社長が溜池に帰ってきた!

おはようございます。Manachanです。

これまで、散々苦労してきた、東京でのオフィス探しですが、ようやく、決まりそうです。もっとも、最後の最後でどんでん返しがあるかもしれないので、まだ正式アナウンスはできませんが、賃貸契約まで首尾よくいけば、場所は、

溜池山王 (駅歩2分、港区赤坂1丁目)

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

溜池交差点そば、外堀通り沿い…という、まぎれもない都心エリアですね。首相官邸やアメリカ大使館まで、歩いてすぐです。

この溜池山王という場所は、私が今年2月まで、サラリーマンやっていた場所です。
というか、我が18年に及ぶサラリーマン生活の最後(?)を締めくくる、派手な「ロックアウト解雇」を受けた場所です(ブログ:会社員の辞め方~3)ロックアウト解雇)。

忘れもしない、今年の2月14日、会社をクビになり、溜池山王の寒空に、身ひとりで放り出された。この先、俺はどうやって生きていこうかと途方に暮れた~思い出深い(?)場所。

その後、月日が流れ、季節が一巡しました。東京の街に春が来て、梅雨になり、記録的な猛暑、台風シーズンと続き、今は木々も色づき、冬の到来を思わせる木枯らしが吹いています。

「クビになった日」から、9ヶ月が経って、ビルの合間から、あの寒風が戻ってきたいま、

私は再び、溜池山王の地に、カムバックします!

あの時と違って、今度は社長として・・・ビジネスオーナーとして

いまの私には、外資系で活躍するサラリーマン、という肩書きはありません。上司もおらず、部下もおらず、ただ、ビジネスパートナーだけがいる。

サラリーマン時代とは違い、自分のやったことが、100%すべて我が身に降りかかる重い責任を感じつつ…もちろん、事業で成功する保障などなく、1年先も読めない我が身と家族の行く末を案じながら、

それでも、サラリーマンには戻らない。自分のやりたいビジネスを通じて、自らの力で未来を切り開く・・・そんな決意とともに、再び、溜池の地に立ちます。

この文章、面白かった。Manachanがんばれ!と思った方は、応援のぽちを、よろしくね!

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. gondar より:

    1. 無題
    もしも競合相手が現れましたら、オーナーに選ばれるよう美味しい条件を追加されるのですか?
    http://ameblo.jp/yubatak/

  2. manachan より:

    2. Re:無題
    >gondarさん

    たぶん、ほとんど誰もやったことないようなビジネスをするので、競合云々以前に、何より利益を上げることを考えなくてはなりません。競合が出るのは、世の常なので、お客様に選ばれ続けなければなりません。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*