相模原にチャイナマネー殺到?

おはようございます。Manachanです。

私、昨年12月から、仲間と一緒に、Facebookを通じて、「アジア外国人向け日本不動産情報提供」を、中国語と英語で行ってきましたが、これまでは、読者から反応の反応もわずかで、鳴かず飛ばずでした。

ところが昨日、ある物件情報(リンク)をポストしたら、いきなり、香港と中国大陸から問い合わせが殺到して、対応に追われています。

【物件概要】
場所:神奈川県相模原市中央区
交通:相模線「南橋本駅」徒歩3分 
間取り:ワンルーム,15.95平米
築年:1989年2月築
現況:空室
価格:200万円
想定賃料:3.2万円/月
  

正直、意外でした。東京の遠い郊外にある、競争力のない、単なる激安築古ワンルーム。しかも三点ユニット。駅歩3分とはいえ、都内直通しないJR相模線の駅だから弱い。現況空室で、賃料も2万円台中盤に値下げしなくては、埋めるのは難しいかと…

なぜ、こんな物件に、問い合わせが殺到したのか・・・おそらく、私が物件説明に、次の一文を書いたからかと思います。

「(相模原市)橋本地区は、2027年にリニア新幹線の駅ができる予定で、東京・品川と7-8分で結ばれる。周辺環境も徐々に改善が見込まれる」

リニア中央新幹線、橋本駅停車決定(2013/9/19)

そのように書いたら、ネットの向こう側にいる香港や北京の人たちが、「えっ、東京に7-8分で行けるようになるのか!」と、にわかに騒ぎだしたのです。それからは、

・物件からリニア新駅までの距離はどの位?
・そもそも、リニアの建設計画は確かなのか?ウェブサイトのURL教えて欲しい
・周辺に、どのような開発計画があるのか?

みたいな質問が続々と・・・ま、駅ができるのは確かだけど、早くて14年後のことだし、まだ着工さえ始まってないから、地元はまだ盛り上がってないと思いますけど。

そもそも、「リニア→周辺開発→物件価値向上」みたいな期待があるのなら、築古の激安ワンルームなんて買うべきじゃないと思います。確かに、10数年後、橋本に新駅ができて、いまの新横浜みたいにはなるでしょう。しかし、その時点で、築35年を経過した、16平米もないワンルーム持ってたところで、誰も見向きもしないはず。

だから、中国・香港の投資家には、こう申し上げました。

「もし、リニア駅ができる、橋本地区の将来性を買いたいのであれば、築古ワンルームはおすすめしません。もっと間取りが大きくて、できれば新駅から徒歩圏内で、10数年後も賃貸・出口需要が期待できるものを買うべきです。そういう物件は、200万円ではなく、最低800~1000万円しますが、資料取りまとめて送りましょうか?」

香港の投資家は、「分かりました。では、そういう視点で物件を選んで送ってください」と回答・・・彼ら賢いですね。

我ながら、良心的だなあと思いつつ・・・ま、彼らには安物買いで損させたくないし、損させたら後々うるさいですからね。日本人以上に。

この文章、面白かった、ためになった、相模原とチャイナマネーの不思議なコラボに興味津々・・と思った方は、応援のぽちを、よろしくね

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. よっちゃん より:

    1. こんにちわ^^
    自分以外のブログを見ることは本当に勉強になります✩僕は人の役に立てるようなブログを目指して書いていきます。更新楽しみにしています✩また見に来ます♪
    http://ameblo.jp/nsl24/

コメントを残す

*