「日本人」のつくり方

不動産ブログランキング、19位にランクアップ!
皆様、応援ありがとうございます。感謝!感謝!
          ↓

不動産投資 ブログランキングへ

私は、国際結婚していて、子供が二人います。
今は、東京で暮らし、上の子(娘)は小学1年、下の子(息子)は、3歳児保育クラスに行っています。

妻はオーストラリア籍(台湾生まれ)、子供たちは日&豪、二重国籍。
娘は中国で生まれ、息子は日本で生まれ、妻の実家は豪州ケアンズにあり、
家では、英語、日本語、中国語が、日々飛び交っています。

日本人の両親のもとで生まれ、日本で育ち、日本の学校に行って、普通に日本語を話し・・・
という人なら、自分が「日本人」であることは、空気のように自明のことでしょうが(私もそうですが)、

うちの子供たちみたいな、国籍MIX、民族MIX、言語MIX・・・な家庭に育った場合、
彼らを「日本人」に育てるには、いろいろ工夫が必要です。

育て方として、いくつかのオプションがあるでしょう。

「日本人として」育てるか?
「オーストラリア人(英語圏人)として」育てるか?
「中国人・華僑として」育てるか?
「複数国を母国とするように」育てるか?

私自身は、子供たちを、「純粋な日本人」として育てようとは、思っていません。

せっかく、多国籍ファミリーに生まれたのだから、「日本人でもあり、オーストラリア人でもあり、中国人でもある」みたいな、ダブル、トリプルな祖国を持てれば最高だと思います。その一つに、「日本」が含まれていれば、私はそれで良いです。

ところで、日本を祖国と名乗れるかどうかは、自分でそう思うだけでは十分でなく、周囲の人々から、「日本人」と認められる必要があります。

何をもって、日本人とみなすのか?
いろいろな基準があると思いますが、主なファクターとして、考えられるのは、7つか8つでしょうね。

・日本国籍である
・日本語を話す
・外見が日本人である
・日本人の血をひいている
・日本で生まれている
・日本で育っている
・日本人の姓名を名乗る
・日本人の感覚・心を持つ(ご飯、味噌汁がうまいと感じる、風呂に入ると気持ちいい等)

では次に、各ファクターの優先順位を考えましょう。
そのため、私が一つ、設問を考えました。

「ダルビッシュ遊」と「フジモリ元大統領」、どちらの方が日本人と思いますか?

日本人に聞いたら、おそらく100人中、90人以上が、「ダルビッシュ遊」を日本人として認めるでしょうね・・・ということは、

「日本人の血統」
「外見が日本人」

というのは、「日本人であるか」を判断するファクターとして、さほど重要でない。

もし、これらが重要であるならば、「フジモリ元大統領」の方を、日本人と認める人が多くなるはずでしょうし、「ヨーロッパ出身、青い目の日本人」ツルネン・マルティさんが、日本の国会議員として選出されることもなかったでしょう。

ダルビッシュ投手は、半分、外国人(イラン人)の血をひいてますが、日本の羽曳野という街で、日本人と共に育ち、しかも日本代表として国際大会で戦ったから、誰もが日本人として認めるわけですね。

外国生まれでも、外国人の血統をひいて、外見が日本人ぽくなくても、日本の国土の上で、日本人であろうと努力すれば、いずれは日本人として認められる・・・日本はそういう国だと思います。

私思うに、重要度順に並べるとすれば、

1位:日本で育っている
2位:日本国籍である
3位:日本語を話す
4位:日本人の感覚・心を持つ

----越えられない壁---------

5位:日本で生まれている
6位:日本人の姓名を名乗る
7位:日本人の血をひいている
8位:外見が日本人である

ひるがえって、我が子供たちのことを考える。

この子たちが、日本を「祖国の一つ」として持つために、私は、

1位:日本で育っている
2位:日本国籍である
3位:日本語を話す

少なくとも、この3つだけは、実現させてあげたいと思います。

うちの子供たち、ソフィアとか、フィリップみたいな名前だけど・・・
今や日本人の子供たちだって、キラキラネームのオンパレードだから、あまり目立たないし、

普通に、日本で育ち、日本語を話し、日本の学校に行っているからこそ、周囲からも、普通に日本人として、認められているように見えます。

この文章、面白いと思ったら、応援のぽちThanks!
          ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*