身内に不幸がありました

Manachanです、こんばんは。

米国から帰って、まだ一週間経ってませんが、今日の朝、豪州ケアンズにいる妻から連絡が・・・

以前から予想していたことですが、病床にあった義父が、息をひきとりました。

入り婿として、当然のつとめとして、私は義父の葬儀に参列するため、近く、ケアンズに飛ばなければなりません。

その日程が、いつになるかは、まだ決まっていませんが、米国出張で使ったばかりのスーツケースに、旅行荷物を詰め込んで、いつでも出発できるようにはしました。

転職したばかりの職場にも、事情を話して、いつでも、忌引休暇を取れるようにはしました。

相変わらず、身体が休まる暇がありませんなあ。特に今年に入ってから、多国籍企業の重役並みに、国際線のフライト乗ってるかもしれない・・・

今回の出来事で、気持ちの整理がつくまで、当面時間かかると思いますが・・・踏ん切りがついたら、妻の家族、そして私の家族のライフスタイルに、変化があるかもしれません。

ただ確実にいえることは、当面は家族一同、東京で暮らしますので、その点はご安心ください。いま企画途中の、「アジア太平洋大家の会」関連の不動産セミナーも、予定変更せずしっかりやり遂げます。

Manachanがんばれ!と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。


不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. manachan より:

    1. 渡豪時期
    妻と相談しましたが、結局、いますぐケアンズに行くことはなく、行くとしても10月下旬~末になりそうです。当分は東京にいます。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*