杉鷹山の米沢興し」のように、藩主という立場で地域振興をするのではなく、藩主に仕える参謀という立場で、この大事業を成し遂げています。

彼の考案した「報徳仕法」という、地域復興や財政再建の方法論は、藩レベルでも、より小さな村単位、家単位でも適用できるものです。後世、多くの門人たちにも受け継がれ、日本の財産にもなっています。

そうした意味では、彼こそが先駆者。日本で初めて登場した、職業コンサルタントだといえるかもしれません。

私は、この21世紀に、二宮尊徳の奇跡を再現したい。具体的には、首都圏の都市再生を手がける、第一人者になりたいと思います。

いまの日本、特に首都圏は、彼の生きた時代とは違い、完全な都市社会となっています。テクノロジー的な面、物質的な豊かさはすでに充足し、課題になるのはむしろ、

ジェントリフィケーション(Gentrification)

聞き慣れない言葉ですが、日本語でいえば、「裕福な住民を呼び込む地域づくり」になるのかな?東京でいえば、たとえば豊洲やお台場をイメージしていただければ良いかと、

・もともと、雑駁な工業地帯ないし、埋立地だった場所に、
・三井不動産が中心となって、統合的な都市づくり、住宅づくり、商業施設誘致を行い、
・銀座から至近距離、「海の見える街」という良好なイメージづくりに成功し、
・山の手方面から、裕福な新住民(トヨネーゼ)の獲得に成功した

ジェントリフィケーションは、「地域人口に占める富裕層の割合が増える」→「地域の購買力が高くなる」→「地価(資産価値)が上昇する」→「貧困層がその地域に住めなくなる」→「富裕層好みの街区が形成される」→「富裕層人口がますます増える」という循環を起こすことで、

もちろん賛否両論あるでしょうが、いま首都圏のなかで、「我が市のジェントリフィケーション戦略を考え、実施して欲しい」と願う首長は、とても多いはず。

特に、首都圏のジェントリフィケーションは、東京都心からみて西側と南側(23区、多摩、神奈川方面)が先行し、東側と北側(千葉、埼玉方面)は遅れているのが通例で、

「このままでは、首都圏のおミソになる」

「地域イメージが低いままでは、治安の悪化、勤労世代の流出、財政悪化、行政サービス低下の悪循環になってしまう」

「首都圏の迷惑施設を押しつけられてしまう」

そんな危機感を持つ、千葉・埼玉方面の首長さんや住民の、力になりたいのです。

そのために私は、不動産投資に成功したら、欧米圏にも留学したいし、地域計画のプランナーなどの実務もやりたい。

スマートシティ、エコシティ、ビザ解禁で世界の頭脳誘致、金融特区・・・そんな大きな話を、いろいろ仕掛けられる人間になりたい。

世界に学び、地域にあった最新のジェントリフィケーション方法論を、首都圏に適用して、千葉埼玉の地域経済振興、イメージ向上に成果を上げたい。

「柏を、横浜に勝てる街にする!」みたいな言葉を、冗談ではなく、現実にしたいのです。

コンサル報酬は、地域の不動産平均価格が上昇したら、そのうちの何%をいただくということで・・・(笑)

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

2月10日(日)、金沢講演の申込リンクはこちら・・・

日時:平成25年2月10日(日)17時開始 19時終了
場所:シナジースペース 金沢市西泉3丁目10番地 第1西田ビル3階
参加費:2000円(シナジー会員1500円)
    14時から行われる「不動産投資の始め方」にご参加の方はさらに500円引
申込リンクは⇒こちら

Share on Facebook

私の夢と、野望

こんばんは、Manachanです。

(現在・・・メトロ銀座線内、23:49@溜池山王駅)

せっかくの日曜だというのに、午後から出社して、終電で帰ってきました(泣)。一昨日の金曜日は終電帰りの後、自宅で徹夜で仕事したし(哀)。

こんな生活、もうやだ~!
でもまあ、あと1~2週間の辛抱でしょうけど・・・

これまで、どんなに忙しくても、ブログだけは、ほぼ毎日書いてきた私でも、最近は3日に1回のペースまで落ちてしまってることに、友人たちはいたく心配しているようで、

「Manachan、本当に大丈夫?」
「余りにお忙しいようだから、メール出すのも控えているのよ」

そこまで心配していただかなくとも・・・仕事忙しい位では、人間、死にませんので、大丈夫でっす。

いま、私が一番欲しいものは、「時間」。幸い、お金には困ってないけど、自分の自由になる時間は、ノドから手が出るほど欲しい。

お金と、時間と、どっちが大事かといえば、どう考えても「時間」ですよね・・・残念ながら、いまの私は、一番大事なものを、手にしていないことになる。

(現在・・・メトロ銀座線内、23:55@銀座駅)

たらればの話になるけど・・・仮に、有り余るほど、自由な時間があったとしたら、どうする?何をしたい?

そうねえ・・・私なら、創立して2年、ようやく軌道に乗ってきた「アジア太平洋大家の会」を、さらにテコ入れして、大発展させたい。そのために時間使いたいな。たとえば、

全国の各地域を行脚して、「アジア太平洋大家の会」の支部をつくりたい!

関西支部、東海支部、九州支部、東北支部、北陸支部、北海道支部、中四国支部・・・つくれたら、最高ですね。

各地域に、私の後継者をつくって、全国の人々が、東京に行かなくても、地元で、海外不動産投資のセミナーを受けられるようにしたい。全国各地で、自主的な勉強会、海外物件視察ツアーを、企画するようになったら最高だな。

大家検定もとい、海外不動産投資検定とか、つくったりして・・・21世紀に通用する金融リテラシーを身につけるには、「アジア太平洋大家の会」で決まりだぜ!

(現在・・・日本橋駅で東西線ホームに移動@0:00)

あとは、アジア太平洋大家の会を、海外に輸出したいな!

少なくとも、英語圏と、中国語圏には、進出したい。台湾支部とか、シンガポール支部、ロサンゼルス支部とかつくって・・・

(日曜の終電なのに、席に座れないじゃん!東西線恐るべし・・・仕方なく、片手でタイピング)

日本人が、それぞれの国・都市で、不動産投資する上での現地水先案内人もつくりたいし、現地国の税務、法務に明るい会員をたくさん作りたい。

いやそれ以上に、海外の投資家が、日本の不動産を賢く買って、運用するための勉強会組織をつくりたい。

特に今は、円安に向かってるから、所得水準の上がってきたアジア近隣諸国の投資家にとって、日本の不動産は魅力的に映ると思いますよ。

円安の時流に乗る、良いチャンスだと思いますし、

あと、日本国に育ててもらった人間として言うと・・・日本人のお金を海外に出すだけでなく、海外のお金を日本に呼び込むことに、力を尽くしたいと思うのです。

(東陽町駅到着 0:12)

書き終わった、ふ~。

次回の日記は、何年先になるか分からないけど・・・我が人生で是非実現したいことについて、書きますね。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

2月10日(日)、金沢講演の申込リンクできました。北陸地方の方、是非ともご参加くださいね。

日時:平成25年2月10日(日)17時開始 19時終了
場所:シナジースペース 金沢市西泉3丁目10番地 第1西田ビル3階
参加費:2000円(シナジー会員1500円)
    14時から行われる「不動産投資の始め方」にご参加の方はさらに500円引
申込リンクは⇒こちら

Share on Facebook

1ドル90円の時代

こんばんは、Manachanです。

最近、勤め先のプロジェクトが佳境、もとい、火を噴いてしまい・・・最近、私は夜も昼も、土日も関係なく、時間に追われて働いています。この状態は、2月上旬まで続くでしょうね。

そんなこともあって、ブログを書く頻度も少なくなってしまっているわけですが、たまには書かないとね。

最近、円安が急ピッチですね。つい2か月前まで、1米ドル=80円を切るくらいだったのに、いつの間にか、90円超え。一体どこまで進むのでしょう?これまでとは完全に、潮目が変わり、円安になって当たり前の局面ですね。

国内株に投資する方々にとってみれば、いまの円安は朗報でしょう。いつの間にか、日経平均も1万1千円という、民主党政権時代にはありえない数字を叩きだしています。

我々、海外不動産投資をやる者にとっては、この円安で、胸中、少し複雑なものがあります。

日本で稼ぎ、海外の不動産を買う時は、もちろん、手持ちの日本円を外貨に変えるわけですが、

一か月前 1ドル=80円
昨日   1ドル=87円
今日   1ドル=88円
 :        :

みたいな局面になると、一体いつのタイミングで両替すればいいのか、悩むわけです。ま、今は円安基調なので、普通考えて、早ければ早いほど、トクをするといえるでしょうが

でも、つい1か月前まで、1ドル=80円だったのが、今や90円となると、両替にも、かなりの心理的抵抗があるわけです。(円換算した時の)資金計画が、すでに狂ってるわけですし、

また人情として、一気に1ドル=90円まで円安が進んだら、利益確定で相場が戻るかもしれない。その時、85円くらいまで戻ってくれたら、そのタイミングで換えたい、モトを取りたい・・・みたいなスケベ心が出てくるわけですね。

でも、米国から余程悪いニュースでも出ない限り、1ドル=85円まで戻るのは、もはや難しいのかもしれませんね。

ただ、よく考えれば、いま1ドル=90円の時にドルに換えて、今後、さらに円安が進んで1ドル=100円とかになると、約1割の為替差益が出るわけです。

そう考えると、いま90円のタイミングで、米ドル資産を買っておくのは、円安・ドル高の押し目買いなのかもしれません。

ま、よく考えたら、私の物心ついた頃、米ドルは300円くらいしたからなあ。いま、1ドル=90円というのは、当時からみれば、夢のような話かもしれませんね。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

ホワイト餃子、店舗一覧

Share on Facebook

ホワイト餃子は金沢名物?

こんばんは、Manachanです。

最近、プロジェクトが火を噴いてまして、ブログを更新するヒマがとれません(泣)。それどころか、十分な睡眠もとれておらず(悲)・・・2月初めまで、この状態が続くでしょう。

ですので、今日は手短にいきますね。

2月の連休中は、北陸方面へ、家族旅行に行きます。ちょうど、金沢でセミナー講演の予定が入っているので、どうせ行くなら家族サービスも兼ねて・・・

今から、金沢の旅行雑誌を見ながら、雰囲気を盛り上げているわけですが、そこで、意外なことを発見しました。

・金沢の街には、「表グルメ」と「裏グルメ」があるらしい。

・金沢の「表グルメ」とは、本格和食系。懐石とか海鮮丼とか、和菓子など・・・他所から来た観光客に喜ばれそうなA級グルメ系。

・金沢の「裏グルメ」とは、金沢カレーとか、ハントンライスなど、金沢の地元民に熱愛されているB級グルメ系

でもって、ホワイト餃子も、金沢を代表する裏グルメであるらしい。金沢では、「第七ギョーザの店」が出しているようですが、

『ホワイト餃子』~金沢・第七ギョーザの店 ~

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

これって、どうみても、千葉県の野田市や柏市など、東葛地域のB級グルメとして根付いている「ホワイト餃子」と同じじゃん!!

ホワイト餃子柏店。いつもすごい行列!

東葛地域に隣接する、東京の葛飾区・江戸川区や、千葉県の船橋・津田沼方面にも、ホワイト餃子のお店がたくさんあるし、同じ関東の相模原では、「萬金餃子」として、地元民の絶大な支持を受けています。

相模原萬金ホームページ

あと、ホワイト餃子は、九州でも大人気らしい。かつて、千葉ロッテマリーンズにいた、黒木知宏投手(宮崎県日向市出身)は、「僕にとっては、延岡のホワイト餃子が元気の源です」と言ってたことがありました。

ホワイト餃子延岡店は、残念ながら閉店してしまったようですが、今でも佐賀県武雄市と、鹿児島市で営業しているようです。

日本の南から北から、各地の人々を魅了するホワイト餃子とは、中国の「水煎包」という食べ物がルーツのようで、要は「大量の油で揚げる、皮の分厚い焼き餃子」。

ホワイト餃子の作り方・・・私も子供の頃からつくってます

とても美味しいですよ。近くにお店のある方は、是非お試しあれ。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

ホワイト餃子、店舗一覧

Share on Facebook

ホワイト餃子は金沢名物?

こんばんは、Manachanです。

最近、プロジェクトが火を噴いてまして、ブログを更新するヒマがとれません(泣)。それどころか、十分な睡眠もとれておらず(悲)・・・2月初めまで、この状態が続くでしょう。

ですので、今日は手短にいきますね。

2月の連休中は、北陸方面へ、家族旅行に行きます。ちょうど、金沢でセミナー講演の予定が入っているので、どうせ行くなら家族サービスも兼ねて・・・

今から、金沢の旅行雑誌を見ながら、雰囲気を盛り上げているわけですが、そこで、意外なことを発見しました。

・金沢の街には、「表グルメ」と「裏グルメ」があるらしい。

・金沢の「表グルメ」とは、本格和食系。懐石とか海鮮丼とか、和菓子など・・・他所から来た観光客に喜ばれそうなA級グルメ系。

・金沢の「裏グルメ」とは、金沢カレーとか、ハントンライスなど、金沢の地元民に熱愛されているB級グルメ系

でもって、ホワイト餃子も、金沢を代表する裏グルメであるらしい。金沢では、「第七ギョーザの店」が出しているようですが、

『ホワイト餃子』~金沢・第七ギョーザの店 ~

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

これって、どうみても、千葉県の野田市や柏市など、東葛地域のB級グルメとして根付いている「ホワイト餃子」と同じじゃん!!

ホワイト餃子柏店。いつもすごい行列!

東葛地域に隣接する、東京の葛飾区・江戸川区や、千葉県の船橋・津田沼方面にも、ホワイト餃子のお店がたくさんあるし、同じ関東の相模原では、「萬金餃子」として、地元民の絶大な支持を受けています。

相模原萬金ホームページ

あと、ホワイト餃子は、九州でも大人気らしい。かつて、千葉ロッテマリーンズにいた、黒木知宏投手(宮崎県日向市出身)は、「僕にとっては、延岡のホワイト餃子が元気の源です」と言ってたことがありました。

ホワイト餃子延岡店は、残念ながら閉店してしまったようですが、今でも佐賀県武雄市と、鹿児島市で営業しているようです。

日本の南から北から、各地の人々を魅了するホワイト餃子とは、中国の「水煎包」という食べ物がルーツのようで、要は「大量の油で揚げる、皮の分厚い焼き餃子」。

ホワイト餃子の作り方・・・私も子供の頃からつくってます

とても美味しいですよ。近くにお店のある方は、是非お試しあれ。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

ホワイト餃子、店舗一覧

Share on Facebook

金沢で米国不動産セミナー(2月10日)

こんばんは、Manachanです。

早速ですが、2月の連休中は、雪国の北陸へ・・・

金沢へ家族旅行して、
ついでに、金沢でセミナーやってきます!!

今回の金沢セミナーは、昨年7月と同様、三歩目こと山崎初一さんとのコラボでいきます。

東南アジア月5万円らくらく小金持ち生活」の著者として、有名な方ですよね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆v

『三歩目&Manachan コラボセミナー@金沢』

場所:シナジースペース
石川県金沢市西泉3丁目10番地 第1西田ビル 3階

日時とセミナー内容:
 2/9(土) 18:00~20:00 「三歩目のこれから天国編」
 2/10(日) 14:00~16:00 三歩目「不動産投資のはじめ方」
 2/10(日) 17:00~19:00 Manachan「最新投資ノウハウで攻めるアメリカ不動産」
 
参加費用:土、日セット  4,000円
     日曜日セット  3,500円
     日曜日一つだけ 2,000円
 (シナジースペース会員は、上記より500円引き)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私の講演、「最新投資ノウハウで攻めるアメリカ不動産」ですが、

東京でも話したことない、最新のコンテンツを、金沢の皆様へ、お届けしようと思っています。

まず、マクロな話から・・・・いま、世界経済の大きな流れのなかで、先進国の不動産が注目されています。特にアメリカの不動産は、他の英米圏や、新興国の首都と比べて、かなり割安感があり、かつ法律もしっかりしているので、世界中から注目されています。

参考までに・・・オージー、米国不動産を買う (2013/1/11)

そしてミクロな話・・・私はいま、アメリカのミシガン州で不動産を所有している他、カリフォルニア州では「所有しないかたちの不動産投資」というものに、取り組んでいます。

今やっているのは、アメリカに法人を立てて、日本人投資家数名で共同経営して、ちゃんと定期的にミーティングやって、議事録も残しつつ、カリフォルニアの物件を仕入れる、転売する・・・みたいな部分は、現地の信頼おける業者にアウトソースする、というモデル。

自分で所有する場合、融資づけしたり、税務申告をしたり・・・といった手間がかかりますが、共同経営なら、それはなし。

それに、お金を出し合うことによって、投資エリアの物件を、何戸も買えますから、ロサンゼルスでも何でも、いろんなエリアの不動産投資に精通できるかも。

申込リンクは、主催者につくってもらい、後日、発表いたします。

もし、どうしても参加したい・・・という方は、こちらにメッセージくださいね。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

金沢で米国不動産セミナー(2月10日)

こんばんは、Manachanです。

早速ですが、2月の連休中は、雪国の北陸へ・・・

金沢へ家族旅行して、
ついでに、金沢でセミナーやってきます!!

今回の金沢セミナーは、昨年7月と同様、三歩目こと山崎初一さんとのコラボでいきます。

東南アジア月5万円らくらく小金持ち生活」の著者として、有名な方ですよね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆v

『三歩目&Manachan コラボセミナー@金沢』

場所:シナジースペース
石川県金沢市西泉3丁目10番地 第1西田ビル 3階

日時とセミナー内容:
 2/9(土) 18:00~20:00 「三歩目のこれから天国編」
 2/10(日) 14:00~16:00 三歩目「不動産投資のはじめ方」
 2/10(日) 17:00~19:00 Manachan「最新投資ノウハウで攻めるアメリカ不動産」
 
参加費用:土、日セット  4,000円
     日曜日セット  3,500円
     日曜日一つだけ 2,000円
 (シナジースペース会員は、上記より500円引き)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私の講演、「最新投資ノウハウで攻めるアメリカ不動産」ですが、

東京でも話したことない、最新のコンテンツを、金沢の皆様へ、お届けしようと思っています。

まず、マクロな話から・・・・いま、世界経済の大きな流れのなかで、先進国の不動産が注目されています。特にアメリカの不動産は、他の英米圏や、新興国の首都と比べて、かなり割安感があり、かつ法律もしっかりしているので、世界中から注目されています。

参考までに・・・オージー、米国不動産を買う (2013/1/11)

そしてミクロな話・・・私はいま、アメリカのミシガン州で不動産を所有している他、カリフォルニア州では「所有しないかたちの不動産投資」というものに、取り組んでいます。

今やっているのは、アメリカに法人を立てて、日本人投資家数名で共同経営して、ちゃんと定期的にミーティングやって、議事録も残しつつ、カリフォルニアの物件を仕入れる、転売する・・・みたいな部分は、現地の信頼おける業者にアウトソースする、というモデル。

自分で所有する場合、融資づけしたり、税務申告をしたり・・・といった手間がかかりますが、共同経営なら、それはなし。

それに、お金を出し合うことによって、投資エリアの物件を、何戸も買えますから、ロサンゼルスでも何でも、いろんなエリアの不動産投資に精通できるかも。

申込リンクは、主催者につくってもらい、後日、発表いたします。

もし、どうしても参加したい・・・という方は、こちらにメッセージくださいね。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

セレブな世田谷、庶民の世田谷

おはようございます。Manachanです。

今日は土曜日。午前中と午後に、都内で不動産セミナーを二つこなす他、その合間に7歳の娘と3歳の息子を、世田谷の「英語劇サークル」に連れていかなきゃならない。大忙しです。

この「英語劇サークル」というのが、これ→Tokyo Junior Playhouse

世田谷の地域に密着しつつ、主に外国人(多くは英語圏出身)の子供たちに、英語の劇を通じて日本文化に触れてもらうという、ユニークな試みを行っています。

ここの子供たちは、今年の3月16日に、歌舞伎の「白波5人男」を英語で演じるわけですが、上演会に向けて、8回、練習をみっちりやるほか、舞台衣装を着てリハーサルをやるなど、本格的。

【英語で、白波5人男を演じます】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

ここで参加している子供たちの多くが、欧米人種かつ英語ネイティブ。日本人のお子様も数名いましたが、練習の場で、共通語は英語。日本語は、ほぼ聞こえてきません。

私たちは、江東区の東陽町から、東京を縦断して、参加してくるわけですが、それを言ったら、「えっ、そんなに遠くから来てるんですか?」と、ビックリされました・・・ということは、参加者の多くは、地元・世田谷かその周辺に住んでいるわけですね。

さすが、WASP系白人の多い世田谷らしい話です。我々の住む江東区でも、英語しゃべる外国人の住民は、たくさん(たぶん世田谷以上に)いますけど、その大部分は、フィリピン人やインド人ですので・・・同じ東京でも、ところ変われば、住民構成も変わるものですね。

Tokyo Junior Playhouseで、毎週土曜日、集まる場所が、世田谷区内各地の公民館や地域センターなのですが、

毎回、こんな感じで、場所が変わるので、覚えるのが大変!

1回目:二子玉川(田園都市線)
2回目:千歳烏山(京王線)
3回目:東北沢(小田急線)
4回目:自由が丘(東横線)

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

世田谷区というのは、東京23区ではむちゃくちゃ広い区で、南から東横線、田園都市線、小田急線、京王線と、4つの鉄道沿線を含みます。

同じ世田谷区でも、沿線ごとに、カラーが違います。概していうと、

世田谷の南に行くほど、セレブ・富裕層っぽい。
世田谷の北に行くほど、庶民っぽい

したがって、セレブ度でいうと、

東横線>田園都市線>小田急線>京王線

マスメディアで紹介される、「セレブな世田谷」といえば、たとえば自由が丘最寄りの「奥沢」とか、田園調布最寄りの「玉川田園調布」とか(実質、ホンモノの田園調布!)、あるいは、どの鉄道駅からも遠く、隠れ家的なセレブ御用達エリア「岡本」など、いずれも区の南部にあります。

一方、区の北部を走る京王線沿線は、庶民的。セレブっぽい駅など、沿線に一つもありません。経済社会的ステイタスでいうと、東京の平均的な住民が住む沿線かと思います(でもまあ、世田谷区内であれば、間違いなく平均よりは上ですけど。)

その一つ南にある、小田急線も、概して庶民的ですが、こちらは「成城学園」という、強力な富裕セレブエリアを抱えているので、京王線よりイメージ的には上になるかと思います。東京農大を抱える「経堂」とか、こないだ久しぶりに行ったけどオシャレになってたし・・・

京王線や小田急線の沿線は、「いわゆる、セレブな世田谷っぽい」東横線、田園都市線沿線よりも、家賃や住宅価格は大分安いはずで、それでも一応、「世田谷区」アドレスを手にできて、人々から「いい所にお住まいですね」と言われる頻度が高まるので、その点ではお買い得なのかもしれません。

うちら江東区なんか、「いい所にお住まいですね」と言われることは、まずないからなあ~。門前仲町から東陽町までの東西エリアなら、実質、世田谷区の多くの地域に、負けてないと思うんだけど(都心まですぐだし)。

いずれにせよ、子供の英語劇のおかげで、2013年の前半は、「世田谷」がマイブームになりそうです。

最後の一言、世田谷の地名って、英語表記すると、インドネシアかマレーシアの地名に聞こえる。

世田谷 → Setagaya とか  (インドネシア語読みだと「スタガヤ」になる?)
三軒茶屋 → Sangen Jaya とか  (マレーシアの「サイバージャヤ」みたい)

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

セレブな世田谷、庶民の世田谷

おはようございます。Manachanです。

今日は土曜日。午前中と午後に、都内で不動産セミナーを二つこなす他、その合間に7歳の娘と3歳の息子を、世田谷の「英語劇サークル」に連れていかなきゃならない。大忙しです。

この「英語劇サークル」というのが、これ→Tokyo Junior Playhouse

世田谷の地域に密着しつつ、主に外国人(多くは英語圏出身)の子供たちに、英語の劇を通じて日本文化に触れてもらうという、ユニークな試みを行っています。

ここの子供たちは、今年の3月16日に、歌舞伎の「白波5人男」を英語で演じるわけですが、上演会に向けて、8回、練習をみっちりやるほか、舞台衣装を着てリハーサルをやるなど、本格的。

【英語で、白波5人男を演じます】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

ここで参加している子供たちの多くが、欧米人種かつ英語ネイティブ。日本人のお子様も数名いましたが、練習の場で、共通語は英語。日本語は、ほぼ聞こえてきません。

私たちは、江東区の東陽町から、東京を縦断して、参加してくるわけですが、それを言ったら、「えっ、そんなに遠くから来てるんですか?」と、ビックリされました・・・ということは、参加者の多くは、地元・世田谷かその周辺に住んでいるわけですね。

さすが、WASP系白人の多い世田谷らしい話です。我々の住む江東区でも、英語しゃべる外国人の住民は、たくさん(たぶん世田谷以上に)いますけど、その大部分は、フィリピン人やインド人ですので・・・同じ東京でも、ところ変われば、住民構成も変わるものですね。

Tokyo Junior Playhouseで、毎週土曜日、集まる場所が、世田谷区内各地の公民館や地域センターなのですが、

毎回、こんな感じで、場所が変わるので、覚えるのが大変!

1回目:二子玉川(田園都市線)
2回目:千歳烏山(京王線)
3回目:東北沢(小田急線)
4回目:自由が丘(東横線)

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

世田谷区というのは、東京23区ではむちゃくちゃ広い区で、南から東横線、田園都市線、小田急線、京王線と、4つの鉄道沿線を含みます。

同じ世田谷区でも、沿線ごとに、カラーが違います。概していうと、

世田谷の南に行くほど、セレブ・富裕層っぽい。
世田谷の北に行くほど、庶民っぽい

したがって、セレブ度でいうと、

東横線>田園都市線>小田急線>京王線

マスメディアで紹介される、「セレブな世田谷」といえば、たとえば自由が丘最寄りの「奥沢」とか、田園調布最寄りの「玉川田園調布」とか(実質、ホンモノの田園調布!)、あるいは、どの鉄道駅からも遠く、隠れ家的なセレブ御用達エリア「岡本」など、いずれも区の南部にあります。

一方、区の北部を走る京王線沿線は、庶民的。セレブっぽい駅など、沿線に一つもありません。経済社会的ステイタスでいうと、東京の平均的な住民が住む沿線かと思います(でもまあ、世田谷区内であれば、間違いなく平均よりは上ですけど。)

その一つ南にある、小田急線も、概して庶民的ですが、こちらは「成城学園」という、強力な富裕セレブエリアを抱えているので、京王線よりイメージ的には上になるかと思います。東京農大を抱える「経堂」とか、こないだ久しぶりに行ったけどオシャレになってたし・・・

京王線や小田急線の沿線は、「いわゆる、セレブな世田谷っぽい」東横線、田園都市線沿線よりも、家賃や住宅価格は大分安いはずで、それでも一応、「世田谷区」アドレスを手にできて、人々から「いい所にお住まいですね」と言われる頻度が高まるので、その点ではお買い得なのかもしれません。

うちら江東区なんか、「いい所にお住まいですね」と言われることは、まずないからなあ~。門前仲町から東陽町までの東西エリアなら、実質、世田谷区の多くの地域に、負けてないと思うんだけど(都心まですぐだし)。

いずれにせよ、子供の英語劇のおかげで、2013年の前半は、「世田谷」がマイブームになりそうです。

最後の一言、世田谷の地名って、英語表記すると、インドネシアかマレーシアの地名に聞こえる。

世田谷 → Setagaya とか  (インドネシア語読みだと「スタガヤ」になる?)
三軒茶屋 → Sangen Jaya とか  (マレーシアの「サイバージャヤ」みたい)

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook