東京は危険な都市?

こんばんは、Manachanです。

せっかくの週末ですが、東京は、あいにくの雨模様(しかも大雨!)。雨上がって、外に出ると、やたら寒いし・・・

つい2ヶ月前まで、残暑だったのに、もう、冬が近い陽気なんですね。埼玉の森林公園とか、神奈川の大山など、郊外では紅葉も見頃になり・・・四季のある国で暮らす楽しさよ。

今回は、「東京の治安」をテーマに書きますね。

世界4カ国11都市で暮らした、私と妻・・・その正直な実感として、

東京の治安に関しては、もう「絶賛」の言葉しかありません

・これだけの巨大都市(東京・首都圏は人口、経済規模とも世界ダントツNo.1)にも関わらず、どこへ行っても綺麗で整然として、安全に歩ける。

・欧米大都市では珍しくない、「このストリートより向こうに足を踏み入れてはいけない」、「クルマ運転中に赤信号で止まってはいけない」みたいな、「超やばいエリア」が、東京には皆無。

・妻は女性の身で、平気で、夜11時以降に、チャリ乗って近所の西友に買い物に行く。同じことしている女性も、たくさんいる。

妻は、「これまで暮らした、アジア、オーストラリアの都市と比べても、東京は治安最高の都市」だとハッキリ言いますし、私もそう思います。

しかし、世の中にはいろんな見方があるもので・・・こないだも、友人(女性)が、

東京は、危険。一人で出歩くのが怖い

と言ってました。

「ねえ、東京のどこが危ないの?」と聞くと、「全部」だという。

さらに聞くと、彼女は東南アジア某国で、お金持ちエリアの「ゲーテッドコミュニティ」(Gated Community)で育ったらしい。

なるほど、それなら、東京は危険だと感じるだろうな・・・と納得しました。

「ゲーテッドコミュニティ」とは何か・・・Wikipediaの定義によると、。

歩行者の流入を厳格に制限し、防犯性を向上させた住宅地を指す。ゲートや塀を設けているほか、警備員を雇っているところもあり、要塞街、要塞都市と呼ばれることもある。

【カナダのゲーテッドコミュニティ】

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

ゲーテッドコミュニティは、新興国、先進国を問わず、世界各国に、よくある住宅地の形態です。

私が、フィリピン・マニラに買って、来年1月から賃貸付けするコンドミニアムは、2重のセキュリティゲートがあって、24時間、守衛がいて、外部者の侵入を制限しています。ですのでゲートの中にいるのは、高所得の住民ばかりで、治安が極めて良い。子供も安心して遊ばせられます。

私がかつて、度肝を抜かれたゲーテッドコミュニティは、インド南部の都市「ハイデラバード」にある、「クカットパリー」(Kukatpally)という住宅地。ここは、ゲートのなかに、数万人が暮らす、超巨大な住宅地・・・もとい、ひとつの街ですね。もちろん、「安全・安心」が売り物なので、ここの住宅価格は、他よりずっと高いです。

そういう住宅地で育つと・・・東京は、怖く感じるだろうな。だって、東京中見回しても、ゲーテッドコミュニティなんか、ろくにないもんね。

強いていえば、世田谷の「グローリオ蘆花公園」位かな・・・セコムが企画した、ゲートに囲まれた10棟363戸のマンション群。私はひそかに、「世田谷要塞都市」と呼んでるんだけど・・・

【世田谷要塞都市】

うちの近く、下町エリアにもありますよ。江東区、木場駅と豊洲駅の間にある、「ニュートンプレイス」。こちらは戸数989もある、東京にしては、大型のゲーテッドコミュニティ。

「ゲートの中は不審者もおらず、お子様も安心して遊ばせられますよ」というのがウリで、ニュートンプレイス、下町にしては珍しく、多少築年が経っても全然価値が落ちないから、その意味では良い物件だと思うけど、

私は、ゲートのなかで、子供を育てたくないな・・・

だって、

・東京の場合、ゲートの中と外で、そんなに、治安が違うとは思えませんもの・・・それに、

・シャバ(塀の外)で、いろんな人に会い、付き合い、時には痛い目にもあって、人間は成長していくものだと思うから・・・

私は、千葉県柏の、普通の一軒家に育ちました。家を出れば、そこは商店が混じる住宅地、ちょっと歩けば駅前の繁華街、逆方向に行けば、田畑と森・・・そんな環境で育ち、

街から田舎から、自由自在に出歩き、森でクワガタとったり、沼へブラックバス釣りにいったり、ビニ本拾いに行ったり、ゲーセンに入り浸って50円で粘ったりしながら、いろんな体験をして、大きくなりました。

塀の中で育つと、そういう体験、なかなかできませんよね・・・

我が子には、Social Smartな(人と上手に付き合える)子に育ってほしいし、それに、せっかく「世界的にみて、治安の良い」東京に暮らし、「塀の外で安全に子育てする」環境を手にしているのだから、そうしたい。

東京には、「ゲーテッドコミュニティ」は少ないけど、その代わり、「ゲートの外でも、かなり安全に暮らせる」環境がある。

東京は、お金持ちが、富に任せて、一般庶民や貧乏人とを塀で遮断することを、基本的に許さない街。

そして東京は、田園都市線と東武伊勢崎線を直通運転したりして、「アッパーミドルの住宅地」と「庶民の住宅地」を遮断せず、どちら側にも等しく、都心へのアクセスを与える街。

世界中見渡しても、こんなに平等でフェアな巨大都市、他にないでしょう?

その意味で、東京は、世界の宝だと思います。

今日の日記、「なるほど~」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

11月、12月の東京は、海外不動産セミナー、目白押し!是非ともご参加ください。

フィリピン・トランプタワーセミナー(11/18)
     
ロサンゼルス・ラスベガス不動産セミナー(11/24)※私が出演します!

HOMES不動産投資セミナー「マレーシア・イスカンダル計画の全貌」(12/1)※私が出演します!

ロンドン・イスタンブール不動産セミナー&タイ料理ランチ(12/8)

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*