米国南部不動産投資-ノースカロライナ州(前編)

5月12日(土)に東京で予定されている、「米国超高利回り物件セミナー」が、予想を大幅に上回る申し込みで、賑わっています。

このセミナーは、ミシガン州、デトロイトの不動産を扱うものです。賃貸利回りという意味では、間違いなく全米トップの土地でしょう。


アメリカは、3億人以上が暮らす、巨大な国。不動産マーケットとしても、ダントツで、世界最大の規模を誇ります。

一言でアメリカといっても、北はカナダ国境から、南はフロリダ、テキサスまで、西はハワイ、グアムまで、実に多様な地域があり、

それぞれの地域経済にあった、不動産投資の「最適解」があります。

デトロイトとは、また違った魅力を持つ地域として、私が以前暮らした、「ノースカロライナ州」を、紹介したいと思います。

「ノースカロライナって、どこ?」・・・すぐイメージの湧く人は、少ないでしょう。

首都ワシントンD.Cの、すぐ南にある州です。州都はローリー(Raleigh)、ワシントンから、車で4~5時間、南下すれば着きます。

地味なイメージの州ですが、温暖な気候と、海と山の自然に恵まれ、力強い産業を持ち、人口も大いに増え、不動産投資としても、全米屈指の適地だと、私は考えています。

【ノースカロライナは、「南部」の州です】

米国人にとって、「南部」(South)とは、何を意味するか、ご存じですか?

ずばり、19世紀の「アメリカ南北戦争」で、「南軍」に属し、4年間の激戦の末、「北軍」に敗れ去った南部11州のことです。

リンカーン大統領が率いていたのが「北軍」、名将リー将軍が率いていたのが「南軍」・・・といえば、分かりやすいかな?

「風とともに去りぬ」の主人公、スカーレット・オハラがいたのも「南部」ですね(ジョージア州)。

Manachan - メルマガポータルサイト

ノースカロライナ州は、米国東海岸の、どちらかといえば、真ん中らへんに位置していますが、

南軍に属したという、歴史的経緯があるため、「南部」の州として、認識されています。

(注.テキサス州も、「南軍」に属していましたが、特殊な文化風土と、メキシコから割譲されたという、特別な歴史的経緯があるために、一般に「南部」には分類されません。)

【「南部」の一般的イメージは、田舎州】

南北戦争は、全体で62万人もの死者を出した、アメリカ史上例をみない、大規模な戦役で、

特に経済的基盤の脆弱だった南部は、戦争のあと、多くの人材を失い、荒廃し、経済的に復興するのに、長い年月を要しました。

20世紀初頭・中盤までのアメリカは、常に、「北部の先進地域」がリードする構造。

ニューヨーク、フィラデルフィア、シカゴ、ボストン、デトロイト・・・主要な大都市は、すべて「北」にあり、

南部地域は長らく、都市らしい都市もなく、後進的な農業州、田舎州のイメージに甘んじていました。

今でも、農業以外に大した産業を持たない州は、南部にいくつか存在します。概して信心深く(もちろんキリスト教)、保守的な土地柄は、まだ残っています。

【サンベルト勃興、そしてアトランタ・オリンピック】

長らく、冷や飯を食わされていた南部。しかしここには、「太陽」という強力な味方がいました。

日照時間の長い、温暖な気候、そこに、石油・航空機・電子などの近代産業が発展し、

寒さの厳しい北部から、人々がどんどん移り住み、この地はいつしか、「サンベルト」(Sun Belt)と呼ばれる、新興経済地域になりました。

Manachan - メルマガポータルサイト

人が増え、経済力を増す「南部」。その首都ともいえる「アトランタ」で、1996年オリンピックが行われた時、南部の人々が狂喜したのは、言うまでもありません。

彼らにとって、南北戦争終結から130年経って、ついに手にした「南部復興のシンボル」以外に他ならなかったでしょう。

【第二、第三のアトランタが、続出】

ここ20年ほど、「南部」の人口増加・経済成長は、さらに進展しています。

特に、発展目覚ましいのが、ノースカロライナ州。

同州最大の都市、シャーロット(Charlotte)は、「第二のアトランタ」と呼ばれるほどの大都会に成長しました。

特に金融産業に強く、今や、「ニューヨークに次ぐ、全米第二位の金融都市」。

そして、シャーロットにあるダグラス空港は、全米屈指の巨大空港です。

第三のアトランタは?・・・といえば、これもノースカロライナ州にある、「ローリー・ダーラム都市圏」(Raleigh-Durham)でしょう。

IT産業、高等教育産業の拠点として、インド人を中心に、世界中の人材を集めており、人口規模も、先行するシャーロットに肉薄しています。

ノースカロライナ州立大学、デューク大学など、全米トップクラスのMBAコースを要する教育機関が、この地域に存在することも、世界の優秀な人材をひきつける上で、大きな強みになっています。

シャーロット、ローリー・ダーラム・・・急成長中の、二つの都市圏が引っ張るかたちで、ノースカロライナ州の人口増加率は、全米有数。

経済の先行きの明るさは、南部でもピカ一でしょう。

次回は、もっと詳しく、ノースカロライナの魅力に触れていきます。お楽しみに。

中編に続く

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. manachan より:

    2. Re:ローリー・ダーレム
    >外資系ワーキングマザー☆motokoさん

    懐かしい・・・私が以前、住んでいたのが、その「リサーチ・トライアングル」でした。

    あの辺、たいした「街」があるわけじゃない・・・私からみれば「田舎」だし、

    ファミリーで住むにはいいけど、単身の男だと退屈で身を持て余してしまうので、

    「都会」を求めて、ワシントンやニューヨークへ、よく行ったものでした。

    でも、いま振り返ると、海あり山あり、暖かくて、なかなかいい所ですね。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

  2. フランケン より:

    3. RTP
    こんにちは。
    しょぼくれんのフランケンです。
    偶然ですがいまRTPの近くに滞在していますw
    Caryあたりで不動産を購入してみようかと、、、w
    ここは来るたびに発展していて活気がありますね。日本のような景気の停滞感は感じません。
    日本で賃貸経営するよりも、これからはUSで活気のある街がいいですねぇ。

    http://ameblo.jp/franken777/

  3. manachan より:

    4. Re:RTP
    >フランケンさん

    コメントありがとうございます。さすが「しょぼくれん」人材の層が厚いですね。

    私も、RTPに住んでいました。このエリア、本当に活気あるし、世界中の人材が集まってますね。

    この辺で、投資目的で家を買うなら、CaryかApexが一番いいと思っています。

    あるいは、Raleigh市街地の向こう側にあるWake Forestとか・・Chapel Hill/Carrboroあたりも悪くないですね。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*