福島~桃と除染の物語

こんにちは、Manachanです。

昨年に引き続き、今年の夏も、福島産の桃、食いまくってます♪

関東でよく出回っている、山梨あたりの甘~い黄桃も美味しいですが、それとは違って、

福島の桃は白くて、大玉で、実の堅く締まった桃が多い。甘みは控えめ。万人受けするというよりは、むしろ「知る人ぞ知る、贅沢でゴージャスな大人の味」って感じがしますね・・・何となく。

東京の街でいえば・・・山梨の黄桃が「新宿」だとすれば、福島の白桃は、やっぱ「銀座」ですかね。実際、銀座みたいな、しっとりした大人の街で、「福島産・桃フルーツバー」みたいなもの、受けると思いますよ。

福島の桃、その食味は、

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

大人の街・「銀座」のイメージが似合う

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

最近、一日に1~2個は食ってますね。デザートとして、あるいは、小腹が減った時に、ついつい、スナック菓子食べちゃうよりも、桃を冷蔵庫にキープしておいて、速攻で切って、食べる方が、さっぱりするし、腹にもたれないし、健康にも良さそう♪

でも、いくら桃でも、やっぱり寝る前に食うのは、控えた方がいいかな・・・


私、福島の桃は、2軒の農家さんから、直接、仕入れています。

菅野フルーツファーム (福島市飯坂)

山川果樹園  (福島市茂庭)

いずれも、福島市の中心市街地から、北西方向に10-20km離れた、山の中腹にある農家さんです。

昨年3月の東日本震災の影響は、比較的軽微。原発事故による放射性物質の影響も、市の中心部に比べれば格段に低く、その意味では、相対的にラッキーだったといえます。

しかし、放射能パニックだった昨年の東日本で、「福島県」、「福島市」の名前がついた農産物が、フツーに消費市場に出回るわけがなく・・・あるいは変なルートで流通して、原価をはるかに下回る価格で売られたりと、散々な状況。

もちろん、東電からの賠償金は出ますが、過去の営農実績に基づいて交付されるため、2011年に新規就農したばかりの、菅野さんには出るはずもなく、

ものすごく困っている、何とか助けたい・・という一心で、昨年は、首都圏のNPO団体を通じて、共同購入をしたのですが、

それが、ものすごく美味しかったので・・・今年も食いたい、被災地応援を抜きにしても、単純に美味いから、買う・・・今後も、毎年、ずっとそれを続けるでしょう。

ところで、福島の農家の方々が、美味しくて安全な桃を送り届ける過程では、並々ならぬ苦労がありました。

その一つが、出荷農産物に含まれる残留放射性物質を減らすための「除染」。

桃をどう除染するかというと、やることは単純。

まだ実をつけてない果樹に、水で高圧洗浄をかけて、昨年の3月、降雪や降雨とともに、果樹に降り積もった放射性物質を、地面に叩き落とす・・・ただそれだけ。

桃の場合、地表に落ちた放射性物質を、地中の根が吸い上げで、果実に溜まる可能性は少ない・・・という理論に基づいています。

単純作業ですが、果樹園は広大で果樹数も半端ないので、かなり、骨の折れる作業です。除染作業に対する補助金は出ますが、連日氷点下になる寒い朝も、毎日、やらなければなりません。

私も今年3月初め、氷点下5度の福島市で、菅野さんが除染作業やっている現場を見せていただきました。

当時の彼は、近くの工場で夜勤やって、朝、家でお風呂入ってから、一睡もせずに農場に出て、除染やるんです。平日、土日もなく、毎日毎日・・・年齢が若くて元気とはいえ、ここまでよくやるなあ。

ここまで頑張って、除染した成果は、数字に表れています。

昨年の桃 17ベクレル/㎥
今年の桃 3.88ベクレル/㎥ (77%減)

※出荷基準値は100ベクレル/㎥以下

放射線測定機器、精度の向上が目覚ましいとはいえ、現時点では多くの機器で検出限界が10ベクレル/㎥ですから、農協やスーパーに出しても、ほとんど「検出せず」になるはず。

現場の農家がここまで努力して、線量下げてくれたんだから、これは、食べるっきゃないと思いました。ちゃんとした対価を払って、食べて応援したい。心から・・・。

そのことで、農家には喜ばれるし、また、こちらもわずかな出費で、美味しい桃を食べられるし、幸せな気持ちになれるから、まさに一石二鳥ですね。


昨年の震災ショックから、被災地が完全に立ち直るには、まだ時間がかかりそうですが、日本の世の中全体としてみれば、落ち着きを取り戻しつつあるなかで、

震災・原発のダブルで被害を受けた、福島に対しても・・・「放射能怖い怖い」、「逃げろ!」、「避けろ!」みたいなこと言う人たちが、次第に力を失う一方で、

消費者として、人間として、震災後の福島と新しい関係を結ぼうという人々が、日本中で、増えつつあると感じます。

その延長線上に、福島、そして宮城・岩手を含めた東北の復興があり、新しい日本の姿が浮かび上がってくるのだと思います。

最後に、福島の桃、食べてみたい方、

菅野フルーツファームの桃は、すでに完売しております。

現時点(8月末)では、山川果樹園の桃なら、注文できます ⇒ 注文フォーム

今日の日記、楽しめた、ためになった・・・と思った方は、応援の「ぽち」よろしく。

< /a>
不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. manachan より:

    1. 今年の売上凄い!
    桃すべて完売!今年の売れ行きすごすぎる・・・

    菅野フルーツファーム  57箱完売!
    山川果樹園       87箱完売!

    合計144箱。すごいっすね。Facebookとブログの呼びかけだけで、これだけ売れるのか・・・
    http://ameblo.jp/manachan2150/

  2. かねしょう より:

    2. おおきに☆
    はじめまして☆コメント失礼します('-'*)僕のブログもよかったら覗きにきてくださいね☆
    http://ameblo.jp/newnewkane/

コメントを残す

*