福島県秘湯の旅

Manachanです。おばんです。

注)福島県以北では、「こんばんは」が、「おばんです」になるらしい・・・

ところで、今週末は、とても楽しみな企画が・・・

福島県へ、2泊3日のドライブ旅行にいきます!!!

旅程は、こんな感じで、組みました。

金曜日(8/3)の仕事帰り、一気に郡山へ移動。ビジネスホテル泊

土曜日(8/4)、朝一番でレンタカー借りて、郡山から一路、東へ、「あぶくま洞」経由で「川内村」へ。そこから南下して「いわき市」に出て、友人と小名浜港の「復興花火大会」などイベントを見て、「吉野谷鉱泉」泊。

日曜日(8/5)いわき駅にレンタカーを返して、天気が良ければJR磐越東線に乗って夏井川渓谷を散策、帰りは高速バスで東京へ・・・

注)訪問地のひとつ「川内村」については、拙著「原発警戒区域で不動産投資も、ご覧ください。

 地図で見るように、福島県「中通り」の中心都市「郡山」から、東に広がる阿武隈山地を縦断して、「原発事故による通行禁止区域」の南西側を通って、「浜通り」の中心都市「いわき」に出る、全長約100kmのドライブコースになります。

 原発震災から1年余り、復興に向けて、新たなスタートを切りつつある「いまの福島」に触れる、楽しい旅になりそうです。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

今回の旅で、特に楽しみなのが、

いわき市の秘湯、吉野谷鉱泉での宿泊

普通、秘湯というと、人里離れた山奥にあるのが常ですが、「吉野谷鉱泉」(リンク)は、とっても意外な場所にあります。

いわき市の新興住宅街のなかにあるんです!!

つまり、ドンキとか洋服の青山とか、サイゼリヤみたいなチェーン店、小学校や新築建売住宅の広がる、ごくありふれたのニュータウンのなかに、「えっ、まじ!なぜ、こんなところに・・・・」と驚くような、レトロでひなびた湯治宿があるのです。

私も2回ほど、行きましたが、建物だけみると、「これぞ東北の秘湯!」と呼んでも良いたたずまい。これが、いわき市の街なかにあるのが、実に意外です。

この鉱泉宿に、「いつかは泊まってみたい!」と思ってましたので、今回、予約取れて、本当にラッキーでした。

しかも泉質が、

ストロンチウム泉!!

こりゃ、放射能、しびれるぜ!なんてハードボイルドな泉質!!・・・・古生代の地層から湧き出した温泉らしく、万病に効くらしいです。早く行きたいな。

一応、東北地方とはいえ、東京から3時間弱のドライブで着きます。関東在住の皆さんも、一度、足を運んでみては・・・

追伸・・・折角だから、いわき市で収益物件でも見て帰ろうと思ったのですが、「築35年アパートで利回り9%台」とか、東京都心以上の超強気価格がいくつも・・・いわき市では、「仙台復興バブル」と同じ現象が起こってるのかしらん。

今日の日記、「面白かった」と思った方は、応援ぽち、よろしくね
     ↓


不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*