ロックアウト解雇!会社員の辞め方…その3

前回の続きです。

俺、たぶん会社クビになるよ!」と、妻に初めて相談したのは、今年1月18日のこと。

それ以降も、形勢挽回しようと、昼夜問わず、必死に働きましたが…私の懸念が現実味を帯びたのは、1月29日の夜…その日、私は、ついにプロジェクトを実質的に外され、客先ではなく本社オフィスでの後方勤務を命じられました!

私への作業指示は、客先に常駐する同僚から来ることになっていましたが、蓋を開けてみれば、作業指示どころか、メールの返信でさえ、一日一通くらいしか来ない。客先で、私抜きで、物事が進んでいることを悟るのに、時間はかかりませんでした。

2月第一週…日々、定時に出社しても、何もすることがない。客先には行くなと言われる。バツが悪いので、終日、誰とも話さず、お昼は一人寂しくバーガーキングで済ませ、定時に退社する毎日。

その頃にはさすがに、「クビになった後のこと」を、考えるようになりました。妻とも毎日、その話をしました。

妻:「会社辞めること、子どもたちには、まだ話さない方がいいわね。緊張するから…でも、生活費はどうするの?」

私:「当面は大丈夫だよ。でも、厳しくなったら、家賃の安い柏あたりに引っ越さなきゃならなくなるかも…」

我が家の夫婦間会話は、中国語です。うちの子どもたちは、私には日本語で、妻には英語で話すので、中国語は使わないのですが…娘ソフィア(当時7歳)は、毎日、夫婦間会話を聞いているので、中国語も大部分、聞き取れるようで、

子どもに聞こえないようにと、寝静まった後に話していたことも、ソフィアには、ちゃんと聞かれていたのです。

ソフィア:Papa is losing his job and we have to move our house, right? (パパの仕事がなくなって、おうちも引っ越さなきゃならないんでしょ?)

2月6日…上司が、オーストラリアから来日することになりました。私は、彼の時間をとってもらい、これまでのプロジェクトの経緯、私が結果を出せなかった理由と、今後、この会社で能力を発揮するために、何をサポートしていただきたいか…その辺を、切々と訴えました。

上司は、「よし、分かった。うちの会社で、君が能力発揮できる部署やプロジェクトがあるかどうか、調べてみる」と言って、ミーティングは終わりました。

私、心のなかでは、「こんな生殺し状態は嫌だ!一日も早く、会社都合でクビにしてくれ!」と叫んでいたのです

その後しばらく、会社に定時出社しても、何も仕事のない状態が続く。こんな日々は、あと何日も続かないだろうなと思いながら…

そして、案の定、ついに、Xデイが来たのです。

2月14日、木曜日…その日の朝、子どもを病院に連れていく関係で、出社は午後11時過ぎになる旨、リーダーに伝えて、その通りの時間に、出社しました。

お昼前、私はリーダーに呼ばれ、ミーティングルームに通されました。そこに、日本支社の社長もいました。

ついに、来たか・・・

その後、約30分の間に起こったことは…まるでニューヨーク・ウォール街の映画でも見ているような情景が、私の眼前で繰り広げられました。

俗にいう、「ロックアウト解雇」というのでしょうか…

1)まずミーティングルームで解雇を通告し
2)書類にサインさせて、
3)業務用PCとセキュリティカードを回収して
4)付き添いをつけて、社外に送り出す

その後は、二度と、会社に入ることはできません。帰りしな、同僚に簡単な挨拶だけして、ジ・エンド…全てが、終わりました。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

まだ昼過ぎの時間でした。コート羽織って外に出ると、そこには東京・溜池山王の、抜けるような青空が広がっていました。

これから、どうやって生きていこうか??

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. バナナママ より:

    1. 無題
    先日は、セミナーありがとうございました。

    厳しい世界でお仕事をされていたんですね。
    ホントにウォール街を舞台にした映画のような話……あるんですね!
    これからは、アフリカです(笑)
    http://ameblo.jp/banan1989/

  2. manachan より:

    2. Re:無題
    バナナママさん

    >厳しい世界でお仕事をされていたんですね。
    ホントにウォール街を舞台にした映画のような話……あるんですね!

    本当なんです。米国映画で見たような光景が、東京で、さらに私の身に起こるなんて、思ってもみませんでした。

    >これからは、アフリカです(笑)

    本当にそうですね。 アフリカで稼ぎましょう!
    http://ameblo.jp/manachan2150/

  3. たっきぃー@夢は大富豪 より:

    3. 大変でしたね
    外資系ですとシビアなのは話には聞いていましたが、現実に起きている話しを伺うと、恐怖と言いましょうか…

    もうハローワークには失業手当ての申請は、なされましたか?

    会社都合での退職ですと、登録して説明会を受けて、初回の申請をして約1週間後には、指定した口座に振り込みされるそうです。

    会社から、ハローワークに提出するための、書類を入手しているのが、条件となります。

    又、早く就職先が決まると、お祝い金のような給付金も出るようです。

    私もお世話になったハローワーク、意外に使えると思います。

    既にご存知かとは思いますが、思っていたよりは失業者に対して手厚いサービス?をしているんだなぁと感じました。
    http://ameblo.jp/takaji71/

  4. emiko777 より:

    4. すごい場面ですね。
    読んでいても緊張しました。

    続きも読みます!
    応援クリックしてカラ帰ります。

    私たち画家は、(私は最近はほとんどは百貨店で個展を開催しています)販売の数字が出ないと、来年はありません。

    いくら外国で国際展で、審査員全員一致で最優秀賞を受賞していてもです。

    展覧会期間中の一週間に台風が来たり、大雪が降って、交通事情が悪くてもあまり考慮されません。

    数字を挙げるには。。。自分のファンを増やすしかないです。

    それで、私は展覧会会期中は全日会場に行き(北海道から沖縄まで)(外国にも行きます)、知人が来たら接客しています。(他の画家は土・日だけ会場に行きます)

    知人は前もって、その県の知人を頼って増やしておきます。

    こうしてファンを増やしていって、今があります。

    作品はもう800点位いろいろなところに入っています。

    一生続きます。。。

    今manacyanさんは、日記やセミナーなどで、不動産関係の知人、ファンが増えているので、これからは大丈夫ですね。

    私も大家さんに興味ある人がいたら宣伝しておきますね。

    心の絵、やすらいでその上、エネルギーの湧いてくる魂の絵画に関心がある方がいたら、私の日記を紹介してみてくださいね。

    応援しています。
    http://ameblo.jp/yuri-no-hana-777/

  5. manachan より:

    5. Re:大変でしたね
    たっきぃー@夢は大富豪さん

    >ハローワークには失業手当ての申請は、なされましたか?

    はい。解雇が2月14日、離職票が約1週間後に届いたので、その翌日にはハローワークで手続きしました。

    会社都合だと、国民年金は免除、国保の保険金も大幅減免になるので、メリット大きいですね。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

  6. manachan より:

    6. Re:すごい場面ですね。
    emiko777さん

    >数字を挙げるには。。。自分のファンを増やすしかないです。作品はもう800点位いろいろなところに入っています。一生続きます。。。

    私も、個人事業主という道を選んだ以上、ファンを増やす努力は、一生続けていくのだと思います。

    >今manacyanさんは、日記やセミナーなどで、不動産関係の知人、ファンが増えているので、これからは大丈夫ですね。

    はい、ネットワークが頼りです。

    >心の絵、やすらいでその上、エネルギーの湧いてくる魂の絵画に関心がある方がいたら、私の日記を紹介してみてくださいね。

    了解しました。宣伝します。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*