リスク・コミュニケーション

今日、18:30に我が家に帰ると、食卓にはいつもの、楽しい家族だんらんがありました。

スーツを脱いで、風呂から上がると、子供たちは、夕食をほぼ食べ終えていて、もうデザートの時間。

私が福島から持ち帰った、「ずんだ饅頭」の包み紙を、妻が開ける。

「これ、また福島産でしょ?他の人にすすめたら、食べるのかしら?」、笑いながら、

さりげなく、子供たちに分け与える。6歳の娘ソフィアは「わーい。パパありがとう!」と、嬉しそう。

「俺が、先に食うよ」と言う間もなく、ソフィアはすでに、饅頭を口に放り込んでいた・・・

東北名物、ずんだ薄皮饅頭

$Manachan - メルマガポータルサイト

これだけ書くと、

「子供を、殺す気ですかっ!」

「毒を食べさせる、とんでもない親だ!」

みたいに、ヒステリーを起こす放射脳な方も、世の中、いるかもしれません。

その点、うちの妻は、冷静。

こんな女性だから、今でも一緒に暮らしているんだろうな。

妻が、放射能の健康リスクに関して、冷静なのは、

彼女が不動産投資の概念を、理解するからかもしれません。

私が、趣味でやってる(とはいえ、すでに事業規模の)、不動産投資経営というものは、

様々なリスクを把握・定量化、評価する、地味な作業の連続。

銀行融資を引いて、何千万~何億もの、大きな買い物をするのですから、

家賃下落、空室、金利上昇、担保割れ、事故物件になるリスク・・・等々が、どの位の確率で起こるのか?

それぞれのリスクに対して、回避策、軽減策を考えつつ、トータルに経営判断します。

普段、それをやっているから、私は、「リスクゼロなんて、あり得ない」と、感覚的に分かりますし、

「リスクを限りなくゼロに近づけるために、採算度外視のコストをかける」こともナンセンスだと分かります。

「リスクが存在する」ことを前提に、それがコントロール可能かどうかを判断したり、

様々なリスクが存在するなかで、トータルにものをみて、評価する・・・という姿勢も、養われてきました。

食品の残留放射能に関していえば、我が家は、セシウムゼロに、余りこだわりません。

たとえゼロじゃなくても、美味しくて、コストとバランスが取れていれば、神経質にならずにいただいています。

笑い声に包まれて、食べるから、皆、健康ですよ。

福島県伊達郡国見町産の、ずんだ饅頭。少し塩味がきいて、リアル枝豆っぽくて美味しかったし・・・

とはいえ、福島で買った饅頭を、職場や客先に持っていって、不特定多数に配るのは、まだまだ難しいだろうな。

妻にしても、ママ友にお裾分けするのは、難しいものがあるのでしょう。

不特定多数のなかに、「絶対に拒否」する人が、いる可能性があるからです。

「絶対にリスクゼロを要求する」、あるいは、「思考停止して、とりあえず福島産は避ける」ような人に、

「トータルな視野で、健康リスクをコントロールする」理屈を説いても、おそらく無駄でしょう。

「リスク」を説明するのって、本当に難しい。

一を聞いて、十を理解できる人がいるかと思えば、十回言っても、どうしても理解できない人も、いるのです。

不動産投資だって、「リスクが怖いから、絶対にやらない」という人が、多数を占めますよね。

実際、かなり成功している不動産投資家だって、旦那様や奥様に、自分が不動産投資やっていることを明かさない、という人が結構います。

少しだけ、毒を吐かせていただきますが、

リスクが怖い怖いといって、勉強しない人は、結局、金運や健康運にも恵まれません。

実際、そんな人ほど、(投資家からみて)超ハイリスク、ローリターンの「郊外新築マイホーム」なんかを、フラット35使って、平気で買ったりします。

住んだ瞬間から、価値が2~3割下がって担保割れ。利回り4%台しかないのに、ろくに需要もない立地。リストラされたら、どうするの?・・・みたいな世界。

自分の頭で、判断する術を持たないから、そんな芸当を、やってのけるのですね。

同じく、放射能怖い怖い~と叫んでる方々のなかに、

私ほど、福島県の地理・地形と、放射能拡散のパターンを理解し、線量データが時系列で頭に入っている人は、ほとんど、居ないでしょう。

知らないからこそ、「福島産は毒」なんて、言いきるわけですね。結局、自分の無知不明を晒して、恥ずかしいだけなんだけど…

そういう人ほど、過度のストレスと、バランスを逸した食生活で、健康を損なうでしょうね。

ここまで、言ってすっきりしました♪

話を少し戻すと、世の中には、リスクの話が、できる人と、できない人がいる。

両者の間で、議論が成立するのか?両者を、どちらも満足させる理屈って、あるのだろうか?

たぶん、ないと思います。

私は、技術屋なので、思考能力のある、理屈の通じる相手への説明は得意ですが、

そうでない相手に、説明するのは苦手です。

後者の場合、理詰めは通用しないので、とにかく、相手の話を聞く(聞き流す)ことと、

おそらく、カルト教団でよく使われる、洗脳みたいな手法が、効果的なんだと思います。

私はあいにく、そういう能力を、持ち合わせていないので、

無視する、関わりあわない・・・それしか、方法はないんだろうなと思います。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SuM より:

    1. 無題
    初めましてSuMと申します!楽しく読ませて頂きました。また遊びに来ますので読者登録させてください。わたくしはアラフォーメダボサラリーマン手取り12万円で毎月50万円の借金を払っても自己破産しない理由を続行しています。度重なる不運による給料減額や交通事故や慢性疾患病などと闘いながらダイエットと子育てに奮闘しています。今後ともよろしくお願い致します。
    http://ameblo.jp/marshallpalacl/

  2. manachan より:

    2. 私も読者になりました
    コメントありがとうございます。

    貴ブログを拝見して、とても親近感の感じられたので、読者になりました。

    今後ともよろしくお願いいたします。
    http://ameblo.jp/manachan2150/

コメントを残す

*