「残暑見舞い」で滞納問題解決!

おはようございます。Manachanです。

最近、本業のサラリーマンでも、「アジア太平洋大家の会」関連でも、本当に忙しくて、昨晩、夜遅く家に帰ったら、着替えもせずにそのまま横になって、歯も磨かず、外出着のまま寝てしまいました。

とはいえ、最近珍しく、夜12時前に寝たおかげで、朝6時台には目が覚めました。こういう、クソ忙しい時って、気が張ってるから、かえって病気しないものですね。

ここ関東地方は、急に寒くなりました。気温の変化が激しい昨今、皆様も、ご自愛ください。


今日は、「日本物件の滞納問題」について書きます。

千葉県にある、築古の区分マンションですが、今年5月に入居(独身女性)がついたはいいが、彼女さん、仕事探しの途中だったせいか、初回の家賃から滞納気味。

7、8月分の前家賃入金は、こんな感じでした。

滞納3日目に、本人に電話で督促&管理会社に通知。
滞納8日目に、管理会社から家賃補償会社に通知。・
滞納10~11日目に、入金確認

致命的ではないけれど、「入居していきなり滞納は、ちょっと、困ったちゃんだな~」と思っていました。

折りしも、厳しい残暑の季節がやってきました。私もこの時期は、日頃の感謝を込めて、近所の木場イトーヨーカドーで「残暑見舞いの菓子折り」を、全国の入居者さんに贈っています(もちろん自腹・・・当然、経費にしますけどね)。

例の「困ったちゃん入居者」にも、もちろん送りました。そしたら、意外や意外、

その入居者から、とても丁寧な返信と、少し痛んだ桃が贈られてきたのです!!

彼女、大家から菓子折りが贈られたことに、感動したようで・・・その気持ちが、便箋に、手書きで丁寧にしたためられていました。そこで初めて知ったのは、彼女が、

福島県飯坂温泉の出身

だということ・・・飯坂は「フルーツ王国」と呼ばれ、今は、桃の収穫の時期。取れたての桃を、当地から直送していただいたのです。

もっとも、東京の我が家まで送られる間に、時が経ち、少し痛んでしまいましたが・・・もちろん、美味しくいただきました。

折りしも私は、原発事故後の風評被害に苦しむ福島県果樹農家の支援(首都圏の学園祭で売ったり、Facebookページつくったり・・・)に関わっており、飯坂方面でも何人か知り合いがいたので、もちろん、話は弾みます。

その数日後、私は会社の出張で、米国西海岸に渡りました。

サンフランシスコ近郊に、ナパ・バレーという、素晴らしい景色のブドウ・ワイン産地があります。そこまでドライブして、絵葉書を買って、日本にいる、例の入居者に、感謝状を送りました。

「○○様・・・家主の鈴木です。飯坂の桃、美味しくいただきました。いま、会社の仕事でアメリカにいます。・・・海の向こうのフルーツ王国より、感謝をこめて」

$Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

それ以来、この入居者さんからの滞納は、一切なくなりました♪

今どき珍しい、おとぎ話みたいなエピソードですが・・・何年も大家業やってると、たまには、こんなことあるんですね。

カリフォルニアといえば・・・「アジア太平洋大家の会主催、ロサンゼルス・ラスベガスセミナー(11/24東京)」。私が当地で仕入れてきた「すごい話」が、わずか3000円で聞けますよ。是非ご参加ください。

セミナー案内、申込リンク
Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

今日の日記、楽しめた方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 吾輩は大家(おぎけん) より:

    1. 感謝をこめて
    うん、このようなフォローはイイですね。参考にさせていただきます。

    私だったら、勢い余って、「愛をこめて」まで書きそうだったかも。
    http://ameblo.jp/ogikubo-ken/

  2. manachan より:

    2. Re:感謝をこめて
    >吾輩は大家(おぎけん)さん

    >私だったら、勢い余って、「愛をこめて」まで書きそうだったかも。

    小さな親切、大きな下心・・・ですね。

    余談ですが、私の入居者さんは、女性ですが、年上です。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*