妻に日本永住権を・・・

こんばんは、Manachanです。

先ほど、妻と子供たちを、成田空港へ送ってきました。彼らは、オーストラリア・ケアンズ(妻の実家)へ飛び、私は東京で、当面、気楽な一人暮らしです。

成田からの帰りは、ちょっと気分を変えて、高速を使わず、下の道だけで、江東区の自宅まで帰ってきました。国道464号線を使いましたが、あれはスゴイですね。印旛日本医大の駅から、新鎌ヶ谷まで、ほぼ高速並みのフル規格!

願わくば、464号線を両側に延伸して、成田市内から松戸まで、つなげてもらいたい。そうしたら、高速使わなくても、都心から成田空港まで、1時間ちょっとで行けるようになるかも。

不動産ブログランキング、参戦中。ひとつ「ぽちっ」と、応援してくださいね。
    ↓
$Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

ところで・・・私はオーストラリアの永住権を持っています。

オーストラリア国民である妻と結婚して、数年間、同居した後、「配偶者カテゴリー」を使って、1998年末に、永住権取得しました。

オーストラリアは、永住権のメリットが、とても大きい国です。これがあれば、同国内での

・就労が無制限にできる
・「メディケアカード」(健康保険証のようなもの)が、無料でもらえる
・子供を、公立学校へ、ほぼ無料で、通わせることができる
・不動産物件も、無制限に取得できる

逆に、永住権がないと、オーストラリアで暮らすのは結構大変です。

・就労が、非常に不自由になる。
・家族連れの場合、年間何十万円かけて、民間の健康保険に入ることになる。
・不動産は、新築しか買えない。

私は、オーストラリア永住権で、散々、「おいしい思い」をしましたので、その恩返しではないけれど、

妻に、日本の永住権を取らせようと思っています。

妻は、日本に暮らして、5年になります。ビザ(在留資格)は、もちろん「日本人の配偶者」。このビザで、5年、日本で夫婦同居した事実があるので、すでに、日本永住権を申請する要件は満たしています。

ところで、日本永住権を取ると、妻にとって、どんなメリットがあるのかというと・・・あまり大したものではありません。

彼女が、すでに手にしている「日本人の配偶者」ビザは、ものすごく「おいしい」ビザです。日本国内での就労、社会福祉サービス、入出国、不動産の取得、銀行口座の開設・・・ほぼ、日本人と差がありません。

この「配偶者ビザ」から「永住権」に切り替えるメリットとして、すぐ思いつくのは、

・配偶者ビザだと、3年毎に、「ビザ更新」の手続きが必要だが、永住権を取れば、それが不要になる。

直近だけ考えれば、「東京入管局に行く手間が、一つだけ省ける」だけのメリットしかありません。

ですが、もう少し長い目でみれば、日本永住権取得のメリットも、いろいろ出てくると思います。たとえば、

・私との婚姻関係に関係なく、一生、日本に住む権利を手にできる。

・オーストラリアにいる妻の家族が、将来、日本への移住を希望した場合、妻が「永住者」になっていれば、「家族滞在」ビザ等を、私の手を経ずに、直接、スポンサーできる。

・永住権を取ることにより、日本社会での信用度が大幅に向上する。たとえば、日本で就労、不動産取得などをする際にも、永住権あった方が、単なる結婚ビザよりは有利。

善は急げ!・・・ですね。早速、手続きを始めてみよう。

いつも応援ありがとうございます。
    ↓
$Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 吾輩は大家(おぎけん) より:

    1. へ~
    私には直接関係なさそうですが、色々とメリットがあるんですね。

    オーストラリアのビザには関心がありますが、結婚以外の投資ビザだとすごくお金がいるようなことは聞いています。
    http://ameblo.jp/ogikubo-ken/

  2. manachan より:

    2. Re:へ~
    >吾輩は大家(おぎけん)さん

    >オーストラリアのビザには関心がありますが、結婚以外の投資ビザだとすごくお金がいるようなことは聞いています。

    確かに、投資ビザだと、「億円」を超えるお金が必要になりますね。

    他に、技術永住ビザ、事業ビザなどがあります。こちらは、そんなに大金は要りません。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*