名古屋駅西に魅せられて…

おはようございます。Manachanです。

 

右の写真(スマホでみると上かな?)は、名古屋市中村区、黄金(おうごん)通り界隈で撮った写真です。公園越しに名古屋駅前の高層ビル群がすぐ近くに見えます。駅まで歩いても17分程度の距離。自転車なら5分、本当に近い。

 

これ、不動産投資家からみれば実に「しびれる」風景ですね。この付近の宅地、実は安くて坪40~50万円で取引されているんです。より正確にいうと、名古屋人が「宅地、アパート用地」として認識する30~100坪くらいの区画だと、道路付けにもよりますが坪50万円台、それ以下の狭小地や反対に大きな土地になると坪40万円近辺。

 
周囲はこんな感じの下町住宅地です。名古屋人の間で、中村区界隈は住宅地としての評価が高くないので割安なのですが、でも、「利便性やポテンシャル考えると、この価格は安すぎないか!」というのが、私の率直な感想。
 

IMG_6311

 
 

名古屋駅の西側、徒歩3~5分位の場所に、やや寂れた商店街「駅西銀座」があります。昭和テイストの店が多い。
 
IMG_6298

 

この商店街の入り口付近に、「JR東海事業用地」なる、かなり広い空き地があります。ここが、2027年開通予定リニア名古屋駅」の西側出入口となる予定です。
 

IMG_6300

 

このリニア名古屋駅から、先ほどの「黄金通りの土地」まではさらに近く、徒歩15分前後になります。リニアが開通すると「東京の品川駅まで最短40分」で結ばれます。つまり、ここは「東京都心から40分で到達できるターミナル駅徒歩圏の土地」になるのです。

 

また、すでにある地下鉄桜通線の始発駅「中村区役所前」からだと歩いて9分程度。名古屋の地下鉄は東山線が有名ですが、桜通線も都心部区間は東山線と平行していて「なにげに便利」な路線なので、なおさら、坪40~50万という地価が、土地の実力からみて過小評価に感じます。

 

IMG_6304

 

こういう土地、いま買っておけば、少なくともリニア開通までは右肩上がりだろうと私は思います。

 

名古屋市中村区内の商業地は、ここ数年、上昇率で全国上位を占め続けています。駅周辺だけですが、年率10~40%、新興国の首都みたいな、すごい上がり方ですね。

 

〇2014年地価公示 愛知県名古屋市中村区椿町15-2(ミタニビル)  1,960,000円  前年比12.0%上昇 (商業地で全国1位)
 
〇2015年地価公示 愛知県名古屋市中村区椿町15-2(ミタニビル)  2,290,000円  前年比16.3%上昇 (商業地で全国2位)
 
〇同 愛知県名古屋市名駅4-6-23(第三堀内ビル)  6,240,000円  前年比12.5%上昇 (商業地で全国10位)
 
〇2016年地価公示 愛知県名古屋市中村区椿町15-2(ミタニビル)  3,170,000円  前年比38.4%上昇 (商業地で全国3位)
 
〇2016年 愛知県名古屋市名駅2-36-10(第三堀内ビル)  1,550,000円  前年比36.0%上昇 (商業地で全国5位)
 

 

2014~15年の上昇率12.56%(全国1886自治体中19位)
http://www.tochidai.info/aichi/nagoya-nakamura/
2015年、中村区の地価推移グラフ。商業地・住宅地含めた区内41地点中、下落地点ゼロ。
http://chika.m47.jp/2015/1/city-23105.html

 

ただ、データをよく見れば、中村区内の地価上昇が著しいのは今のところ商業地だけで、区内の住宅地は、年1~4%といった穏やかな速度で上昇しています。隆盛する商業地価が住宅地に波及するには時間がかかるのですね。

 

それにしても、商業地と住宅地の地価の差が凄いなあ。徒歩10数分しか離れてないのに。

 
名古屋市中村区椿町1-16(商業地) 325万円/平米 前年比35.98%上昇 

名古屋市中村区二ツ橋町4-32(住宅地) 18.2万円/平米 前年比3.41%上昇

名古屋市中村区角割町3-13-6(住宅地) 14.1万円/平米 前年比0.71%上昇

chika_nakamuraku

 

名古屋駅西エリア、日本に残された数少ない不動産投資フロンティアかもしれません。今のうち、たくさん仕込んでおきたいです。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*