日本と海外、一気通貫の不動産投資

皆さんこんにちは。グローバル海外投資家Manahcanです。

早速ですが、北の都・札幌にて、とてもユニークな不動産セミナーが開かれます。

私の友人で、名古屋大家塾副長の「金持ちプー太郎なりっと」さんプロデュースによる、

★「新築RCファミリー11%と海外投資、私の方法」@札幌コンベンションセンター
8月20日(土) 13:30~16:30
http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=48974

このセミナー、結構、すごくないですか?だって

セミナーの開催地は、札幌。

しかし、ネタとなる物件は、名古屋。

しかも、名古屋の新築物件から得られるキャッシュを、海外(アジア新興国)へ・・・

そこで得られた投資収益を、名古屋へ戻す。

そう、実はとっても、グローバルなんです。

そのうち、札幌でも、「北海道の物件の話しか出てこないセミナーは時代遅れ」と言われる時代になるのかもしれませんね。

また、セミナーのコンセプトも、堅実で素晴らしい。

「この新築マンションで生まれるキャッシュフローを

海外の安定的な値上がりの見込める投資に振り分けることにより、

日本での減価償却、つまり耐用年数の減による資産価値の減少を上回る利益をとって行こうと考えています」


「不動産は一物一価で再現性に富むとは言えませんが、質の高いプロジェクトを成功に導く考え方、

違うセクションと複合的に投資することで、高いリスクコントロールと利益実現力をついて確実に手にできると自負します」

皆さん、不動産投資を通じて、次のような体験をされた方も多いと思います。

新築、築浅の頃は、入居づけにもあまり苦労しないし、修繕費等もほとんどかからない。

つまり、キャッシュフローが出やすい。

しかし、築10年を超えてくると、修繕費もかかり、入居率の低下や、家賃下落にも悩むようになる。

つまり、キャッシュフローが、構造的に出にくくなってくる。

もちろん、資産価値も減少してくるし、将来的には、相続税の問題もでてくる。

今からそれが分かっているのなら、キャッシュフローの出る、新築・築浅期を上手に使って、

海外で収益の出る投資に振り向け、築10年以降の出費や、減価に備えておく、

いや、それ以上の収益を得ようぜ・・・という考え方なのです。

しかも、副産物として、「違うセクションに複合的に投資」することにより、

全体的なリスクの低減、平準化にもつながる話になります。

何より、自分の投資ポートフォリオを「国内」と「海外」、「日本円資産」と「海外通貨の資産」に分散できるわけですもんね。

将来的には、「金持ちプー太郎なりっと」さん達とコラボして、

こんなセミナーができたら、面白いなと思います。

私は残念ながらネーミングのセンスないですが、内容的には、

「日本と海外を上手に使って、不動産投資で長期間勝ち続ける戦略セミナー」

たとえば、「金持ちプー太郎なりっと」さん達が、

「日本で、いかにしてキャッシュフローの出る物件を仕込んで、そのお金を海外に出すか?」という視点でお話した後で、

私が、「海外に出したお金で、どのように投資対象を見つけ、どのように収益を上げ、いかに日本に持ち帰るか?」という話をする。

もちろん、海外投資でのリスクや、回避策の話、リスクに勝つだけのスキルをつける話も、たっぷりやります。

そのようなセミナーを形にできれば、

「日本」と「海外」を一気通貫するバリューチェーンが生まれるはず。

単なる、「日本がやばいから、海外に物件買おうぜ」という話や、

「海外よく分からないし怖いから、やっぱり日本でいいや」という話を、レベル的に超越した、

「日本と海外、両方上手に使って、安定収益を上げるコンセプト」

こういうタイプの不動産投資が、今後の日本の主流になっていけば、

この国の経済社会は、今よりずっと活性化すると思います。

興味があれば、まずは、「アジア太平洋大家」に入って、一緒に勉強していきましょう (現在、会員数:422名)
http://asia-pacific.tv/

有料会員になれば、会員限定の秘密のセミナー、秘密の物件情報、フォーラム、セミナー画像など、特典がたくさん。

これで年会費2万円は、ものすごく安いと思います。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
メールマガジン「世界どこでも不動産投資(豪州、中国、日本等)」
☆発行責任者:manachan
☆公式サイト:http://plaza.rakuten.co.jp/manachan2150
☆Twitter:https://twitter.com/mana33chan
☆問い合わせ:mana33chan@aol.com
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001089042.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*