満室の尾嶋!アマゾンキャンペーン

不動産ブログランキング、ついに21位に!!
素敵な順位ですね~。皆さん、クリックありがとうございます。

ブログランキングの上位、顔ぶれをみても、
「海外&グローバル不動産投資」を主なテーマとするブログは、ほとんどないので、

私のブログが、上位の常連になれば、
皆さんも、「海外の風」を身近に感じてくれていいかな~と思う、今日この頃です。

さらに応援のぽち
    ↓

不動産投資 ブログランキングへ

ところで、

不動産関連で、以前から懇意にしている、「満室の尾嶋」こと、尾嶋健信さんが、3月26日に出版した

「たった18日で次の入居者が決まる! 満室革命プログラム」、略して、「満本」・・・の

アマゾンキャンペーンが始まりました。

尾嶋さんは、日本の、この厳しい賃貸住宅業界にあって、

「オンリーワン」、「ブルーオーシャン」戦略を、まさに地で行っている方で、

私も心から尊敬する一人です。

空室問題が深刻化する昨今、「満室戦略」は、どの大家さんにとっても、主要な関心事であるはず。

但し、大家さん、特にサラリーマン兼業大家さんは、物件を満室にするプロではもちろんありませんし、

日々、賃貸物件の宣伝、案内、契約に明け暮れる管理会社にしても、日常業務として客付けはできても、大家の立場に立ったコンサルティング的な動きができる者は、本当に少数でしょう。

その両者をつなぐ存在として、尾嶋さんがいます。

尾嶋さんの、賃貸住宅業界におけるポジショニングがユニークなのは、

大家の立場に立ち、かつ、管理会社の動きも完璧に理解した上で、

全ての人にWin-Winをもたらす「満室」という方法論に、昇華させたこと。

賃貸住宅経営に関わる者、ほぼ誰もが「満室」を望んでいるわけですが、

にも関わらず、「大家」、「管理会社」、「入居者」、「保証会社」・・・いろんなステークホルダーがいるために、

それらを横串に刺して、「満室戦略」という切り口でまとめた人は、これまでいなかった。

まさにブルーオーシャン・・・そこに切り込んで行った、尾嶋さんの目のつけどころ、パイオニア精神には感服します。

加えて、尾嶋さんで特筆すべきは、その誠実な人柄。

一度会えば、いやSkypeで話せば、すぐ分かります。

「この人なら、大事な物件任せられる」、「大事な情報も共有できる」と、誰もが思うでしょうし、

私も、「この人のためなら」と、応援したくなるわけですね。

最後に、「満本」、私は何冊も、持っています。

自分で読む用は、もちろん、一冊だけでいい。

その他は、もちろん、「管理会社教育用」として、使う予定です。

融資とか、レバレッジとか、家賃収入でリタイアとか、そんな派手な話じゃないけど、

地味に、とても価値ある本です。良著です。

下記が、キャンペーンになります。

—————————————-

【1500円でハワイに行く方法】

Manachan’sブログ読者のみなさん、こんにちは。

初めましての方は初めまして。

空室対策コンサルタント 尾嶋健信と申します。

今回はこの場を借りまして3月26日に

ソフトバンククリエイティブ社から

出版しました

「たった18日で次の入居者が決まる!

満室革命プログラム」

(略して「満」本【まんぼん】と申します)

のアマゾンキャンペーンのご紹介を

させていただきます。

本著は、

・これから不動産投資をしようと思うが

 購入前に不動産投資最大のリスクである

 空室対策について学びたい

・不動産購入後に、どのようにして満室経営を

 行っていけばいいか、その体系的なノウハウが

 知りたい

・現在大家業を営んでいるが、空室対策が

 悩みのタネである

・不動産業界に関わっているが、いつも家主さん

 から空室対策の相談を受けるので、

 そのノウハウを知っておきたい。

といった方を対象に、初めての方でも分かるよう

不動産業界のルールもふまえて丁寧に体系的に

まとめた一冊となっております。

しりあがり寿さんの表紙のイラストが

ビジュアル的にも特徴的な1冊です。

ぜひ末永くお手元にチェックリスト代わりに

置いていただければ幸いです。

6月19日まで

「満」本(まんぼん)をアマゾンで買ってハワイに行こう!

キャンペーンを実施中です。

以下のURLよりご確認下さい。

http://manshitsu.org/amazon/

日頃よりお世話になっている

Manachanさんより紹介のご縁をいただき

本当にありがとうございました。

尾嶋 健信

------------------------------

尾嶋さんはもちろん、私にも、応援のぽちThanks!
    ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*