アフリカ・ガーナ不動産

こんばんは、Manachanです。

今日は、西アフリカ・ガーナ出身、日本育ちの青年と、都内でお食事しました。幼い頃から日本で過ごし、日本の大学で学び、流暢な日本語を操る彼は、とても爽やかで、夢あふれる好青年でした。

【アフリカ地図とガーナの位置】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

「日本とアフリカの架け橋になる」、彼の言葉は、若い力と、自信に満ち溢れていました。

・アフリカに、日本のおもてなしの心を広めるために、ガーナでラーメン屋を出店する!
・ガーナの人々が、いつでもどこでも、きれいな水を手に入れられるよう、日本の浄水器を広めたい。
・将来の夢は、ガーナの大統領!

こんな青年なら、どこまでも、夢を応援したいと思いました。

話に聞くガーナという国、面白いと思ったのは、

・西アフリカにおいて、フランス語圏に囲まれた、英語圏の国。国民の英語力も高いらしい。
・西アフリカで、ビジネスが発達しているのは、ガーナと、同じ英語圏のナイジェリア位・・・らしい。
・事実上、米ドルが流通している。
・産油国である。
・首都アクラは、油田に近く、国の富が集中しているらしい。

しかも、今のガーナは経済伸び盛りのようで、外国(欧米)からの投資も入り、すでに分厚い富裕層がいるそうな不動産価格も、絶賛成長中だそうで・・・。

ウェブを調べると、結構たくさん、ガーナ不動産のサイトがヒットします。
全て英語なので、読みやすい。

Ghana Web Real Estate Portal

Modern Ghana Real Estate

Ghanafind.com

Ghanaproperty.org

私は残念ながら、ガーナの土地勘がなく、どう選べばよいのか分からないけれど・・・分かったことは、

・「数十万~数百万円」から買えるものもあれば、
・「億」単位の豪邸もあるよう。
・基本、米ドルで売買できるらしい。
・未完成の建物(Uncomplete House)を、完成させて、転売するのが、高利回りのコツだそうで

【でも、この状態から再生するのは、大変だな・・・】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

外国人でも不動産所有できるのかどうか、融資が使えるのかどうか、どうやって購入し、利益確定するのか・・・調べてみないと分かりません。

おそらく、東南アジアのミャンマーあたりと同じく、まずはビジネス投資から入って、現地のパートナーを探して、勝手が分かれば不動産・・・になるんだろうな。

最後に、日本からガーナ入りするのは、なかなか大変なようで。

ガーナへの道

成田/関空→ロンドン→ガーナ

成田/関空→イスタンブール→ガーナ

成田/関空→ドバイ→ガーナ

成田/関空→バンコク→アジスアベバ(エチオピア)→ガーナ

どの経路でいっても、まる一日(24時間相当)かかるそうな。航空券も、往復18万をくだらない。なかなか遠い国です。でも行ってみたい!

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*