「治安」を聞いて何になる?

Manachanです。こんばんは。

普段は、温厚で人畜無害なルックスの私ですが・・・今日は、少しだけ、毒を吐かせてくださいね。

不動産ブログ人気ランキング、Manachan、現在14位です。
上位の壁は厚い・・・でも毎日更新で突破するぞー。
         ↓

不動産投資 ブログランキングへ

私たち、不動産の賃貸経営に携わる者は、人々の「居住地選択」に関わる商売をしています。

当然、いろんな人が、いろんな視点で、居住地を選ぶわけですが、なかでも「治安」は重要ファクターの一つだと思います。

でも私が、どうしても理解できないのは、ある土地の「治安」について、ネットで知らない人に質問しまくる人のこと・・・

ま、個人の勝手だけど、あんなこと聞いて、一体何になるんだろねえ・・・?

「Yahoo!知恵袋」とか、「教えて!Goo」みたいなサイトで、よく見ますよねえ、こんな質問。

「今度、東京の○○区に引っ越すのですが、当地の治安が心配です。実際のところどうなんでしょう?東京暮らしは初めてなので、皆様教えてください」

ま、見知らぬ土地の治安が気になる気持ちは分かります。でもこれは、情報取得の方法としては、言っちゃ悪いけど、効果・精度、目的合理性、どれを取っても最低だと思います。

「治安」は、100%主観の概念。ある特定地域の治安については、百人百様の見方があります。性別によっても、ライフスタイルによっても、あるいは、「どこまで治安を良しとするか」によっても、答えが全然違ってきます。

それ以前に、「○○区の治安は悪い」という伝聞や社会通念を、そのまま鵜呑みにして答える者もいれば、「20年前に起こった殺人事件」とか、「外国人比率が多い」等、根拠の怪しいことを理由に、治安が悪いと言い切る人もいます。

ネット越し、匿名の、目の見えない関係だから、情報提供者が不正確、不適切なこと言っても、何の責任を負うこともありません。

そんな類の情報に、一体、何の意味があるのだろう?

賢い居住地選択に寄与する、意味のある情報が得られると、本気で思っているのだろうか?

世の中には、少しだけ、良心的な回答者もいます。たとえば、

「○○区といっても広いから、そのなかの××地区は問題ないよ。気をつけるべきは、△△地区」と言ってくれたり、

あるいは、都の犯罪統計を持ってきて、「$$区と比較して、○○区は窃盗犯が多い」みたいな客観的情報を提供する者もいるでしょう。

しかしそれにしたって、質問者にとって、大して意味ある情報とは思えません。

統計上、地域の犯罪が多い少ないよりも、本人のライフスタイルの方が、リスク要因として、ずっと大きいでしょうから・・・

統計上、いくら犯罪が少ないエリアでも、真夜中に出歩くとか、繁華街をブラブラするとか、そんなライフスタイルならリスクは大きいでしょう。その逆も然り。

ライフスタイルのほか、治安に関する「感じ方」も千差万別でしょう。そこでは、客観的な犯罪データなど、ほぼ意味のない世界になる。

何が言いたいのか?

「治安」が気になるなら、自分が、現地を歩いて、自分で体感するしかないでしょ?

ということ・・・治安が良いのか悪いのか、その答えは、自分の中からしか、見いだせないものだから。

他人から聞き出すという考えが、根本的に間違っていると思う。

「話半分」に聞き流すなら、ともかく、

ネットで聞いた怪しい情報をもとに、「○○区って、治安が悪いのか。じゃ、そこに住むのはやめよう」みたいな意思決定をする人が、どれだけ多いことか。

彼らは間違いなく、「情弱」(情報弱者)。

「情弱」は、物理的にネットにアクセスできないとか、ネット接続料金を払えないとか、そういう問題よりも、

今は、自分の頭で考えず、他人に判断を依存する人こそが、「情弱」でしょうね。

ま、「情弱」を含めて、世の中そのものを相手にしていかなくちゃならないのが、賃貸住宅経営の難しさだと思います。

最後に、私や妻の率直な感想として、日本の暮らしで「治安」を気にする必要は、基本的にないと思います。

これまで4カ国10都市以上で暮らしてきて、妻は初めて、ここ日本で、深夜、女性の身一つで買い物に行く自由を手にしています。

「このストリートを渡ったら、強盗にあう、撃たれる」、「車で、このエリアに踏み入れてはいけない」みたいな話は、ここ日本では、まず聞かない。

車上荒らし、ひったくり、みたいな話は、日本でも時々聞くけど、実際、これまで私たちが暮らしてきた国や都市は、到底、東京の比ではなかったです。

日本ほど、治安が良い国は、滅多にないと思います。

不動産ブログランキング、Manachanはいま何位?
    ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*