埼玉一人勝ちの時代

こんばんは、Manachanです。

私の暮らす、東京・首都圏は、バンドグループでいえば、ミスチル(Mr. Children)みたいなもの・・かもしれません。

ミスチルにおける桜井和寿のような、絶対的なリーダー「東京」がいて、その周りを、神奈川、埼玉、千葉というサブキャラが支える・・・というイメージ。

【首都圏ミスチル】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

東京の郊外県である、神奈川、埼玉、千葉は、お互いに東京通勤圏の人口を取り合っているという点で、ライバル関係にあるといえます。

ここ10~15年、人口動態からみた場合、3県の人気は、

神奈川>千葉>埼玉

という順でした。

やっぱり、神奈川は、ブランド都市「横浜」を筆頭に、政令指定都市が3つもあるから強いよねえ。千葉県も、「浦安」、「幕張ベイタウン」、「柏」など、個性ある都市が引っ張るかたちで、人気を集めてきました。この2県に比べて、インパクトある魅力的な都市が乏しい埼玉県への人口流入は、鈍かったのです。

ところが2011年3月の東日本大震災の後は、3県の力関係に、大きな変化が起こっています。

西日本から東京圏への流入が弱まるなかで、地味に、力を伸ばしている県が、一つだけあるのです・・・それが埼玉。

人口動態からみた、人気ランキングは、ここ2年間は、

埼玉>神奈川>千葉

千葉は、直下型地震による津波・液状化の懸念から、人気が落ち、人口減少しています。神奈川も、沿岸部では同様のリスクが意識される上に、西日本から流入も減って元気のないのとは対照的に、自然災害が少なそうで、相対的に安全なイメージがある内陸県・埼玉に、人口が流入しているようです。

【埼玉への人口流入・・・過去2年は神奈川、千葉を上回る!】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

東北の被災県である、宮城、福島などからの流入の受け皿になっている、という面もありますが、より目立つのは、東京都からの流入。なんと、神奈川県、千葉県が、東京都に対して人口を流出させているのに対し、埼玉だけ、2年連続で、人口収支プラスなのです。

推測するに・・・おそらく、東京都の江東区、江戸川区といった城東地区から、3000万円台で買える戸建住宅を求めて千葉県に流入していた層が、上記の懸念から千葉を敬遠し、似たような価格帯にある埼玉県に流入しているのだと思います。

震災の影響で、一気に、首都郊外3県のトップに躍り出た埼玉県。その人気は、息が長いかもしれません。その理由として、東京のビジネス中心地である、都心南部への、交通アクセスの改善があります。

特に、来年開通する、「東北縦貫線」は、埼玉県に大きな恩恵をもたらすでしょう。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

これからは品川始発、東京、上野、赤羽を通って、埼玉県を縦断して大宮以北の東北線、高崎線に直通する電車が、大幅に増便になると考えられます。

来年以降、埼玉県の主要部(川口市~さいたま市)は、

都心東部(東京、新橋、品川)を経て、横浜・湘南に直通する鉄道
都心西部(池袋、新宿、渋谷)を経て、横浜・湘南に直通する鉄道

という、日本でもとびきり便利な鉄道ダブルアクセスを手にするわけです。

もちろん、神奈川県の川崎、横浜などでも似たような状況はありますが、地価、住宅価格が高い。都心への主要時間や利便性がほぼ同じなら、神奈川より割安で家が買える埼玉県に、人口はさらに流入すると思われます。

埼玉最強伝説(リンク)は、当分、続きそうです。

【埼玉といえば、山田うどん】

参考までに・・・わたくしの埼玉エッセイ集

※千葉県東葛地区出身の私にとって、埼玉県の東京アクセスの良さは羨ましいです。

※でも、埼玉県のなかで、羨ましいのは、大宮以南の、京浜東北・埼京線沿線と、和光市くらいです。

「埼玉」徹底活用マニュアル

埼玉に羨望の眼差し

埼玉県は北関東?南関東?

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

12月の不動産セミナーは、大阪が熱い!!!

「フィリピンxモンゴルxアメリカ不動産セミナー」(12/22大阪)※私が大阪へ、出張講演します!

「フィリピン・セブ物件セミナー」(12/23大阪)※私が大阪へ、出張講演します。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*