1000万オファーを蹴る!会社員の辞め方…その5

前回の続きです。

3月27日…六本木にある外資IT企業から、年俸1000万のオファーレターをいただきました!

解雇されてから、わずか1ヶ月余りで、首尾よく、次の仕事が見つかる。しかも年俸8桁、勤務地は花のギロッポン…本来なら、大いに喜ぶべきことです。

しかし、私は悩みました。この有難いオファー、受けるべきか、どうしようかと。

2月14日に解雇されて以来、私は、「ITエンジニアとして転職活動」をしながら、「海外不動産投資のセミナー企画、講演、執筆」を、同時並行で進めていました。

後者(不動産関係)の案件数、作業量は増える一方。すでに「本業フルタイム」に近い時間を、費やすようになりました。

こちらは、大したお金にはなりませんけど、とにかく、むちゃくちゃ楽しいのです。「趣味がそのまま仕事になる」感じで、どんなに長時間働いても、苦痛にならない。いや、趣味と仕事の区別が、そもそもない!

それに、この仕事は、ITを駆使すれば、自宅でもカフェでも、海外のリゾート地でも、どこでも出来る。毎日、満員電車に揺られて、いつも同じオフィスで、上司同僚の顔を見なくても済む。

世の中、こんな働き方、こんな人生が、あってもいいかもしれないな・・・」と、思い始めていました。

その頃には、両親や親しい友人たちに、私の進路について、相談するようになりました。

「これまで通り、サラリーマンとしてITエンジニア続けながら、副業として不動産の仕事をするか?」、あるいは「ITの仕事を辞めて、不動産専業になってしまうか?」

面白いことに、誰もが、「不動産専業になった方がいいと思う!」と言うのです。。。

友人から、こんな有難いお言葉を、いただいたこともあります。

男の人生で、運気に恵まれる時って、何度もあるもんじゃないんだよ。Manachan、君はいま、本当に時代の波に乗っているんだ。輝いているんだ。海外不動産投資という、デッカイ魚を、まさに手にしようとしてるんだよ。

これをフルタイムで取り組んで、自分の事業にするか、これまで通り、副業でやるかは…よく考えて欲しい。君の判断次第だよ。

うまく言えないけど、神様が、「不動産の仕事やりなさい!」と、いろんな友人の口を通じて言わせてるような気がしてきました。

そうこうしているうちに、外資某社の最終面接に合格して内定を取り、年俸1000万のオファーレターが来ました。”Annual Package 10 Million Yen“という英文字が目に入ってきましたが、これまでと違って、全然胸躍らない。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

私は一晩中、いや、まる二日近く、悩みました。これまで15年以上、続けてきたITの仕事。未だに8桁の年俸を取れる労働力としての商品価値を持ちながら、これをみすみすドブに捨てるのか?

8桁年俸を捨てると、間違いなく、家族の生活水準は下がります。半ば趣味みたいな不動産の仕事が軌道に乗って、同等以上の収入を手にするために、どれだけの歳月がかかるのか、見当さえつきません。

子供も二人いて、上の子は小学生、下の子は幼稚園。今は安上がりだけど、これから、どんどんお金がかかるようになります。

私は、どういう選択をすべきなのか?答えはもちろん、自分の胸のなかにしかありません。熟慮の末、ついに

3月29日…私は、魅惑の1000万円オファーを蹴って、不動産専業になる決断をしました!

時に、44歳と5ヶ月。そういえば自分の父も、44歳で脱サラ起業したんだっけな。歴史は繰り返す…

何だか、見えない糸で導かれたような感じです。「45歳を過ぎた、大の男が、雇われ人なんかやるんじゃない。自分の事業を興しなさい!」という天の声なのか?商売の街・柏で生まれた男の宿命なのかもしれない。

しかしその後、1000万のオファーを蹴ってしまったことを、心から後悔する出来事が起こりました!

次回に続く…

次回いよいよ最終回!「続きが読みたい」方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*