東京~福岡、移動コストの研究

こんにちは、Manachanです。私は東京に住み、国内外のいろんな都市に出張に行きますが、福岡市は、出張頻度の高い都市のひとつ。この1か月間で、3回も行きましたし、来年1、2月にも出張予定があります。

福岡の友人に会うと、よく言われるのが、「鈴木さん、こんなに何度も来て、飛行機代がかなりの出費になってるんじゃないですか?」・・・でも実は、皆さんが想像するほど、お金かかってないんです。そこで今回は、「東京~福岡間の出張費」にフォーカスして、書いてみますね。

 

東京~福岡間は、飛行機の直線距離で911km、陸路(新幹線)だと1,069km離れています。長距離ゆえ「羽田/成田~福岡」間の航空機利用がほとんどですが、私の場合、福岡出張を九州他県や山口県の用事と組み合わせることも多く、これまで、いろんな方法で、福岡入りしてきました。

・羽田から北九州空港に飛んで、西鉄バスor乗り合いタクシーで福岡市入り
・羽田から山口宇部空港に飛んで、高速バスで福岡市入り
・成田から大分空港に飛んで、レンタカーで福岡入りして、福岡空港で乗り捨て
・JAPAN RAIL PASSを使って、東京駅から長駆、新幹線ひかり号で博多入り
・豪州メルボルンから成田経由のジェットスター便で福岡入り
等々…

 

また、私の場合、出張頻度の関係でJALマイレージが簡単に貯まるので、マイル使って福岡へ移動することもしばしば。そんななか、東京~福岡間を航空券を買って単純移動したのは、今年だけで8回あります。

【福岡~羽田】
14,990円 SKY
13,500円 SKY
12,390円 SKY
20,500円 SKY
20,170円 SFJ
―――――――――
合計81,550円 (フライト平均 16,310円)

【福岡~成田】
8,200 JET
7,200 JET
5,600 JET
―――――――――
合計21,000円 (フライト平均 7,000円)

全8回 103,550円 (フライト平均 12,944円)

 

羽田発と成田発が混じってますが、平均すれば、「片道13,000円弱、往復26,000円弱」という、「東京~京都間の新幹線自由席往復」と同程度のコストで移動できています。

安い!と思われたかもしれませんが、私に言わせれば、「2年前と比べて、ずいぶん贅沢に、金かけてる」印象です。2013年、起業したての頃は本当にお金がなくて、とはいえ福岡出張は多いから、「成田発早朝便使って、片道7,000円以上かけない」方針でやってきました。東陽町を早朝4:58の始発で出て、6:28に成田空港第二ビルに着き、ダッシュでジェットスターに飛び乗る、みたいな生活。あの頃に比べれば、今は半分以上が羽田発着だし、自宅を朝9時や10時に出る余裕あるスケジュールが多い。贅沢(?)になったものです。

 

でも、東京出張が多い福岡の会社や、福岡出張が多い東京の会社の多くは、おそらく、社員の出張に「片道2万5千円、往復5万円」以上かけてると思います。急に出張が決まって、JALやANAを使って予約すると、どうしても、その位の値段してしまいますよね。

 

「東京~福岡間」の航空券移動を、安くあげるためのTips

ステップ1: まず、「成田~福岡」のジェットスター便(JET)を使えるかどうか、チェックする。
ステップ2: 成田利用が難しければ、次に「羽田~福岡」のスカイマーク便(SKY)を使えるかどうか、チェックする。
ステップ3: スカイマークが難しければ、次に「羽田~福岡」のスターフライヤー便(SFJ)を使えるかどうか、チェックする。
ステップ4: それでもダメなら、はじめて、JALかANAをチェックする。

これをやるだけで、平均の片道移動コストは2万円を下回るはずと思います。なお、スカイマーク経営危機が顕在化した後、「羽田~福岡」に関しては同社のフライトが一番安くなった印象があります。

関東の地理に詳しくない方には、成田空港から東京都心まで、恐ろしく遠くて金がかかる印象を持たれる方もいるかと思います。確かに近くはない(約70㎞)ですが、安く移動する方法はあります。

成田~東京間は、「片道1000円の東京シャトル」を使うのが基本! (事前予約なら800~900円ですよー!)

 

なお、上級者向けのマニアックなTipsとしては、(疲れるので、良い子は真似しないように・・・)

「成田~佐賀」の春秋航空(Spring)を使えるかどうかチェック。
「羽田~北九州」の深夜便や早朝便が使えるかどうかチェック。

 

佐賀空港や北九州空港から福岡市内への移動は西鉄バスが使えるし、九州在住の方ならマイカーを空港駐車場に停めてしまう手があります。佐賀空港の駐車場は無料、北九州空港も24時間520円と激安です。また、関東在住の方が「佐賀空港から、24時間1000円の激安レンタカー利用して福岡入り」する手もあります。

 

最後に、交通費を節約したい会社経営者にアイデアを一つ・・・私なら、次のようにします。

・「福岡~東京間」の標準的な片道移動費を、22,000円と設定する。
・もし、20,000円以上かかったら、実費を精算させる。
・もし、社員が航空券を20,000円以下で予約できたら、旅費精算の際に、報奨金として2,000円を渡す。

 

今は航空券のウェブ予約が当たり前の時代。社員に2,000円のインセンティブを渡せば、皆さん頑張ってスカイマークやスターフライヤーの安い航空券を予約しようとするはず。結果的に、会社にとっても旅費軽減効果が表れると思うのですが・・・いかがでしょう?

 

こちらも併せて読んでみよう!

北九州徹底活用マニュアル (2014/11/14)

春秋航空、佐賀空港、成田LCC (2014/12/2)

 

この文章、面白かった、勉強になった、東京~福岡間の安い移動方法に興味あり、と思った方は、応援のぽちを、よろしくね→

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*