マレーシア散髪日記

こんばんは、Manachanです。

自他ともに認める、海外散髪フェチのわたくし・・・

5月中旬に、カンボジアの路上で「120円ストリート散髪」やってから、約2ヶ月が経過。髪の毛も雑草のごとく伸びきり、夏の盛りには、暑苦しくて耐え難くなりました。

今回、マレーシア出張の機会を得たので、早速、散髪行ってきましたね。

場所は、首都クアラルンプールの中心”KLCC”に隣接する、マレー人居住区「カンポンバル」(Kampong Baru)。東京でいう「北千住~京成関屋」、関西でいう「阪神尼崎~出屋敷」のような、生活感あふれる「ど下町」。

マレーシアの下町は、演歌みたいな、イスラム教のお祈りがラジオで流れる、いかにも「東南アジア」のたたずまいをしたエリアです。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

そこで、こんな散髪屋さんを見つけ、早速、入ってみました。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

そこには、男性の理髪師が1人、女性の理髪師が2人いて、忙しく、客の髪を切っていました。フロアには、小さな子どもが2人ほどはしゃぎ回り、飼いネコも2匹いて、いかにも生活臭あふれる下町床屋。飛び交うのはマレー語ばかり。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

聞くと、ここの散髪は、「カット&シェーブ&シャワーつき、15リンギット(470円)」だそうで・・・そこまでやってくれて500円しないのか。

まずは、ジャングルのように生い茂って、暑くて仕方のない髪の毛を切ってもらう。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

マレー人の女性理髪師に、切ってもらいました。作業が終わったら、髪の毛を洗ってもらいました。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

できあがりは、こんな感じになりました。うーむ、悪くない。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

夜空に、「大きなトウモロコシ」(ツインタワー)が二つ、光っていました。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

おしまい

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*