【グローバルIT】第9回「受難のバブル世代」(2009/12/19発表)

Manachanです。おはようございます。

相変わらず慌しく、明日から台湾出張ですが、その直前に、何とか記事を書く時間がとれました♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

つい先日、「若者はなぜ、3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来」を読みました、。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334033709%3ftag=kswebqui-22%26link_code=xm2%26camp=2025

すでに読まれた方も多いと思いますが、論旨を簡単に言いますと・・・

多くの日本企業が採用してきた、年功序列型の人事制度は、会社が常に成長することを前提とした、「給与後払いシステム」だった。
ところが、日本経済が低成長時代となり、会社が現状維持で精一杯の世の中になり、この制度自体がすでに破綻してしまった。

若い世代にとっては、上の世代の社員を養うために、いま安い給料で働いても、自分がその年齢になったときに、給料が戻ってくる保障は全くない。
要は働き損。そんな状況では、若者が3年で会社を辞めるのは当たり前である。

問題の核心は若者の職務態度ではなく、時代に合わなくなった年功序列型の人事制度にある。
これを改め、年齢に関係なく、専門領域や貢献度に応じて適正に報いる制度を構築しなければはならない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この本で特に印象的だったのは、バブル絶頂期に新卒入社した「バブル世代」(※1965~70年生まれ)に関する記述です。

著者いわく、バブル世代は、日本経済が絶好調の時代に、会社の年功序列制度を全面的に信頼したまま社会人になったのに、
入社後間もなく、バブルが崩壊して年功序列が機能不全となり、いきなり「梯子をはずされてしまった」受難の世代だという。

運の悪いことに、バブル世代は入社後の数年間を、明確なキャリアのビジョンを持つことなく、「何でもやります」式な態度で過ごしてきた。
ところがバブル崩壊で、会社の制度が年功序列から成果主義へと変容するなかで、就職氷河期を生き抜いた下の世代との競争でも劣勢に立たされている。

そのバブル世代は、今や40台前半。年功序列モードを切り替えて、成果主義時代にうまく適応できた者はともかく、
そうでない者は、昇進・給料が頭打ちになり、リストラの恐怖にさらされ、閉塞感を感じているケースが多いのでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私は、年齢的には「バブル世代」に属します。

大学3~4年の頃は、バブル絶頂期で、大学寮には就職雑誌が山のように送られてくる、
応募すれば高級ホテルを借り切っての「入社説明会」、一流レストランでのディナー、果てはタクシーチケットまで配布された、すごい時代でした。

大学の仲間の多くは、世間的に通りの良い、都市銀行か総合商社、あるいは業界トップのメーカーを目指しました。

今では考えられませんが、「どの企業に入社すれば、生涯年収がいくらになる」みたいな話を、皆が信じていました。
まだ、終身雇用神話が生きていた時代だったのです。

私はそんな雰囲気に背を向けていました。なんだか、白々しかったからです。
会社でまだ働いてもいない学生ごときが、なぜそんなVIP対応を受けて、それを当たり前だと思うのかが、皮膚感覚として理解できませんでした。

さらに、この人生で何をやりたいのか、どんな仕事をしたいのかといった目的意識を、ひとまず横に置いといて、
会社(日本の企業社会)の敷いたレールの上を走って安心したい、という価値観も私は理解できませんでした。

仲間の多くが一流企業に就職するのを横目に、私は就職活動を一切せず、大学院に行き、2年過ごして「自分探し」をやった後、
社員数わずか10数名、超零細な環境コンサルタントの門を叩きました。

この会社には、自分が本当にやりたいと思う仕事ができると考えたからです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そうこうしているうちに、バブルが弾け、日本の経済社会は一変してしまいました。

日本株式会社を代表する巨艦企業が、次々と倒れ、年功序列を前提にした「安心感」も、水の泡と消えてしまいました。

次にやってきたのは、年齢に関係なく、業務遂行に必要とされる専門知識を持った者たちが担う、成果・専門性重視の企業組織でした。
時代は変わりました。私は「業界に必要とされる専門スキル」を身につける必要を痛感したのです。

当時(1996年)は、ちょうど「第二新卒」の労働市場が日本に誕生しつつある時期でした。

私はこれを使って、外資系のIT企業に「第二新卒」として入社し、キャリアを一から積み上げようと決意しました。

私は年齢的には「バブル世代」ながら、職や仕事に関する考え方は、その下の「就職氷河期世代」に近いといえましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人生、どうなるか分からないもので、結果的には、私はバブル期の就職に背を向けて、本当に良かったと思っています。

年功序列組織のなかで「受難」することなく、専門スキルとキャリアを積み上げ、

将来に希望を持ちつつ、日々、楽しく生き生きと働けている点で・・・。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

メールマガジン「目指せ!グローバルIT技術者」

☆発行責任者:manachan
☆公式サイト:http://plaza.rakuten.co.jp/manachan2150
☆問い合わせ:mana33chan@aol.com
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001003000.html

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*