台湾人、東京で区分レジを買う!

Manachanです。おはようございます。

不動産ブログ人気ランキング、参戦中!応援のクリックしてね♪
      ↓

不動産投資 ブログランキングへ

昨晩は、会社から帰って、子供を寝かしつけた後、自分が講師を務める、「アジア太平洋大家の会」主催セミナーの準備をはじめ、それが佳境に入っていたところ、

私の中国語ブログの読者(ファン)の台湾人夫婦から、Skypeメッセージが・・・

「鈴木さん、東京の中目黒で区分マンション紹介されたんですけど、これどう思います?」

ワタクシ、こういう話に、目がありません。

セミナー資料作成で忙しいのを後回しにして、Skypeで話してました。それにしても、

台湾人が相手って、すごくラクですね ♪

(中国大陸人相手に比べて・・・という意味です)

昨年までは、Skypeで日本不動産の購入相談をしていたのは、中国大陸人が中心でしたが、今年に入ってからは、台湾人、香港人からの問い合わせの方が多くなっています。

昨年12月に、台湾・香港向けコンテンツ(繁体次バージョン)を出したおかげですかね、特に最近は、5回連続で、中国語圏からの相談は、台湾人からです。

なぜ、台湾人相手の相談が、ラクなのか?それは、

彼らが、日本をとても良く知っているから。日本リテラシーが非常に高いから・・・

少なくとも私が相談した相手は、例外なく、日本(特に東京)に何回も来ているし、日本語はできなくても、東京の地理や交通網をよく知っておられる方ばかりです。

実際、こんな会話になるんですよ。

私 「中目黒の徒歩3分で、ワンルーム、築27年、家賃9万取れて、売価1390万ねえ・・・うーん、同じレベルの物件が、もう少し安く買えるんじゃないでしょうか?あるいは、同じお金出すなら、練馬区あたりで、500万円くらいの区分を2つ買ったらどうですか?」

台 「練馬って、大丈夫ですか?ちょっと郊外ではないですか?賃貸付け大丈夫ですか?」

私 「そんなに郊外ではないです。最近は地下鉄大江戸線が通って、たとえば練馬駅から、池袋と新宿に10分ちょっとで直行できますから、全然不便はないですよ・・・」

台 「新宿に10分ちょっとで直通・・・それなら悪くないですね」

こんな感じで、彼らは東京における、新宿とか、渋谷とかの位置づけを、とてもよく知っているのです。

話の流れのなかで、「品川駅高輪口徒歩3分の区分マンション」の話になったら、「それは素晴らしい!」・・・品川駅の価値も、ちゃんと分かっているんですね。

まるで日本人と、会話しているようです。使う言葉は、日本語ではないけれど・・・会話のノリがまるで日本人のよう。

中国大陸人の場合、まず「日本のビザをどう取るか?」から、話が始まりますもんねえ。東京の地理とか、言う以前に、そもそも日本になかなか来れない人たちなので、とても時間がかかる。

ビザの問題、首尾よくクリアできても、今度は「外貨送金規制をどうクリアして、日本に送金するか?」という難題が立ちはだかる。

一方、台湾人の場合、日本に来るのにビザの制約ないし、送金の不便もほとんどない。

実際、彼らお金持ってるし、日本にたくさん来てるし、ものすごく話が早い!

しかも彼らは概して、金融・投資リテラシーも高いので、賃貸づけ、利回り、転売・・・みたいな話も、非常にしやすい。日本不動産投資の常識が、全部ではないけれど、かなりの割合で通じるのです。

台湾人相手に、日本の区分マンション売ってみたい方、最初の成約事例作りたい方は、私に声かけてくださいね。

今日の日記、面白かったと思った方は、クリックお願いしまーす。
      ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*