福岡限定の移住需要

おはようございます、Manachanです。今朝は子供たちが起きる前にさくっとブログ更新、学校まで送り届けたら浜松、大阪へ出張だ!

今回の日記は、「インバウンドビジネス」(=外国人相手の不動産、ビザ商売)ねたでいきますね。

私はサラリーマン時代、アジア近隣諸国投資家向けの日本不動産サービス会社を2010年に立ち上げました。当時は会社勤務やりながらの副業だし、宅建業免許もなかったので、大したお金はつくれませんでしたが、2013年に独立自営になってから、成果が上がるようになってきました。

最近は円安でインバウンドの需要が高まっていますが、同時に競合も増えてきたので、最近の私は、「日本に移住したいアジア圏の外国人」向けに、日本のビザと不動産を手配する方向に特化しつつあります。

中国(特に東北地区)、韓国、台湾を中心に、住環境の良い日本へ家族で移住したい、ビジネスしたいというニーズは確かにあります。彼らは本国から数千万円単位のお金を持ってくるので、本気です。ですのでビザはもちろん、不動産仲介や管理もビジネスになります。お金のみならず、それなりに教育水準のある真面目な方が来るので、日本経済のためにもなっていると思います。

最近、結構な作業量になっているのが、「福岡限定の移住希望者」相手の仕事。私のところに問い合わせてくるアジア系外国人の2~3割は、福岡市周辺での居住を希望してまして…日々、外国人のリクエストに応じて、福岡周辺の物件資料を精査しております。こんな感じで、

・西鉄香椎8分3DK…場所は、まあまあいいんじゃない。
・西戸崎3分3LDK…ちょっと不便じゃないかしら。
・大濠公園5分2DK…場所は最高ですね。値は張りますけど。
・北九州市の香春口三萩野6分3LDK…福岡市じゃないけど、ここなら便利だからアリじゃない?
・北九州市の門司港9分一戸建…結構不便だと思います。

幸い、福岡在住経験あるから何とかなるけど、なければこんな遠隔コンサルはできないよなあ。行きたくても東京からすぐ行ける距離じゃないし…

なぜ、福岡が移住先としてかくも人気が高いのか?韓国、中国からみた「地理的な近さ」と「親近感」が大きいのだと思います。

特に韓国からは、プサン~福岡の定期航路で年間80万人もの観光客の入りがあるのに驚かされます。同国から来日する観光客の3~4分の1は、船で福岡入りしている計算になります。

逆に日本から船で韓国入りする旅客数はずっと少ないので、「日本人が思うよりも、韓国人にとって福岡はずっと身近な都市」ということになります。

また中国発、福岡から入国する観光客数も急激に増えています。大規模国際空港のある東京、大阪には及ばないとは思いますが、九州には「クルーズ船で直接渡航」という、強力な武器があります。

特に「上海⇒済州島(韓国)⇒福岡OR長崎OR鹿児島⇒上海」というコースがポピュラーみたいですね。この近さは、日本の他地域では太刀打ちできません。

私が2010年の福岡で見聞した、クルーズ船の中国人観光客の買いっぷりはものすごく、天神周辺の駐車場が全て中国人観光客のツアーバスで埋めつくされるとか、ベスト電器の電動鼻毛カッターが一瞬にして売り切れたとか、武勇伝が相次ぎました。クルーズの場合、飛行機手荷物の重量制限がないので、皆さん、買えるだけ買いまくったそうです。

今ではさらに円安が進み、中国人クルーズ船の九州来航数や観光客数も2010年よりもっと増えています。

東京や大阪の人が想像する以上に、アジア圏の近隣諸国に身近な九州・福岡。来る回数が多くて馴染みが深いほど、「日本に住むなら福岡がいい」と思う人も増えるのでしょう。

今は、福岡現地のパートナーと連携とりながら仕事を進めていますが、もっとビジネスボリュームが増えたら、福岡に拠点を置くなど、次のステップを考えても良いかもしれない。

この文章、面白かった、勉強になった、九州・福岡でのインバウンドビジネスに興味あり…と思った方は、応援のぽちを、よろしくね→

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. みすず より:

    1. 更新記事を見て来ました☆
    今日の巡回ブログで一番気になりました(笑)ブログって大なり小なり人柄でますよね!
    ブログを読んでると、自分とは真逆に人間ほど興味が湧くもんだなって思いますよ。
    今年は飽きずにブログ更新を頑張るので、遊びに来て欲しいです!
    http://ameblo.jp/animal-nut/

コメントを残す

*