サンタモニカの放射線量

おはようございます、Manachanです。
米国滞在最終日を、ここロサンゼルスで迎えています。

ロサンゼルスを代表するビーチタウンといえば、サンタモニカ・・・その他、マンハッタンビーチ、マリナ・デル・レイ、レドンド・ビーチなど、いろいろありますが、国際的知名度の高いのは、何といってもサンタモニカでしょう。

そのサンタモニカで、簡易線量計Terra-p、MKS05で、放射線量を、測ってきました。結論からいえば、

サンタモニカと、俺の実家のある柏と、線量全然変わらないじゃん!

いつもの通り、ご当地テーマソング付きで、

「♪~きて きて 来て 来て サンタモニカ~♪」 Ocean Park Blvd 0.13μSrv/h

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

「♪~サンタモニカから 愛をこめて 風の言葉を贈ります ~♪」 Clover St. 0.13μSrv/h

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

「♪泣かないで恋心 こぼれる涙を、風が運ぶのあの日の柏へ♪」 柏駅東口 0.12μSrv/h

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

「♪柏に吸収されて~柏の植民地になった~My Hometown沼南♪」 柏市(旧沼南)大津が丘 0.13μSrv/h

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

しかし、放射線量同じでも、サンタモニカに住んでみたいなー。

本当に、素晴らしい場所でした。この完璧な天気、太陽と海、散歩するだけで、幸せな気分になる。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

お金持ちじゃないと、サンタモニカに住めないけど、俺でもいつか、必ず・・・あと3年後くらいかな?

今日の日記、面白かったと思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。


不動産投資 ブログランキングへ

追記)今回、私の体験した限りでいうと、日本の関東で暮らした方が、米国カリフォルニアで暮らすより、被曝線量が低いみたいです。

というのも、日本(関東)の場合、室内に入ると、屋外より、線量が下がるのが普通。ところが、アメリカ(カリフォルニア)では、建材の関係なのか、室内の方が屋外より、線量高かったりするのです。

オフィスワーカー(ITエンジニア)の私は、当然、室内にいる時間の方が長いので、アメリカ滞在期間中の方が、積算線量高かったのです。

屋外の空間線量
日本(東京、柏) 0.12μSrv/h
米国(サンフランシスコ、ロサンゼルス) 0.11μSrv/h

室内の空間線量
日本(東京、柏) 0.09μSrv/h
米国(サンフランシスコ、ロサンゼルス) 0.12μSrv/h

積算被曝線量
1日のうち、4時間、屋外に滞在し、20時間、屋内に滞在すると想定

日本 (4x0.12)+(20x0.09)=2.28μSrv
米国 (4x0.11)+(20x0.12)=2.84μSrv

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*