ギリシャvsドイツの金貸し

こんばんはManachanです。今回のブログは、いま旬な「ギリシャ」の話題でいきましょう。

昨日行われたギリシャの国民投票の結果、EU=ヨーロッパ連合側が求める財政緊縮策の受け入れに反対する国民が多数を占めました。

これが即、ギリシャのユーロ通貨離脱やデフォルトを意味するわけではありませんが、これまで数年にわたるEU(特にドイツ、フランス)やIMF主導によるギリシャ財政の再建策が、大きくつまずいたのは間違いないでしょう。

銀行から一日60ユーロ(約8000円)しか引き出せない「ガキの使い」みたいな暮らしを強いられ、若年層の失業率50%にあえぐギリシャ国民。今後、借金棒引きしてもらってユーロ圏に留まるのか、あるいは独自通貨ドラクマに戻るのか…先行きは全く見えない。また同国に対する最大の貸し手「ドイツ」にとっても大変な苦境でしょう。

ユーロ圏の優等生ドイツのエース「ドイツ銀行」のSP格付けが、「A」から一気に「BBB+」に下げられ、すわギリシャと共倒れか、という声も聞こえてきます。

この問題…借りたカネ返さないギリシャが悪い、という一面だけでは捉えられないでしょう。リーマンショック前後の2008年に、一人当たり名目GDPが3万USドルを超えていたギリシャ経済は、7年間ですっかり疲弊し、2万ドルを割り込んでしまいました。ちなみに同時期、ドイツの所得水準は落ちていません。

これ、アベノミクスで円安になって米ドル換算で数十%所得水準が落ちた…みたいな話ではありません。ギリシャ人が現在使っている通貨「ユーロ」でみても、7年前からみて約25%、経済規模と所得水準が落ち込んだのです。

次に、ギリシャとほぼ同レベルの経済国、中東欧(スロベニア、チェコ)、南欧(ポルトガル)と比較してみましょう。2008年時点ではギリシャがトップでしたが、今ではスロベニアとポルトガルに抜かれてしまいました。2015年、下手したらチェコより下になるかもしれません。

次に、日本人に身近なアジアの国と比較してみましょう。2010年までは「ギリシャ、韓国、台湾」の順でしたが、今では韓国、台湾に抜かれています。

常識的に考えて、こんなに国民経済が疲弊してしまっては、財政再建もクソもないでしょう。仕事ない、福祉ない、金持ちや海外で働ける人はとっくの昔にギリシャを出国…しかも、そんな状態が7年も続いているのです。

ギリシャではリーマン後の2009年に、無節操な政府の支出超過が発覚した後、IMFとEUの指導の下、政府支出を絞り込み、歳入を増やす施策を実施しています。おかげで財政は均衡しつつありますが、肝心の国民経済がやせ細ってしまい…これでは借金回収どころではないでしょう。

借金を確実に返してもらうためには、借り手をある程度、肥え太らせないと難しい。ドイツをはじめEU諸国は、ギリシャに巨額の資金を入れて「支援」はしても、同国の経済を改善することはできませんでした。

ふと私の胸に去来したのは…数年前、ドイツ企業の日本支社で、IT部長として働いていた頃のことです。

当時、勤め先のドイツ本社は、今でいうスカイマークみたいに会社更生法の適用を受け、ドイツ政府の公的資金を導入して再生を目指していました。

ドイツやデンマークから、銀行団(債権者)が来て、経営に盛んに介入する。数字を良くしろとプレッシャーをかける…世界各国に展開する支社でも、銀行員みたいな人物が本社から送り込まれてきて、トップの座に座る。

彼らトップは、目に見える経営数字を改善するため、各部署は知恵を絞れと号令をかける。爪に火を灯すようなコストカットの連続、そして人員削減…しかし悲しいかな、彼らは稲盛和夫さんみたいな名経営者ではありません。厳しい状況のなか、社員の士気を鼓舞して、次は良い時代が来るよと、夢を見させる能力は全くありません。

私はITという技術部門に居たので、事業部門に比べて気楽ではありましたが、それでも、ケチケチ、ドケチ、人が減る…どんよりと気が滅入る日々でした。あんな状態がいつまでも続く位なら、いっそのこと、社員をバッサリ3分の1くらいに減らして、ホンモノの経営者のもと、新体制でスタートを切りV字回復を目指した方がずっとマシだと思っていました。

いま、ギリシャで起こっていることも、構図としては、私のいたドイツ企業と似てるんだろうなと思います。

たぶん、目先の数字だけ追いかけて、ギリシャ国民に「夢」や「より良い明日」を与えられない、資質に欠けた指導者が物事を仕切ってきたんじゃないですかねえ…もしそうなら、チプラス政権が出てきた理由も分かるし、国民投票で反対多数という結果も納得できる。ユーロやめてドラクマで再出発した方が幸せなのではないかと思ったりする。

ギリシャの苦境…日本も他人事ではありません。今はとにかく、ギリシャ製品を買って、ささやかながら応援したいと思います。

ギリシャの清涼飲料

ギリシャめしのテイクアウト…
(見た目は、中近東料理にそっくりですよ~)

この文章、面白かった、勉強になった、ギリシャ情勢に
興味ありと思った方は、応援のぽちを、よろしくね→

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*