タイ語3日で読める!Manachan的スピード学習法

こんにちは、Manachanです。

今回のテーマは、「タイ語」。

タイは、東南アジアの中心にあり、観光地としても、ビジネス滞在先としても、極めて人気の高い場所です。首都バンコクに定住・長期滞在する日本人の数は、都市別にいえば世界第五位の3万6千人。今年はロンドンを抜いて第四位になるのが確実です。

これはあくまで、外務省への届け出ベースの公式数字ですから、バックパッカー、ロングステイヤーなど、届け出なしでバンコクに滞在する日本人を合わせれば、その数、10万人に達するという人もいる位…いずれにせよ、世界有数の日本人集住都市であることは、間違いありません。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

中には、在タイ歴10年以上みたいな、長期滞在者も少なくないですが、その彼らをもってしても、難しいとされるのが「タイ語」、特に、文字の読み書きができる人はごく少数、といわれています。

その背景として、タイ文字の読み書きができなくても、仕事、生活上の支障が余りない。特に駐在員であれば、職場には通訳がいたり、英語か日本語ができるタイ人がいるわけですし、日本人が特に集まるバンコクのスクムビット通りエリアは国際都市らしく、英語表記が充実しているし…

但し、私みたいに、屋台で安くて旨いめしを食いまくりたい、ローカルバスに乗って移動費安く上げたい、英語できない普通のタイ女子と仲良くなりたい♪…みたいな変わり者にとって、タイ語の読み書き能力は、ある程度は必要です。タイ人は東南アジアのなかで、英語が得意な方ではありませんし、バンコクの国際エリアを一歩離れると、タイ文字一色の世界になるからです。

では、難解とされるタイ文字を読めるようになるには、どうすればいいのか?

ひたすら、練習あるのみ…なんですが、タイ語というのは、文字がエキゾチックなだけでなく、声調はあるわ、有気音や無気音があるわ。日本人にとって、決してとっつきやすい言語ではありません。学習途中で諦めてしまう 人、多数。

であるならば、日本人が挫折しにくい、極めて短期間で効果があがる、オリジナルなタイ文字学習法を、考えてみました。

注)私は、タイ語の専門家ではありません。まだ片言レベルの初心者です。タイ語を使って旅行したり、タイ文字がなんとなく読める…程度です。知識が少ないゆえ、たぶん、誤解もたくさんあると思います。ご了承ください。

私の見たてでは、

・タイ渡航前に、3日間、事前学習する。
・日本~バンコク間のフライト6時間を利用して、タイ文字の書き取り練習に専念する

それだけで、タイ文字が何となく読めるようになる。たとえば、

【タイのコーヒーショップのメニューが、だいたい読めるようになる】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!


【タイ語の地名が、だいたい読めるようになる】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

3日間という超短期で、成果をあげるためには、

とにかく、覚える内容を絞り込む、特に、日本人が学習に苦労する部分を、大胆に削る必要があります。私のアイデアは、

・「声調」の学習は省略
・「有気音」「無気音」の学習も省略
・日本語の五十音表に、当てはまる文字のみを学習、

タイ語の文字は全部で76ありますが、上記の方針で絞り込んだ結果、さしあたって覚えるべき文字数は、なんと、

子音21文字+母音7文字=計28文字

アルファベット並みの数に、絞り込むことに成功。しかも日本語の五十音表に対応。これなら、何とかできるでしょ?


【一日目:21の子音を、頑張って、全部覚えましょう。】

※声調とか、めちゃくちゃですが、超簡便なショートカット学習法ということで、ご勘弁を。
※中国語、ベトナム語の学習歴のある方は、声調や、有気音・無気音の理解はあるでしょうから、一気に、そこも含めて学習しても良いでしょう。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!


【二日目:7の母音を、全部覚えて、昨日習った子音と、組み合わせてみましょう】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!


【三日目:これまで習ったなかで、紛らわしい文字を区別しましょう。簡単なタイ文字を読んでみても良いでしょう。】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!


【タイ渡航日:約6時間のフライト時間を最大限利用して、とにかく、タイ文字をたくさん、書きまくりましょう】

※食べ物名、地名、会話、何でもいい…とにかく、数をこなそう。語学学習は、質より量です。

Manac
hanブログ - 世界で不動産を買おう!

ここまでやれば、完璧ではないにせよ、短い(4~8文字)タイ語の単語なら、7割くらい、なんとなく読めるようになるでしょう。英語表記と見比べてみれば、「答え合わせ」もできる。

だんだん、自信がついてくれば、やや長い文章を読んでみるとか、声調を正しく読むとか、さらに上を目指して良い。いずれにせよ、ここまでくれば、「タイ語は難しいから読めない」なんてマインドセットは、雲散霧消しているはずです。

タイ語が少しでも読めれば、タイ旅行や、タイでの暮らしが、楽しくなること、請け合い!

この文章、良かった、役に立った!と思った方は、応援のぽちを、よろしくね!

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. あなたのブログの反応率を上げるコピーライター@鈴木ゆうたろう より:

    1. 初訪問です!
    いきなりすみません!初めてコメントします!今日は休暇を利用して、いろいろ見ていたらたどり着きました!また訪問させてください!楽しみにしています!
    http://ameblo.jp/copywrite-suzuki/

  2. ブログからお金が生まれる記事の書き方@ゆうたろう より:

    2. 楽しく読ませていただきました!
    どうも!初めてコメントします!ネットサーフィンしていて、興味深いブログだなと思い拝見しました!お互いに更新がんばりましょう!
    http://ameblo.jp/copy-suzuki-1123/

コメントを残す

*