スクート航空でケアンズへ・・・

おはようございます。Manachanです。

この年末年始、オーストラリア・ケアンズにいる家族を連れ帰るため、一度、当地に飛ばねばなりません。

日本でサラリーマンやってる私にとって、悩ましいのは、年末年始時期の、日本発航空券のベラボーな高さ!

日本での仕事納めは、12月28日。私が出発できるのは、その日以降ということになりますが、12月28日から30日まで、成田発ケアンズ行きの、ジェットスター直行便の値段は、片道なのに116,570円もする!(諸税・諸経費込み)

12月31日の大晦日出発、1月1日の元旦ケアンズ着・・・という、かなり微妙な日程であっても、76,570円。しかも、ゴールドコーストまで大回りして、そこからケアンズに戻ってくるかたちの、微妙なフライト。

どうしたものか・・・と悩んでいる時、出会ったのが、最近、成田まで就航したばかりの、シンガポールのLCC(格安航空会社)である、

スクート(Scoot)航空

スクートは、昨年11月設立されたばかりの、新しい航空会社。日本へは、台北経由で成田へ就航していますが、それもつい2週間前、10月29日に始まったばかり。

そこで思い立ったのは、次の乗り継ぎパターン

まず、スクートで、 成田→(台北経由)→シンガポールへ
そこから、ジェットスターで、シンガポール→(ダーウィン経由)→ケアンズへ

それで、先ほど予約できました。12月29日のお昼に、成田を出発。シンガポールでわずか2時間強という乗り継ぎで、翌朝、ケアンズ着。なお、気になる料金ですが、

成田→シンガポール    46,540円 (諸経費、諸費用込)
シンガポール→ケアンズ  584.15シンガポールドル(同上)

現在のレートで、1シンガポールドル=65円ですから、シンガポール→ケアンズ間は邦貨換算38000円。結局、8万4千円台で、ケアンズまで行けることになりました。

普段は、もっと安く行けますが、年末年始だから、ま、仕方ないよね・・・

こんな感じで、「アジア太平洋各駅停車」みたいな旅程になりました・・・

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

直前ですが、「アジア太平洋大家の会主催、フィリピン・トランプタワーセミナー」、まだ残席あります。一緒に行きましょう!!

11月14日(水)セミナー
11月15日(木)セミナー
11月18日(日)セミナー

今日の日記、楽しめた方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 吾輩は大家(おぎけん) より:

    1. スクート(Scoot)航空、初めて聞いた
    スクート航空という名前、初めて聞きました。

    オーストラリア方面なら、JetStarかな、と思いますが、きっとそんなに安くなかったのでしょう。

    私はフィリピンに行くときに、JetStarで痛い目に会いました。私のブログに書いております。

    http://ameblo.jp/ogikubo-ken/entry-11373353566.html

    では。
    http://ameblo.jp/ogikubo-ken/

  2. manachan より:

    2. Re:スクート(Scoot)航空、初めて聞いた
    >吾輩は大家(おぎけん)さん

    スクート航空は、こないだケアンズで義父の葬儀に出た帰り、成田空港に出ていた広告で初めて知りました。

    それが、10月31日。スクート航空が、成田就航したのが、その2日前の10月29日・・・本当に、日本進出して間もない航空会社なんですね。

    それでも、シンガポール-オーストラリア間は、結構フライト飛ばしてますよ。でもケアンズまでは行かないから、仕方なくジェットスター乗ってます。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

  3. たっきぃー@夢は大富豪 より:

    3. スクートとジェットスター
    いつもブログを楽しく拝見しています。

    年末に、台北経由、シンガポール乗り継ぎ、ダーウィン経由でケアンズに行かれるようですね。

    私なら多少高くても、直行便を使うと思います。

    理由は、LCCは遅れるリスクが高いからです。

    シンガポールのチャンギ空港で乗り継ぎ時間が2時間前後だと、場合によっては乗り継ぎできない可能性があると思います。

    スクートとジェットスターがチャンギ空港内で同じターミナル同士で、しかも機内持ち込み荷物だけなら、さほど時間がかからにいので、乗り継ぎもスムーズでしょう。

    しかし、成田空港で荷物預けたりした場合、チャンギ空港で一度荷物を受け取り、チャンギ空港内で異なるターミナル間を移動して、改めてジェットスター搭乗手続きをして、荷物を預ける必要があります。

    ターミナル間の移動や搭乗手続きだけでも、かなり時間がかかることが予想されます。

    スクートの到着が遅れて、ジェットスターの搭乗手続きに間に合わないことも、想定されます。

    乗り遅れた場合はキャンセル扱いになり、支払い済み航空券代も返金されません。

    クアラルンプール(KL)のLCCターミナルでのエアアジア同士での乗り継ぎも、乗り継ぎは4時間以上を推奨しているようです。

    成田空港からのスクートが、時間どおりにシンガポールのチャンギ空港に到着すると、良いですね!
    http://ameblo.jp/takaji71/

  4. manachan より:

    4. Re:スクートとジェットスター
    >たっきぃー@夢は大富豪さん

    はい。おっしゃる通りです。

    私はLCCを使い続けて10年、リスクを知り尽くした上で、こういう買い方をしています。リスク軽減策としては、

    1)今回の場合、荷物をチェックインする必要がないので、シンガポールでの延着1時間半くらいまでなら耐えられる。

    2)Scoot、Jetstarとも、「1回までなら変更手数料無料」オプションを、2~3000円くらい払ってつけている。

    また、私個人の事情として、

    3)フライト中に、PCを使って執筆することが多いので、細かい乗り継ぎが多いほど、各空港で充電できるので便利。

    4)乗り継いだ各空港でFacebookチェックインできるので、ネタになる。

    5)仮にシンガポールで、乗り継げなくても、その時は、シンガポールか、マレーシアで遊べばいいと割り切っている。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*