アメリカ不動産投資ガイドが凄い!

Manachanです。こんばんは。

先ほど、滞在先オーストラリアから、帰国しました。

東京の自宅に着いたのが、夜22時頃。疲れた身体に鞭打って、不在中、溜まりに溜まった郵便物と、メールの整理をしていました。辛すぎ~。

しかし、たまには良いこともあるものです。

数百通、溜まったメールの中に、「お宝情報」がありました。それが、

The Invester’s Guide to USA Real Estate (アメリカ不動産投資ガイド)

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

ここから、無料でダウンロードできます。

http://www.ovginvest.com/downloads/guides/The-Investors-Guide-to-USA-Real-Estate.pdf

超激戦の、不動産ブログランキング参戦中。
ニッチな外国ネタばっかり、書いてる割に、17~18位あたりをしぶとくキープ中。
今日も応援してくださいね。
    ↓

不動産投資 ブログランキングへ

この、「アメリカ不動産投資ガイド」、とっても、スグレモノです。

外国人投資家向けに書かれた、全33ページ、もちろんオール英語のガイドブックですが、

米国不動産市場の概況から、物件・エリアの選び方、物件取得にかかる諸費用、公租公課、そしてファイナンス、出口戦略まで書いてある!

しかも、

選んではいけない間取りや、選んではいけない立地、まで書いてある!!

ざっと読んでみた感想は、

しまった!これ読んでから、アメリカ不動産買うべきだったー!

ま、私、すでにデトロイトで一つ買っちゃってますからねえ・・・ま、いま振り返っても、失敗だったとは思いませんが、

しかし、これを読むと、読まないのでは、やはり、「物件選びの勘どころ」が違ってくるし、

「どの時点で、どの位の費用がかかりそうか?」、「いつ、どうやって出口を取るか?」のヒントにもなるし・・・アメリカ買うなら、絶対に読むべきですねえ。

このガイドでは、全米のなかでも、特におすすめエリアとして、

・デトロイト
・アトランタ
・フロリダ

の3つが挙げられていました。

デトロイトが激安なのは、最近、知られてきたけど、アトランタでも、デトロイトと似たような値段で買える・・・というのは、新鮮な驚きでした。

フロリダも、一見、高そうかと思いきや、実はかなり、お値打ちなのね・・・

そして、極めつけは、最後のページに、レベッカさんという、なかなか魅力的な女性の写真が出てくるんです。

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

(狼さん風に・・・)こりゃ、もう、ダウンロードするっきゃないじゃん!

http://www.ovginvest.com/downloads/guides/The-Investors-Guide-to-USA-Real-Estate.pdf

今日の日記、「ためになった」、「面白かった」と思った方は、応援よろしくっ!
    ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. サラリーマン大家 より:

    1. これいいですね!
    manachan様
    このアメリカ不動産の資料いいですね!
    まさにこれから投資しようとしている人間にとっては最低限の事前知識として必須のものが入っているようです(ってまだあんまり読んでないですが)
    ちなみにデトロイト不動産の方は物件不足なのか全く連絡が来ませんね、是非とも手に入れたいのですが–。
    http://ameblo.jp/nidojun/

  2. manachan より:

    2. Re:これいいですね!
    >サラリーマン大家さん

    そう、本当によくできた投資ガイドです。

    以前、シドニーに住んでいた時も、不動産フェアに行ったら、外国人投資家向けの「オーストラリア不動産投資ガイド」を、タダでもらった記憶があります。

    やはり、世界中から投資を受け入れている国は違うなあ・・・と思った次第。

    デトロイト物件、確かに今は品薄のようです。我々APHOCを含め、日本でいくつかデトロイト不動産セミナーやって、たくさん申し込みが入ったようなので・・・

    でも近日中に、APHOC「ロサンゼルス不動産セミナー」仕掛けられると思います。カリフォルニアなのに、結構安く買えるんですよ。融資もきくから、デトロイトと大して変わらない現金手出しで済む・・・

    アメリカいい国ですね。

    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*