最低時給1450円の国で・・・

おはようございます。Manachanです。
オーストラリア・ケアンズ(妻の実家)滞在、4日目の朝を迎えています。当地では、朝から晩まで子供たちと過ごし、ゆっくりしてます。

昨日、台所のタイルが壊れたので、業者を呼びました。そこで、少し世間話したのですが・・・業者のお兄さんは、ケアンズで生まれ育った白人で、東ヨーロッパ出身の移民の子孫。親戚訪問の関係で、これまで何度か、ヨーロッパに行ったそうですが、いつも、物価の安さに驚くとのこと。

東欧でなく、西欧の、パリみたいな大都市に行っても、オーストラリアより明らかに安く感じるそうです。

私だって、オーストラリア滞在を経てから、日本に帰ると、やっぱり物価安く感じます。今のオーストラリアは、北欧やスイス、一部の湾岸諸国と並んで、地球上で一番物価の高い地域かもしれません。

物価が高いということは、当然、収入水準も高いということ。2013年に改訂された、オーストラリアの法定最低賃金(時給)は、成人で16.37ドル。日本円で約1450円という高さ(リンク)。

一方、日本の場合は、都道府県によって違いがあり、一番高いのが東京都の850円、最低が島根県、高知県の652円。全国平均が749円です(リンク)。

時給ベースで、日本749円、オーストラリア1450円・・・現時点では、オーストラリアの最低賃金は、日本の約2倍、ということになります。

労働者に、これだけ賃金払わなきゃならないから、オーストラリアの物価が高いのは当然ですね。外食すれば、食べ物と飲み物で、最低でも一人30ドル(2600円)、スーパーで買う、600ミリ入りのミネラルウォーターが2~3ドル(175~260円)、自販機のコーラが3.5ドル(310円)。フードコートで食べる、プラスチック容器入りの丼セットが12.9ドル(1100円)Reject shopというディスカウントストアに行くと、ようやく、日本に近い値段になる…それが、今のオーストラリアの物価水準です。

とはいえ、オーストラリアには、上述の最低賃金以下で働いている人が、たくさんいます。特に目立つのが、都市部の飲食店。

中華料理店で働く、中国系の店員。日本料理店で働く、日本人のワーホリメーカー・・・その中で、最低賃金をちゃんと守って働いている人は、おそらく稀でしょう。

社員に、まともな給料払ってる店なら、一食20~30ドル以上かかる国にあって、安いアジアめしだ屋と、10ドルくらいで腹いっぱいになる。(家計にはやさしい…)。

日系、中華系、ベトナム系、韓国系・・・国籍を問わず、安い店の店員ほど、まともに英語しゃべれなかったりします。オーストラリアのビザ欲しい若者を働かせて、給料を現金で渡し(注。銀行振込や小切手だと、足がついてしまう)、安く済ませているのでしょう。

違法労働ワーホリメーカーの時給は、私が住んでいた2005年当時は、相場が8~9ドルと言われていました。今でも、最低賃金(16.37ドル)を大きく下回るのは間違いないでしょう。

もちろんこれ、オーストラリア的には、思い切り違法なので、時々、抜き打ちで取り締まりやってますが、なくなりません。

☆英語力や職務スキルが足りず、オーストラリアでは、まともな仕事に就けない。ビザ取るためなら、安くても喜んで働く…そんな、外国人の労働者が大勢いるなかで、

☆店主としても、物価が毎年上がるオーストラリアで、人件費を少しでも安くあげたい。

☆また、お店に食べにくる人としても、安くて美味しいアジア飯が食えればありがたい。

労働の提供側、経営側、消費者…三者の利害が一致する、経済合理性がある以上、違法労働はなくなりません。日本の「違法シェアハウス」と同じく、役所がピンポイントで取り締まっても、結局、いたちごっこでしょうね。永遠に…

シドニー在住の友人の誰もが、「シドニーにある飲食店で、最低賃金を守っているのは、たぶん半分以下」と言いますから、すでに経済に織り込み済なんでしょうね。

良くも悪くも、これがオーストラリアの「国のかたち」なのだと思います。

より良い生活を求めて、世界中からやってくる「移民」の、「格安労働」によって成り立つ部分が大きいですから…

何だかんだ言っても、そういう人の労働によって、国民の高い生活水準が保たれている面も大きいですから…

メキシコ人の労働者に支えられる米国の大農場、ポーランド人の家政婦に支えられる英国のミドルクラス家庭…それに相当するのが、オーストラリアのアジア飲食店なのでしょうね。

【シドニー在住時代に、よく通った、ベトナム食堂】

ここは一食9ドルくらいで食えて、店員の英語力ゼロ。間違いなく違法労働。でも安くて美味いからなあ・・・

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. wombatsam より:

    1. 無題
    シドニー在住のwombatsamです。確かにシドニーの物価はある意味で世界一です。大敵は外食です。
    我が家は基本的にほとんど外食しませんし、食材もスーパーの賞味期限ぎりぎりの40%以上値引き品を買い、冷凍保存したり1両日中に料理して食べるようにしています。外出するときはペットボトルに水やお茶を入れて、外で葉は飲料を絶対買いません。オージーは家を買えば、着るものには無頓着(寝巻きのようなもので平気で外出)、日本みたいに四季に対応した衣類も必要ありません。ただ外食には財布の紐が緩みます。また本も読みませんから非常にプリミティブな生き方です。私の見方では家と車さえあれば、工夫次第で日本より金はかかりません。ですから家を買うことが重要です。日本は購買意欲を掻き立てる雰囲気が充満しています。
    http://ameblo.jp/wombatsam/

  2. manachan より:

    2. Re:無題
    >wombatsamさん

    当地ケアンズでは、シドニー以上に、安い外食の選択肢がありません。

    農業盛んなのにGroceryも高いので、妻の実家では庭で野菜果物育てて、自家消費してます。

    気候暑いし、外に出ても街には何もないし、カニ釣りに行く位しかやることないので、必需品以外にはお金使いませんね。

    その意味では、オーストラリアで家を買って生活費を節約する効果は、絶大だと思います。

    (しかし・・・ケアンズは田舎だ~、退屈だ~)

    http://ameblo.jp/manachan2150/

  3. wombatsam より:

    3. Re:Re:無題
    >manachanさん
    贅沢な不満かもしれませんね。でも歴史がない、文化がないというのも長く住むときつくなります。ですから日本への一時帰国を楽しむようにしています。
    でもManachan、ケアンズの奥さんの実家という別荘をもっていて、日本といったり来たりなんて本当贅沢ですよ。
    http://ameblo.jp/wombatsam/

  4. manachan より:

    4. Re:Re:Re:無題
    wombatsamさん

    >歴史がない、文化がないというのも長く住むときつくなります。ですから日本への一時帰国を楽しむようにしています。

    私も、オーストラリアに5年住みましたが、休暇中は日本への一時帰国が、何よりも楽しみでした。

    普段は東京に住み、たまにケアンズの妻の実家に里帰りというのは、確かに、贅沢ですね。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*