千葉県で土地探し

Manachanです。こんばんは。

先ほど、ブログ日記書こうとして、PCに向かったら、そのまま寝てしまい、気がついたら3時間経っていました。やや睡眠不足かも。

明日からは、(もちろん本業の仕事で)シンガポールの上司が来日するので、今週一杯、忙しい日々が続きます。張りきっていこう!

不動産ブログランキング、14位。
もう少し順位上げたいな~今日も応援クリック夜露死苦っ!
       ↓

不動産投資 ブログランキングへ

先日の日記、「福資活動、関東へ・・・」で紹介しましたが、現在、関東における企画アパート用の土地仕込みが、佳境に入っております。

主に狙っているエリアは、千葉県・・・昨年の震災以来、液状化や原発事故の影響を懸念されて、1年ほど人口流出が目立った場所です。とはいえ、ここ1~2カ月は人口復調トレンド

風評被害に遭った地域・・・逆にいえば、狼狽売りなどが出て、相場より安く、土地が仕込めるチャンスがあるのかもしれませんね♪

幸い、私は千葉県東葛地域の出身・・・土地勘を活かして、「液状化狼狽売り」や、「放射能狼狽売り」の激安土地をゲットするぜ!と、昨年後半より、目を皿のように探してきました。

しかし、蓋を開けてみたら、

いくら風評被害があっても、柏駅、松戸駅、新松戸駅など、利便の良い駅の徒歩圏内の土地価格は下がらない。

ということが分かってきました。

仮に狼狽売りが出ても、駅から歩けないバス便エリアとか、不便な土地ばっかり・・・いくら安くても、賃貸つけられない田舎の土地なんか、俺だって要らんよ。

しかしそんな時、たまたま、新松戸駅徒歩5分という立地で、珍しく坪50万を切る土地が出てきました。

旗竿地ですが、第一種住居地域(60/200)、かつ第二種高度地区で高さ規制緩いし、間取りのバリエーションつけたアパートがちょうど入る形状だったので、「これはいい!」と思いましたが、

私が意思表示する前に、瞬く間に、他の買い付けが入ってしまいました。駅近の条件の良い土地は、多くのバイヤーがうごめき、ピラニアのごとく、入れ食い状態・・・これでは価格下がらないのも当たり前か。

土地探しをしていて、最近、面白いエリアだなと思うのが、

東武野田線・豊四季駅

ローカル線の、地味~な、イナカっぽい駅ですが、面白いのは、「柏」駅と「流山おおたかの森」駅という、二大ターミナル駅の中間にあること。

この豊四季駅から、柏駅までは、3.2kmありますが、流山おおたかの森駅までは、わずか1.3kmしか離れていません。

最寄りは豊四季だけど、実は、流山おおたかの森まで徒歩圏内で、つくばエクスプレスでアキバ直行できる立地・・・というのは、賃貸経営上、面白いと思います。

実際、地元の友人に聞いても、豊四季駅~流山おおたかの森駅の間にある賃貸物件は、入居が、とても良いそうです。

ただ、この辺、土地はわんさかあるので、今は良くても、数年したら、きっと、アパートがうじゃうじゃ建って、供給過剰になるんだろうなと思います。

よほどの駅近とか、希少性のある立地を狙わないと、将来的には厳しいかも・・・

今日の日記、良かった!と思った方は、
不動産ブログランキング、応援願います。
       ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*