ガーナは平和でした…

赤道直下、暑熱の国・ガーナ。

時折、ギニア湾を通ってくる涼風に癒されながら、私の旅は続く・・・

「ああ、いいなあ・・・平和だなあ・・・」

ガーナは、国中に教会のミサと、陽気な音楽が溢れる国。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

ガーナ滞在3日目にして、ようやく手にした心の平穏。

というのも、ガーナに来て1日目と2日目は、トラブル続き、バトルの連続だったのです。

もちろん、バトルしたくはないんだけど、現地で最初に不動産案内を頼んだエージェントとの間で行き違いが起きて、険悪になってしまった。

お互いに悪気はないし、誠実に、一生懸命やってきたけど、お互いの期待値の違い、ビジネススタイルの違い・・・そこに埋めがたいギャップがあったのです。

もちろん、エージェントの言い分もあるでしょう。彼らにとって、私は大事なお客様で、初めてのアフリカ渡航で万が一のことがないように、セキュリティに万全を尽くしたいと。

その気持ちは分かるけど、でも、やりすぎです。ホテルから出て、隣のお店に行くにも、一人で行くなと言って、ついてくる。車で送迎する。ホテルの客室の鍵も、二重に締めるように言われる・・・

「ここは日本じゃない、アフリカだ。外に出たら誘拐される、他国から入ってきたアフリカ人が悪さをする」 等々と言って・・・

でも私からすれば、せっかくガーナまで来たのに、座敷牢みたいな暮らしで、全然、楽しくない。ものすごく窮屈さ、イライラを感じるから、抗議する。口調も、だんだん荒くなる・・・

要は、私としては、そこまでのセキュリティ対策は、求めてないんですね。そもそも、頼んでもいない。

100%の安全を確保するために、全然自由がなくなるのは嫌だ。95%の安全でも構わないから、私は、自由に出歩きたいのです。自由のために、5%くらいは、喜んでリスクをとりたい。だって私は、いい歳をした大人なのだから・・・

確かに私は、アジア人。ここアフリカにおいては、肌の色からして、思い切り異邦人です。

でも、ホテルの周辺を見回すと、欧米人だって、アジア人だって、結構、自由に出歩いてる(注.鉱山開発や飲食ビジネスで、中国人がガーナにたくさん来ています)。

だったら、中国人と同じ顔した私が街を歩いても、別に問題ないんじゃないかと・・・

それなのに、殊更に「危険だ、絶対に出歩くな」という事自体、何か別の目的があるのではないかと・・・私は勘ぐるわけです。

今は、そのエージェントからは離れ、現地の友人の力を借りつつ、基本は自分ひとりで、自由行動しています。

本当に、自由っていいですね・・・素晴らしいものです。

自由行動すると、ガーナの優しさ、平和さを、身をもって満喫できます。

静かな昼下がり、海辺の町を歩くと、時折、地元の人が「ハロー」、「ニイハオ」などと、穏やかに声をかけてくる。

アフロミュージックが流れる小商店で、つり銭をごまかす人は、滅多にいない。

ガーナは英語が公用語だから、コミュニケーションも、全く問題ない。

ガーナ人の友人によれば、ガーナは西アフリカではとても平和な国で、近隣諸国と違って、内戦とは縁がないとのこと。

ガーナ国内で、最近起こった内戦といえば、80年前に、北部の田舎で小規模な戦闘が起こった位で、首都アクラを含め、ガーナの大部分では情勢はずっと安定しており、

その安定が、経済発展に結びついているようで、西アフリカではインターネット、WiFiが一番安く、消費財も豊富に出回っている国だそうです。

アクラの中心部では、商業施設やコンドミニアムの建設も盛んで、都市インフラも、電力供給も、場所にもよりますが比較的しっかりしています。

東南アジアの、フィリピンやベトナム、カンボジアなどと同様、確実に成長軌道に乗っている「アフリカの新興国」と言ってよさそうです。将来が楽しみな国ですね。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. バナナママ より:

    1. 無題
    はじめまして、1992年~3年ほどガーナに住んでおりました。今アクラに行かれてるんですね!!私は、17年ぶりに2011年4月にガーナを再訪し、発展ぶりに驚き…というよりは浦島太郎状態でした。
    投資対象としてもとても楽しみな国ですよね!!たくさんの情報をゲットして帰国されますように!!
    また訪問いたします
    http://ameblo.jp/banan1989/

  2. manachan より:

    2. Re:ガーナ
    >バナナママさん

    コメントありがとうございます。

    やはり、ガーナの発展スピードは速いようですね。アクラの街も、東南アジアの新興国のように、近代インフラが立派に整備されていますし、いい車もたくさん走っていますね。

    あと、自由に出歩ける、治安の良さもありがたいです。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*