名古屋のどこに物件買うのが幸せか?

不動産ブログランキング、16位にランクアップ。嬉しいですねー。

上位の壁はあついけど(特に、狼さんと、熊さんは雲の上の存在だけど・・・)、頑張ります。

今日も、応援お願いしますー。
      ↓

不動産投資 ブログランキングへ

海外・グローバル不動産を標榜する当ブログですが、今日は国内不動産の話題。標的となる都市は、名古屋。

なぜ、名古屋なの?

「ナゴヤの、みゃあみゃあ言葉は外国語だがや!」
・・・と思っているからではありません。

だいいち、今どき「みゃあみゃあ」言わないし・・・SKE48のメンバーがしゃべってる言葉、東京の女の子とあまり変わらないよね。

ただ、ですね。このブログは、「外からみた視点」、「アウェイ感覚」というものを、とても大事にしています。

ですので、「東京人からみた、名古屋の不動産市場」というテーマでも、立派なネタになりうるのですね。

極めて小規模(小さな区分を2~3戸)ながら、私、名古屋の不動産投資では、とても良い思いさせていただいています。

その感謝をこめて、先日、「名古屋はええよ、不動産常勝の街というエッセイを、替え歌までつくって、アップしました。

そしたら、いろんな方から、質問受けまして・・・

「名古屋では、どの地域に、どんな物件を買うべきなのでしょうか?」

みたいな質問が多かったので、この場を借りて、まとめてお答えしたいと思います。


ここからは、私見ですが・・・

関東(千葉県東葛地域)出身の私、名古屋とは、縁もゆかりもありません。

もちろん、名古屋地元の人に比べて、名古屋に対する土地勘・知識は、非常に乏しいです。

あくまで、「外部の人間からみた視点」、かつ、「比較的低価格帯の区分か戸建投資で、短期間に利益回収する前提」でお話ししますが、結論からいうと、

・名古屋圏は、基本どの地域に買ってもOKだと思う。
・相場より明らかに安いものを仕入れれば、ハズレはない。

なぜ、そう思うのか・・・・それは、名古屋という都市圏の特質から発していると思います。名古屋は、

・東京圏、京阪神圏に次ぐ、全国第三位の規模を持つ都市圏
・日本トップクラスの経済力を持つ地域

であるにも関わらず、

・都市圏の構造は、それほど複雑ではない
・クルマ社会でもあり、「xx沿線」という感覚もあまりなく、都市地域がのっぺりと広がる構造。
・東京のような「沿線ごとの格差」もなければ、関西圏の「B地域」みたいな大人の事情もない。
・不動産の土地選びの観点からいうと、東京・大阪よりは、札幌・福岡と感覚が近い。
・しかし、札幌・福岡より、経済力が断然上なので、賃料もそれなりにとれる。

という事情があるため、私は、名古屋圏内で、不動産を買う際、地域には、あまりこだわりません。
地域毎の格差よりも、物件個別の差異の方が、ずっと大きいと感じるからです。

ただまあ・・・当然ながら、名古屋圏内にも「地域格差」は存在します。

・名古屋市内では、「東高西低」
・「名古屋市内>それ以外の愛知県>周辺県」

みたいな感覚が、一応、あるにはありますが・・・・

だからといって、「不動産買うなら地下鉄東山沿線、名駅以東に限る」とまでは、思わないのです。

だって、名古屋圏、東京みたいに大きくないから・・・「市内西部」に住んでても、「市内東部」に短時間で移動できるし、「瀬戸市や春日井市」に住んでても、名古屋市内に簡単に出られるし、

入居者が、名古屋圏内の、どこに住んでいても、一応、日本ではトップクラスに入る「名古屋相場の給料」をもらえると、想定できますよね。

外部者の視点ですが、私は、名古屋圏で投資物件を探すなら、次のようにするのが、良いと思います。

・地域にこだわらず、名古屋市や周辺の地域で、「健美家」使って物件情報をとにかく、たくさんみて、相場をチェックする。
・それで、偶然、「安いな、これ!」と思った地域・・・それが、あなたの「名古屋のホームグラウンド」になります。

もう、「市内も市外」も、「西も東」も、関係ない。「いいな」と思った地域が、たまたま、昭和区の御器所であろうと、熱田区の日比野であろうと、または一宮市や稲沢市であろうと、どこでもいい。超ど田舎でなければ、名古屋都心への通勤が一応可能と思われる圏内であれば・・・

でもって、地域を決めたら、そこに絞って、不動産広告をさらにたくさん見て、相場をチェックする。

数こなせば、だいたい、分かってくるはずです。「この地域で典型的な家族構成は何で、どの間取りが人気あるか?」、「クルマ必須な地域かどうか?」

そして、その地域の人が借りてくれそう、買ってくれそうな物件のタイプで、相場より明らかに安いものがあれば、指値入れる。

私はそうやって、名古屋で2回連続、売却益を出しました。3回目も企画してますが、売却益出るのはほぼ確実。

上記ができるのも、名古屋圏は全体的に経済レベル高く(他の地方圏からみれば、断然・・・)、不動産でも経済合理的にアプローチすれば、比較的ハズレない都市だと思うからです。

以上、「ヨソモノの視点」による「名古屋不動産選び」でした。

注)以上は、区分・戸建投資が前提の話です。一棟や「太い物件」を買う場合は、名古屋在住者や投資経験者のアドバイスが絶対に必要だと思います。

今日の午後は、東京・竹橋で、米国(デトロイト)不動産セミナーです。

今回はとても盛況で、ほぼ満席になる予定。主催者として嬉しい限り。、頑張るぞー。

今日も、応援ぽちお願いしますー。
      ↓

不動産投資 ブログランキングへ

Share on Facebook

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*