世界最高の児童遊具

こんばんは、Manachanです。

私たち家族は、世界中、いろんな国に行きます。うちの子供たちは、それぞれの国の公園や遊具で、のびのびと遊びます。

いろいろ回ったなかでも、オーストラリアは、子供にフレンドリーな国だと感じます。ここケアンズにも、素晴らしいものがあります。それが、


Figtree Playground (イチジク樹の遊び場)

という、ケアンズの波止場にある、子供向けの大型木製遊具・・・

これだけ見ると、日本の児童公園にもある遊具みたいですが・・・

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

同じ場所に、巨大なイチジクの樹があって・・・

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

イチジクの巨木と、遊具が、完全に一体化しているんです!!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

これは凄い!子供だけでなく、大人が遊んでも、むちゃくちゃ楽しいんです。

当地ケアンズは熱帯雨林気候なので、イチジクの樹は、信じがたいほど幹が太く、高く、大きい。樹上に大人が50人乗っても、ビクともしないでしょう。「チップとデール」になった気分♪

そして、木登りがものすごく簡単。足をかける場所も、手で握れるほどの細い幹も、たくさんあるからです。

まず木登りして、上まで登って、そこから遊具に乗り移る・・・みたいなことも、その逆パターンも簡単にできるのです。万一、高いところから落ちても、地上は柔らかいクッションになっているので安心。

うちの子供たちも、そして私も、ここに来たら、2時間くらいは、片時も休まず、夢中で遊んでしまいます。

私思うに・・・

天然の樹木と一体化した遊具こそ最高!!

遊んでて楽しいし、いろんな遊び方を自分で開発できるし、何より、「樹木」そのものを、手足で、五感で感じられるのがいい。

また、こういう遊具自体が、完成されたアートであり、素晴らしいエンジニアリングだと思うんですね。樹木という自然物と、遊具という人工物を、シームレスに組み合わせて、子供が遊んでも安全なように、いろんな遊びのパターンを考え抜いて設計する・・・

樹木は自然物なので、シロアリや小動物にも食べられたり、枯れたりするわけですが、そういう経年劣化を防ぐ工夫も必要だし、遊具とあわせて、長年、安全に使えるようにしなくてはならない。まさに、人間の知恵の結晶!

日本ではどうでしょう?

最近は少子化だし、子供は大事という価値観も広まってきたこともあり、都市公園にも、楽しく遊べる木製遊具が増えてきましたね。良い傾向だと思います。

柏エリアの場合は、柏の葉公園の「冒険のトリデ」が有名かな。あと清水公園、手賀の丘公園、アンデルセン公園のアスレチックも、木製遊具の宝庫ですね。

ただ、樹木と一体化した遊具というのは、それほど多くないかもしれません。

柏市立「風早幼稚園」の園庭にある、スウェーデン製の木製遊具「トレッティー」は、その一例かと思います。

トレッティーで遊ぶ子供たち

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

実は、桜の樹と、一体化しているんです!

Manachanブログ - 世界で不動産を買おう!

オーストラリアの、イチジクの巨木とはずいぶん趣が違いますが、これも日本的な、樹木一体型遊具のかたちなのだと思います。桜の季節は、とてもきれいだろうな。

今日の日記、「良かった!」と思った方は、応援の「ぽち」を、よろしく。

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*